エッセンシャル思考|優柔不断で悩む人におススメの1冊~主体的に生きるコツがわかる

エッセンシャル思考

エッセンシャルとは、「絶対に必要」という意味。

迷ったときにこの本を読むと、何を選ぶべきかが、わかります。

 

何を選べばいいか?

どう判断したらいいか?

 

迷ったときの基準は、何か。

ひとことで言うと、「自分にとって最も重要なものだけを選ぶ」こと。

エッセンシャル思考

 

内容は、「7つの習慣」とも通じるところがあります。

7つの習慣7つの習慣【自立と相互依存】一流の人が読んでいる、人格形成のための必読書

 

「7つの習慣」よりも、やさしい言葉でコンパクトに書かれているので。

「7つの習慣」の導入本としてもオススメ。

 

迷うたびに、この本を開きたい。

「エッセンシャル思考」はかなりオススメ。

 

「エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする」
by グレッグ・マキューン

人生の真実とウソ

あなたの人生、真実とウソ、どっち?

【3つの真実】→エッセンシャル思考

  1. 自分で、やると決める
  2. 大事なものはめったにない
  3. 全部はやらない

 

【3つのウソ】→非エッセンシャル思考

  1. やらなくては
  2. どれも大事
  3. 全部できる

 

3つの真実に生きる人が、「エッセンシャル思考の人」。

3つのウソを信じて突き進んでしまう人が、「非エッセンシャル思考の人」。

 

たいていの場合、非エッセンシャル思考になっているのでは、ないでしょうか。

まずは、非エッセンシャル思考から確認してみます。

非エッセンシャル思考とは

非エッセンシャル思考の判断基準

  1. 何を、やるか?:すべて
  2. なぜ、やるか?:他人の期待に応えるため
  3. いつ、やるか?:今すぐ

 

「非エッセンシャル思考」の人とは、つまり、「自分で考えてない」人。

特に重要なのは、なぜ、やるか?

 

他人の期待に応えなきゃいけない……

 

他人の顔色をうかがい、どう思われるかを気にする。

だから、「やらなければ」という発想になる。

他人の声が、人生の目的になってしまっているのです。

不本意なイエスを言ってしまう

周囲の期待やプレッシャーに負けて、不本意なイエスを言ってしまう。

よく考えもせず、相手を喜ばせるためだけに仕事を引き受ける。

単純に、そのほうが気分がいいからだ。

 

何にイエスと言うか?

  • 何にでも

 

何をやるか?

  • あれもこれも全部
  • 他人に言われたもの
  • 他人が期待するもの

 

なぜやるか?

  • やらなきゃいけないから
  • 皆がやるから
  • 他人の期待に応えるため

 

いつやるか?

  • 他人が決めた時(=言われたら、すぐ)

 

さてさて、このような考え方で、苦しくなっていないでしょうか?

エッセンシャル思考に変えてみませんか?

エッセンシャル思考とは

エッセンシャル思考の判断基準

エッセンシャル思考

 

  1. 何を、やるか?:本質的なこと
  2. なぜ、やるか?:自分にとって重要だから
  3. いつ、やるか?:自分にとって良い時期

 

すべてを中途半端にやるのではなく、一点集中!

 

それは、「ワン・シング」と同じ。

ワン・シングワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 【最短で成果を出すコツ】大きく考え、小さくしぼりこもう!

エッセンシャル思考の人は、周囲と同化しない

エッセンシャル思考を生きる人は、周囲の人と同化しない。

人がイエスと言うとき、あなたはノーと言う。

人が行動するとき、あなたは考える。

 

つまりは、流されずに本心で動くってこと。

皆がやるからといって、自分もやらなければならないのでは、ないのです。

 

何にイエスと言うか?

  • 上位10%にだけ

 

何をやるか?

  • 自分が決めたもの
  • 本質を見極めて選んだもの
  • まさに自分の求めていたもの

 

なぜやるか?

  • 自分にとって重要だから
  • 自分にとって本質だから

 

いつやるか?

  • 自分が決めた時

エッセンシャル思考の3つのメリット

  1. 迷わない
  2. 流されない
  3. 日々が楽しくなる

 

エッセンシャル思考を生きるようになると、とにかく人生がシンプルになる。

だから、迷わない。

流されない。

楽しい。

自分で、自分の人生を生きているという実感が持てます。

 

シンプルな人生は満たされた人生です。幸福に生きるためには、シンプルであることが何より重要なのです(ダライ・ラマ)

 

エッセンシャル思考とは、シンプルに生きること。

 

シンプルこそが幸せであると、ダライ・ラマも教えてくれてる!

