見た目に劣等感のある人が【心を軽くする方法】コンプレックスは笑って乗り越えよう|アドラー心理学

劣等感

劣等感は、誰もが抱えているもの。

「自分だけ」では、ありません。

最終的には、笑ってしまえれば解消します。

 

 

 

荘子の言葉。

劣等感

 

ハーバードの人生が変わる東洋哲学」より

ハーバードの人生が変わる東洋哲学

 

結局のところ。

劣等感

 

要するに。

劣等感

 

 

嫌われる勇気」の主人公(青年)も、劣等感のかたまり。

 

青年は幼いころから自分に自信が持てず、出自学歴、さらには容姿についても強い劣等感を持っていた。そのおかげだろう、過剰なほど他者の視線を気にしてしまうところがあった。そして他者の幸福を心から祝福することができず、いつも自己嫌悪に陥っていた。

 

主人公の青年は、容姿・出自・学歴、すべてにおいて強い劣等感を抱いている。

だから、他者の目が気になる。

他者の幸福を喜ぶことができない。

いつも自己嫌悪。

 

さて、この劣等感に対して、アドラーは、どのような答えを出してくれるのでしょうか。

「劣等感」と「劣等コンプレックス」を区別する

健全な「劣等感」は、成長の促進剤

アドラー心理学

アドラーは「優越性の追求劣等感も病気ではなく、健康で正常な努力と成長への刺激である」と語っています。劣等感も、使い方さえ間違えなければ、努力や成長の促進剤となるのです。

 

優越性の追求とは
  • 「できないこと」を、「できるようになりたい」と追求すること
  • 「理想の自分」になること

 

「理想の自分」になりたいからこそ、目標を掲げる。

理想に向かって頑張ることは、いいことですよね。

 

つまり。

「理想の自分」と「今の自分」を比較するのが、健全な劣等感

アドラー心理学

 

劣等感を持つことは、向上心につながるから、いい。

よくないのは、他者との比較です。

 

アドラー心理学

 

  • 健全な「劣等感」
    • 理想の自分と今の自分との比較
  • 不健全な「劣等コンプレックス」
    • 他者との比較・競争
    • 劣等感を「道具」にする
    • 「Aだから、Bできない」
    • いわゆる「不幸自慢」

 

不健全な「劣等コンプレックス」は、不幸自慢をする

「わたしは学歴が低いから、成功できない」と考える。あるいは「わたしは器量が悪いから、結婚できない」と考える。このように日常生活のなかでAであるから、Bできない」という論理を振りかざすのは、もはや劣等感の範疇に収まりません。

 

たとえば。

  • 容姿が悪いから、恋愛ができない
  • 両親が離婚したから、自分も結婚できない
  • いじめられた経験があるから、人を信じられない

 

「Aだから、Bできない」と言う人は。

「Aさえなければ、Bできる」と思っている。

 

実は、「Bできない」状態でいたい

通常なら、どんな条件であろうとも、「Bできる」ように努力する。

 

けれども。

「Aがある」ことを言い訳にして、努力を放棄するのです。

 

なぜか?

「Aがある自分」を特別視すれば、人の上に立てるから。

 

劣等感を利用して、人の上に立とうとしているのです。

弱さを武器にして

 

「自分を特別視する」というのが、ポイントですね。

特別でいたいからこそ、劣等感を手放せないのです。

 

やはり。

「劣等感」は、自ら積極的に持っているのです

 

「劣等感」は、主観である

アドラー心理学

客観的な「劣等性」ではなく、主観的な「劣等感」

「嫌われる勇気」では、哲人も若い頃、「身長が低いことが劣等感」だったと語ります。

 

わたしが自分の身長に感じていたのは、あくまでも他者との比較――つまりは対人関係――のなかで生まれた、主観的な「劣等感」だったのです。もしも比べるべき他者が存在しなければ、わたしは自分の身長が低いなどと思いもしなかったはずですから。あなたもいま、さまざまな劣等感を抱え、苦しめられているのでしょう。しかし、それは客観的な「劣等性」ではなく、主観的な「劣等感」であることを理解してください。

 

つまり。

誰かと比べて、「背の低い自分はダメだ」と、自分で解釈した。

 

自分一人だけなら、劣等感は抱かないはずなんです。

常に、他者との比較・競争。

 

劣等感の目的を、改めて考え直してみるといいと思います。

 

劣等」だと、自分で主観的に「」じている。

すべては「主観」です。

 

「劣等感」は、主観的な解釈であり、勝手な思い込みである

自分の身長も「人をくつろがせる」とか「他者を威圧しない」という観点から見ると、それなりの長所になりうるのだ、と。もちろん、これは主観的な解釈です。もっといえば勝手な思い込みです。

 

「劣等感」が「主観的な解釈」であるならば。

自分の解釈を変えてしまえばいいことになります。

 

なぜなら。

「主観的な解釈」とは、自分で決めたことだから。

 

自分で決めたことだからこそ、自分で変えられるのです。

 

何を選びたいのか?

