夢や目標がないときの対処法【シンプルに】考えるコツ

夢を持とうと言われることが、プレッシャーになってしまう。

夢も情熱も、持てないんだ……

 

そんな場合は、「意味」を考えすぎなのかもしれません。

 

【意味を考えすぎ】

  • これをやって、どうなる?
  • 意味はあるのか?
  • どうせ、何にもならない
  • 人生の意味ってなんだろう?

 

「無意味なことはやっちゃいけない」という思い込み。

窮屈なはずですね。

自分の欲求が、どんどん小さくなってしまいます。

 

だからこそ。

 

目標も、一貫性も、ビジョンも、ときには放り投げてみて。

「意味」よりも、自分の「欲求」を取り戻してみるのです。

 

アメリカの至るところで、人々は精神分析医のところへ詰めかけ、こうぼやいてる、『〈ずっとしたいと思っていた〉仕事をしているのに、なぜか〈やっぱり幸せじゃない〉んです』そういう人は、計画を立てることに依存しすぎてる。僕が〈目標の弊害〉と呼んでいる状態に陥ってるんだ。

(by 仕事は楽しいかね)

夢は、なくても大丈夫。

そんな事例をいくつか紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

 

仕事は楽しいかね

目標を立てるよりも、大事なこと3つ

  1. 今日は、昨日と違う自分になる
  2. 遊び感覚でやってみて、「なりゆき」にまかせる
  3. 「右にならえ」をしない

 

1.今日は、昨日と違う自分になる(=短期目標)

きみは、最初に陸にあがった魚は長期にわたる目標を持っていたと思うかね

(by 仕事は楽しいかね)

「エサがありそうだったから」かな。

 

人類の歴史を考えてみても。

アフリカから何万年もかけて「グレートジャーニー(=大陸移動)」をしたのは、なぜ?

 

それは。

「おいしそうなものが、あったから」

 

ただ目の前のことを追い続けた結果であって。

「グレートジャーニーをしよう」という目標はなかったかもしれませんよね。

 

私たちの一番目の前にある目標は、「昨日と違う自分になる」ことです。

短期目標でも、いいんですよ。

2.遊び感覚でやって、「なりゆき」にまかせる

成功する人たちはね、自分がどこへ向かっているかということはわかってない──ただ、遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守ろうと思っている。実をいうと、 これは僕の大好きな言葉の一つなんだ。

遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る

(by 仕事は楽しいかね)

「遊び」でいいの?

「意味」を求め、マジメに頑張りすぎてしまう人は、「遊ぶこと」が難しくなってしまいます。

マジメはいいことなのですが、夢を追い出してしまうというデメリットもある。

 

たまには、次のことを試してみてくださいね。

  • とりあえず試して、その過程を楽しむ
  • 「なりゆき」に身をまかせる

もっと、心の余裕を取り戻してみましょう。

3.「右にならえ」をしない

↓これが「右にならえ」状態。

  • 「もっと◯◯しなきゃ」
  • 「もっと意味のあることをしなきゃ」
  • 「こうあるべき」

「理想」と「意味」にこだわりすぎると、結局は、「可もなく不可もなく」になる。

「〇〇しなきゃ」っていうのは、「人と同じでなければならない」という発想だからです。

もちろん、「右にならえ」が悪いわけじゃありませんが。

特にこだわることでも、ないかもしれませんよ。

POINT
  1. 今日は、昨日と違う自分になる
  2. 遊び感覚でやってみて、「なりゆき」を見る
  3. 右にならえをしない

 

とにかく、楽しむ気持ちを大事に。

無理に持たなくても、いいもの

1.一貫性は、なくていい

【夢を叶えた人の特徴】

  • ひたむきに、ひとつのことを続けた
  • あきらめずに、夢を追い続けた
  • 夢が叶うことを、信じてやまなかった

↑こういう話、よく聞きますよね。

そのたびに、「ひたむきさ」「一途さ」って大事なんだなぁと思う。

けれども。

 

一貫性なんて必要ない

……とは、哲学者・エマソンの主張。

矛盾してても、何も問題はないから

今心の中にあることを、断固として口に出したまえ。そして明日は、明日考えたことを口にするのだ。それがたとえ、今日言ったことと矛盾していても。

(中略)

仮に矛盾したからといって、それが何なのだ?

(by エマソン「自己信頼」)

え? 矛盾してていいの?

 

「すべては誤差の範囲だから気にするな」ってことです。

 

アンデスやヒマラヤの突出も、誤差の範囲だから

アンデスやヒマラヤの突出が、地球全体の曲率から見ればどうということはないように、自分の考えの凸凹も、その人の存在全体から見れば誤差の範囲だ。それに、他人が自分をどう評価し、どう裁こうが、どうでもいいことではないか。

(by エマソン「自己信頼」)

 

宇宙から見ると、こうだな。

矛盾してるように見えたときは、自分の視点が低いだけかもしれませんよ。

 

どんなによい船でも、何百もの航跡を描いてジグザグに進んでいく。だが、距離を取って眺めてみるといい。船は目的地に向かって真っすぐ進んでいる。

(by エマソン「自己信頼」)

 

たとえば、今までの自分を振り返ってみても。

大して何も考えてなかったけど、「なんとなく、ひとつのゴールへ向かってる」感覚はありませんか。

 

もしも、まだそう思えてなくても。

ジグザグしながらも、「ここへ来るためだったのか」と実感するときは必ずあると思います。

 