エッセンシャル思考を生きるために必要な、3つの力

エッセンシャル思考

この3つの力を身につければ、人生はシンプルになります。

頭はスッキリと、大事な目標だけを達成できる。

1.選ぶ力

「規律なき拡大」は、失敗への道

言われたとおりにやるのではない。

周囲に流されて選ぶのでもない。

 

自分にとって大事なものだけを、自分で選ぶ力。

 

これが、自分の人生を生きる根本。

実は、自分で選んでるようで、何も選んでないということのほうが、ほとんどではないでしょうか。

なぜか?

周囲の期待やプレッシャーに負けるから

「いい人に思われたい」という欲求。

相手にどう思われているかが不安になり、関係を壊したくない。

「相手に喜んでほしい」という気持ちとの境い目はどこなのか、その見極めもなかなか難しいですけどね。

日本の場合は特に、「村八分にされないように」という気持ちが強いですよね。

どうしても、ビクビクしてしまいます。

「やらない」という選択肢をとることが、とーっても難しい。

付き合いを強要されることもあります。

だけど、義理人情にとらわれて自分が苦しむようなら、本末転倒。

根性論も根強い

「できないなんて情けない」という思い。

だから、心が病むまで、必死に頑張り続けてしまうことも。

「自分の選択を信じる力」を身につけよう

自分で選びとる。

そのためには、自分にとって「大事ではないこと」を明確にしておくことも大事です。

選ぶ基準を作っておく。

それが、主体的な人生を生きるための、不可欠の能力になります。

快か不快かで選んでみよう

選ぶ基準は、「正しいかどうか」ではなく、「快か不快か」。

「心地いいかどうか?」が目安になります。

やる気が出ないが一瞬で消える方法「やる気が出ない」が一瞬で消える方法【無気力】から抜け出す

2.ノイズを無視する力

世の中の大半のものはノイズである

選択肢が多すぎるというのも、迷う要因。

ただし、選択肢の多さよりも問題なのは……

 

全部が大事だと思いこんでしまうこと

 

実は、周囲のほとんどがノイズ。

雑音であり、ゴミ!

 

雑音やゴミに、流されているのです。

もったいないというより、バカげても、いますね。

「自分にとっての大事なもの」は、人それぞれ違う。

「他人にとって大事なものが、自分にとってはノイズ」ということは、よくあることです。

80対20の法則

成果の80%は、20%の努力に起因するのだ!

 

その意味は2つ。

 

1:問題のごく一部を改善することによって、全体の品質が大きく改善される

例えば飲食業なら、トイレを改善することによって、他のすべてが改善されるということだったり。

あれもこれもと手を出すより、まず1つを改善する。

その20%の努力が、80%の成果を引き出すのです。

 

2:「重要な少数」が「どうでもいい多数」に勝る

「多数決」とは逆ですね。

どうでもいいことが多く、本当に重要なものは少ないのです。

他人は、その人にとっての大事なことを言いますから、それが自分とは違うと思えば、「ノイズ」だと判断する。

それでいいのです。

3.捨てる力(トレードオフを考える力)

トレードオフとは

何かを取るためには、何かを犠牲にしなければならないこと

絶対にイエスだと言いきれないなら、それはすなわちノーである

妥協をするな!ということです。

なんとなくの「イエス」は「イエス」じゃない。

絶対にイエスだと言いきれるものだけを選ぶ。

それ以外は、すべて捨てる。

 

では、捨てられない理由は何?

それは、昔から、「すべてが大事だ」と教え込まれているからです。

学校教育では、すべてを捨てないようにする

日本の学校教育は、すべてを平均的にやろうとします。

すべての人の意見が大事。

皆で一緒にゴールする。

 

「協調性」というものを必要以上に強要されることには、違和感も抱きます。

 

たとえば、私自身が実際に感じたことは、次のようなことです。

 

■ 小学校で「卒業アルバム」を作ったとき ■

アルバムの表紙デザインを、全員が描かされました。

決まった表紙は、何人かのアイデアをかけあわせたような絵柄。

ハッキリ言って、ごちゃごちゃしててキレイじゃないって思いました。

 

■ 中学校で「学級目標」を作ったとき ■

恒例のごとく、全員がアイデアを出しました。

決まった目標は、全員のアイデアをつなげただけの、ズラズラと長い文章の目標。

何だこの目標?って、思いました。

今では、どんな文章だったか思い出すこともできません。

 

