ブログを始めた経緯

飛行機

考え方がわからなかった幼少時代

  • 父いわく
    • Aではない。Bである。
  • 母いわく
    • Bではない。Aである。

しかも2人とも、「言うことを聞きなさい、なんてわからずやなの」と言う。

AなのかBなのか、さっぱりわからず。

そんなときに子どものとる行動は

  • 父の前では「Bだよね」と言う
  • 母の前では「Aだよね」と言う
  • 2人が一緒にいるときは、ひたすらニコニコして乗りきる

そうしているうちに、人付き合いがわからなくなり、中学生のときにはウツになりました。

考え方を知って見えてきたもの

考え方を変える契機となったのは、父親の死に直面したこと。

about最後の病室

そのときに、今までが、どれだけ間違っていたかを痛感しました。

そして、「考え方」を学んだら、わかってきました。

本当は。

自分にとって必要なものは、AでもBでもなく、Cだったのではないか、と。

それだけではなく、DもEもFもある。

考え方には数学的思考が必要

心理学や思考法など、さまざまなことを学んでいくうち、行き着いたのが数学でした。

数学や統計学による裏付けがないと、わからないことが多い。

何が正しいのかも、統計による数値で根拠が持てるようになる。

感覚や直感というのも、数学的論理があってこそ、磨かれるものだと知りました。

自分の決断力が低かったのは、数学知能が低すぎたせいだなと思い、今は数学・統計学・プログラミングの勉強を趣味レベルでしています。

そんな学びの過程をつづってます。

2 COMMENTS

魔法

メモ書きの効果でこちらのブログにたどり着きました。
記事もそうですが、ブログの構成がシンプルですが、素晴らしいです。
私はブログ初心者ですが、のブログ作成の参考にさせてもらいます。 

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です