まずは目の前のことを、自信をもって取り組めばいいのかな。

自分の意志から出たものなら、調和がとれているから

どんなにちぐはぐに見える行動であっても、そのときどきに誠実に自然に行われたものならば、そこには何か共通するものがある。ひとつの意志から出たものなら、どんなに違って見えようと、調和が取れているはずだからだ。少し距離を置いて、高い視点で眺めてみれば、その違いなど見えなくなる。

(by エマソン「自己信頼」)

 

きっと私たちは、自分で思ってるよりもずっと、視点が低すぎる。

 

悩んだり迷ったりするたびに、「高みから見てみると、どうなのかな?」と考えてみてくださいね。

2.ビジョンは、なくていい

誰にも「未来」のことはわかりません。だから、わからないものを明文化するのは難しいと思うのです。

(by 森川亮「シンプルに考える」)

 

LINEの元社長・森川さんの例

  • ビジョンはいらない
  • 計画はいらない
  • 戦わない

未来を予測できる人は、誰もいないから

自分が「こうだ」と思っても、そうじゃなかったことなんて、たくさんありますよね。

「やりたい」と思ってたことも、やってみたら面白くなかったり。

 

たしかに、自分の考えてることさえも、よくわかんない。

矢野博丈

変化の時代には、自分も変化し続けねばならないから

わかるはずもない「未来」を予測するなどという作業は、会社にとって余計なことなのです。それよりも、「目の前」のニーズに答えることに集中する。そして、常にそのニーズに変化の兆しはないかと、神経を鋭敏にしておくことのほうが重要だと思うのです。

(by 森川亮「シンプルに考える」)

 

信念が強すぎると、一度決めたことを曲げられず、身動きができなくなることもありますね。

それよりも、「不確実」な状況に適応する力のほうが大切。

目標のない人は、「柔軟性」「適応性」に強いと思えばいい。

 

夢や目標は、自分を固定してしまうというデメリットもあるんですね。

固定しないことは、長所にもなります。

3.いつわりの目標なら、なくていい

「まやかしの報酬」でしかないから

私たちは自分がほんとうの意味で晴れやかないい気分になれる方法を見つける必要があります。それは、まやかしの報酬を期待することでもなければ、「こんどこそ変わってみせる」という虚しい約束でもありません。

(by 「スタンフォードの自分を変える教室」)

「まやかしの報酬」って、何だろ?

極端にいえば、麻薬と同じ効果。

 

↓この一瞬が、気持ちいい

  • 「理想の自分」を考えているとき
  • 「目標」を立てた瞬間
  • 「変わろう」と決心したとき
  • 分かった気になったとき
  • できる気になったとき

麻薬のように、何度も、その瞬間だけを求めてしまう。

しかも、私たちの多くが追っているものは……

どこかで見た誰かの夢

つまり、「自分の本当の夢ではない」。

 

POINT

まやかしの報酬とは

  • 「目標を立てた快感」を味わうことが目的
  • 目標を実現することは、視野にない
  • どこかで見た誰かの夢であって、自分オリジナルの夢なんて、そもそもない

 

いっそのこと、夢や目標にこだわらなくても、いいかもしれませんね。

ゴールからの逆算が苦手なら、ボトムアップ型でいく

夢中になれるもの、熱中できるものがある人はこれからの時代、とても強い。そのためにも自分を知り、自分の望みを理解しておくことが大切なのです。

(by メモの魔力)

目標追求には2種類ある

メモの魔力

  1. トップダウン型
    • ゴールからの逆算で進む人
  2. ボトムアップ型
    • 今に熱中することで、成果を出す人

 

「ゴールから逆算しろ!」ってことも、よく言われますが。

 

そもそもゴールがわからないと、それだけでつまずきます。

ゴール探しばかりで、結局は何も始められない。

それでは、もったいないですね。

 

そんな人には、「ボトムアップ型」。

  • 目の前のことに集中する
  • 興味のあることを、とりあえずやってみる
  • 自分の欲求に、身をまかせてみる

 

まずは目の前のこと。

それなら、できそうだ。

 

そのためには、次の2つが必要です。

  1. 自分の「楽しいポイント」を知っている
  2. 思いついたことは、いろいろやってみる

「自己認識」と「試行回数」を増やすこと。

 

実践しようと思うと意外と難しく、決して「ラクな道」ではないんです。

だからこそ、トライする価値がありますよね。

まとめ

目標を立てるよりも、大事にしたいこと

  1. 今日は、昨日と違う自分になる
    • 現実的な短期目標を
  2. 遊び感覚でやって、「なりゆき」にまかせる
    • あまりマジメになりすぎない
  3. 成功とは、「右にならえ」をしないこと
    • 「◯◯しなきゃ」は、可もなく不可もない

 

  1. 一貫性は、なくていい
    • 宇宙から見下ろしたら、大したことないから
  2. ビジョンは、なくていい
    • 未来を予測する力なんて、ないから
  3. いつわりの目標なら、なくていい
    • 「どこかで見た誰かの夢」は、他人の夢でしかないから

 

ゴールからの逆算が苦手なら、ボトムアップ型で。

  • 目の前のことに集中する
    • 集中力
  • 楽しいと思えることを、やってみる
    • 自己認識力
  • 興味のあることを、いろいろ試してみる
    • 試行力

集中、自己認識、試行。

夢や目標よりも、この3つのほうがずっと大切で、かつ現実的。

悩むヒマがなくなるかもしれませんよ。

まずは、「意味」にこだわるよりも、「自分の欲求」に従ってみることを心がけてみてくださいね。

それでもよくわからなければ、こちらの本が読みやすくて参考になるかもしれません。

 

エマソン

夢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です