■ 苦手な数学の成績に、ため息をつかれたとき ■

中学生の頃の通信簿は、10段階評価でした。

一番好きだったのは国語で、常に「9」か「10」。

数学は、「1~4」あたりを行ったり来たり。

それでも、国語の成績について褒められた記憶は、ありません。

言われることは、「数学がねぇ…」と。

いま思えば、泣く泣く数学に努力するよりも、もっと古文とか漢文の世界に浸っていたかったのです。

学校では、それが許されなかった。

社会に出たら、突然、「強みを見つけろ」と言われる

社会に出ると、学校教育とは、まったく逆。

「自分の強みを発揮しろ」「得意なことを見つけろ」と。

それなのに……。

どうしても、自分の欠点ばかりに目がいってしまいますよね。

得意なことを伸ばしてもらった経験が、ないからです。

「弱みを克服しなければならない」という観念を、子どもに植えつけるデメリットは、かなり大きい。

なぜ、社会に出てから、高額セミナーに投資するのか?

社会人になると、急に将来が不安になり、有料で、自己分析や、強みの測定やらをやるようになる。

高額セミナーに投資したりもする。

考えてみれば、中学・高校・大学って、高額セミナーのようなものではないでしょうか?

それなのに、なぜ、何もつかめてないのでしょう。

とっても非効率なシステムです。

「捨てる力」が、育っていないのですよね。

誰かと比べて「持たなきゃ」と思ったモノではないか?

ぼくたちに、もうモノは必要ない」の著者、ミニマリストの佐々木展士さんは、次のように述べています。

 

ぼくが今持っているモノは誰かと比べて「欲しい」と思ったモノではなく、自分にとって「必要」だと思い、自分が選んだモノばかりだ。誰かに踊らされて持たされたモノではない。

 

佐々木さんは、ミニマリストになる前、誰かと比べて「欲しい」と思ったモノで身の回りを固めていたそうです。

でも、それをやめてみた。

すべて、捨ててみた。

そしたら、誰かと比べる必要がなくなった、と。

 

つまり。

 

余計なモノを持とうとするのは、誰かと比較しているから。

 

周りと比べ、これくらいは持っていなきゃと、焦るのです。

他人に勝たなきゃと思ってしまう。

 

でも、一番大事なモノとは、「自分にとって大事なモノ」。

それしかありません。

 

他人と比べて、見栄や承認欲求で持っているものを、捨ててみよう。

 

選んで捨てる、取捨選択の力。

必要ないものはノイズだと判断する。

それが大事ですね。

 

エッセンシャル思考で生きるためには、考える力が必要だ。

丁寧に自分を振り返り、考える力を鍛えよう

人生をデザインする

人生をデザインすること。毎週時間をとって、生き方をジックリと考える。パソコンやスマートフォンはすべて電源を切り、自分の思考に全神経を集中させる。そして数ある可能性のなかから、本質的なことだけを取り出していく。

 

何が必要で、何が不要か。

見きわめるためには、自分を振り返ることが必要ですね。

しっかりと時間をとって、自分の人生をデザインしていきましょう。

たくさんある情報の中から、本質的なことだけを取り出すのです。

考えるスペースを作る

生き方を考えるためのスペースを、ぜひ自分の生活に取り入れてみてほしい。

 

日々の忙しさに流されず、考えるスペースは意図的に作る。

「取捨選択」するためには、スペースが必要ですね。

「スペース」とは、空間でもあり、時間でもあります。

毎日、自分だけの時間を確保しよう

1日に2時間でも、1年に2週間でも、あるいは毎朝5分でもいい。忙しい日常から離れ、自分だけでいられる時間を確保しよう。

 

必ず自分だけの時間を確保する。

あらかじめ、予定に入れてしまいましょう。

振り返りの方法を学ぶ

「振り返り」が上手にできるようになると、自己認識が深まります。

自分が何をすればいいのかが、わかるようになります。

あらゆる本に、「振り返り」の重要性が説かれていますので、いくつかご紹介します。

 

1:「すべての仕事は10分で終わる」

著者は、LINEの元社長・森川亮さん。

森川さんは、”振り返りをやめると、普通の森川さんに戻ってしまう” とまで言われるほど、振り返りを重視しています。

 

「どんなときでも週末の振り返りをさぼることはありません。どれだけ疲れていても必ず数時間かけて行ないます」

 

振り返りの方法が詳しくわかって、オススメの一冊!

すべての仕事は10分で終わるすべての仕事は10分で終わる~スキルアップとは○○をアップすること【振り返りで景色が変わる】

 

2:「人生の『質』を上げる 孤独をたのしむ力」

著者は、午堂登紀雄さん。

午堂さんは、孤独力と内省力を身につけることが、人生を楽しむコツだと言われています。

 

「ちょっとしたことでもひとりになって、自分の感情とその発端となった出来事を振り返り、自分の感情を素直に受け止め、次から、自分がどう行動すれば発展的な未来につながるかを考える作業が必要です」

 

孤独って、いいなぁと思える本。

孤独【孤独との向き合い方】寂しさも癒やせる孤独力と内省力

 

3:「アウトプット大全」

著者は、脳科学者の樺沢紫苑さん。

タイトルどおり、「アウトプット」の重要性を説かれた本ですが、実はアウトプットだけでは不十分。

アウトプットをしたあとは、フィードバック(=振り返り)をしなければ、成長につながらないと言われています。

 

「自分のすべての行動に対して、毎日、フィードバックをおこなう」

 

それが、成長・発展のコツ。

アウトプット大全アウトプット大全 by 樺沢紫苑【学びを成長に変える3つの秘訣】すべての行動にフィードバックの習慣を

 

4:「働く大人のための『学び』の教科書」

著者は、中原淳さん。

大人はまず、「学び方」を学ばねばならない。

学び方の3つのポイントは、「背伸び・振り返り・人とのつながり」だと言われています。

 

「振り返りとは、『過去の自分の行動を見つめ直し、意味づけたうえで、未来に何をしなければならないのかを、自分の言葉で語れるようになること』です」

 

働く大人のための学びの教科書働く大人のための「学び」の教科書 by 中原淳【人生100年時代のために】まず、大人の学び方を学ばねばならない|振り返りながら進む

 

5:「言葉にできるは武器になる」

著者は、梅田悟司さん。

頭の中にあるものを、すべて言葉にすることの重要性を説いています。

 

「重要なのは、きちんと時間を確保して、自分と、自分の内なる言葉と向き合うことである」

 

言葉にできるは武器になる「言葉にできる」は武器になる by 梅田悟司【どうすれば自分の意見を持てるのか】真逆を考える習慣を

考える力

選ぶ・無視する・捨てる、この3つの力を育てるには、「考える力」を鍛えることです。

 

そのためにオススメなのは、ゼロ秒思考のメモ書き。

メモに書くだけで、適切なものを選んだり捨てたりする力が鍛えられます。

メモ書き10分でストレス解消【メモ書き効果】ゼロ秒思考

 

考えるためには、自分の時間をしっかりと、とること。

日々、自分自身を、丁寧に振り返ること。

まとめ

エッセンシャル思考

 

エッセンシャル思考

 

エッセンシャル思考の特徴

  • 自分で選ぶ
  • 大多数が不要
  • 何に全力を注ごうか?
  • 調査と検討に時間をかける
  • 語られないことに耳を傾ける
  • 遊びが不可欠
  • 上位10%にだけイエスと言う
  • 自分の求めることだから、やる
  • 地味でも着実に勝つ

 

非エッセンシャル思考の特徴

  • 選ぶ余地がない
  • 大多数が重要
  • どうすれば全部できるか?
  • すぐにチャンスに飛びつく
  • 声の大きい意見に反応する
  • 遊びは時間のムダ
  • 何にでもイエスと言う
  • みんながやっているから、やる
  • 派手な勝利を追い求める

 

エッセンシャル思考といっても、選択肢を少なくするわけでは、ありません。

むしろ、選択肢はたくさん挙げる。

情報収集をする。

そのなかから、本質を選ぶ。

 

だから、比較検討の時間をとることは推奨されています。

目の前のことにパッと飛びつくのではなく、本当にそれが重要か?ってことを検討する。

個人的に、一番嫌いなセールスマン・ビジネス商法は、「今、この場で決めなさい!」と言う人。

明らかに、自分の実績を作りたいだけであって、私のためを思ってのことではないなと、感じてしまう。

 

「今、入会すれば、特別価格!」とか。

「考えると決断できなくなるから!」と、人を追い込もうとする。

 

そういうやり方は、そもそも好きになれないので、入会しても合わないだろうなぁと判断します。

選択肢を多くもち、そのなかから冷静に、比較検討する。

納得したものを、選びたいですね。

 

経験的にも、「考える時間を与えてくれる人」は信頼できると、感じています。

不快感から、自分の基準を作っていきましょう。

 

書籍情報はコチラ

 

 

ということで。

 

memo

エッセンシャル思考でいこう!

選ぶ・捨てる・ノイズを判断する

自分の基準を厳しくすることが主体的に生きるコツ。

 

メモ書き10分でストレス解消【メモ書き効果】ゼロ秒思考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です