主観にはひとつだけいいところがあります。それは、自分の手で選択可能だということです。自分の身長について長所と見るのか、それとも短所と見るのか。いずれも主観に委ねられているからこそ、わたしはどちらを選ぶこともできます。

 

長所と見るのも、短所と見るのも、自分の選択によること。

 

ならば。

どっちを選びたい?

 

「自分にとって大切なものは何か?」という見きわめと選択が、重要になってきます。

 

でも、どうしたらいいのか、よくわからないよ。

 

「他者の期待を満たす生き方」を捨ててみましょう。

 

「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない

アドラー心理学

「わたし」のことを考えて生きてていい

あなたは、あなただけの人生を生きています。誰のために生きているのかといえば、無論あなたのためです。そしてもし、自分のために生きていないのだとすれば、いったい誰があなたの人生を生きてくれるのでしょうか。われわれは、究極的には「わたし」のことを考えて生きている。そう考えてはいけない理由はありません。

 

アドラー心理学では、「承認欲求の否定」を重視します。

「承認されるため」とは、言いかえれば、「他者の期待を満たすため」。

そこにこそ、苦しみの根源がある。

 

「劣等感」で悩んでしまうのも、他者の視線を気にするからですよね。

他者の視線から解放されることができれば、悩むことはなくなるわけです。

 

仕事も、他者の期待を満たすためではない

たとえば仕事の主眼が「他者の期待を満たすこと」になってしまったら、その仕事は相当に苦しいものになるでしょう。なぜなら、いつも他者の視線を気にして、他者からの評価に怯え、自分が「わたし」であることを抑えているわけですから。

 

仕事でさえも。

他者の期待を満たすことを考え始めたら、承認欲求でガチガチになってしまう。

 

では、「何のために」行動したらいいのか?

健全な「劣等感」とは何であったかを思い出しましょう。

 

他者との競争ではなく、理想の自分になるため

他者との競争ではなく。

他者の期待を満たすことでもなく。

 

理想の自分を目指し、理想の自分と比較する

 

そうすれば、劣等感は成長へのバネになるというのです。

 

「他者の生き方」ではなく、「わたしの生き方」を選べばいいんだな。

 

劣等感を抱くのは周囲の責任、抜け出すのは自分の責任

ゼロ秒思考

「自分は何も悪くない」と思うことがポイント

「世界一シンプルなこころの整理法」の著者・赤羽雄二さんは、次のように語っています。

  • easy-goingでいけ!
  • あなたは何も悪くない。周囲が悪い
  • 本人にそういう思いをさせ、悪循環に陥らせた周囲の責任のほうが大きい
  • 性格的に劣等感を刺激されやすい人はいるけれど、過度に刺激しなければ問題は起きなかった
  • 自分で自分を褒めるのではなく、他者から褒めてもらいなさい
  • 自分を否定する人はスルーしなさい
  • 自分に劣等感があると、スルーできない
  • なんにも気にしなくていい

 

「気にしない」境地になることが、とっても重要。

 

「自分が弱いから悪い」は、ウソ

  • 自分が、敏感すぎるから
  • 自分が、気にしすぎるから
  • 自分が弱いから、こうなってしまったんだ

 

そんな思いを抱くこともあります。

 

でも。

劣等感をもってしまったのは、周囲の責任が大きいのです。

 

  • 劣等感をもつように、仕向けられている
  • 「出る杭は打たれる」社会だから
  • どうしても足を引っ張ろうとする

 

これは、古来から変わらない、日本人のクセ。

自分のせいではない。環境のせい。

 

そこを自覚するだけで、落ち着きを取り戻すことができます。

「劣等感をもってしまう自分は、弱くてダメな人間なんだ」という思いが、ますます自分の行動をさまたげるのです。

 

でも、刺激を受けやすい性格ならば、刺激を避ければいい。

「あえて谷底に突き落とされる」意味も、ない。

 

POINT

あなたは、何も悪くない。

自己嫌悪を抱かせるほうが悪い。

 

大人になったら、自分で劣等感から卒業しよう

周囲が悪いとはいえ。

いつまでも周囲のせいには、できないですよね。

自分が成長しなければなりません。

 

まずは、自分の劣等感を、明確に把握することをオススメします。

 

すべて書き出す

  1. 自分が気にしていることを全部書く
    • 文章にしないと考えられないから、書き出してみよう
  2. 人がどう思っているかを書く
    • 想像しながら、書いてみる
    • それは直接言われたのか? どうなのか?
    • どれが、「思い込み」なのか?
  3. 自分にとって何が大切なのかを書く
    • 自分が本当に大切にしたいことは、何?
    • 劣等感と、大切にしたいこと、どっち選ぶ?
  4. 周りの人がもっている劣等感を書く
    • 「自分だけ」は思い込み?
  5. 自分の劣等感を誰が気にしているのかを書く
    • 誰が気にしていたっけ?
  6. 劣等感は、自分の心の持ちようにすぎないことを理解する
    1. 劣等感以上に大切にしたいものがある
    2. 自分だけではなく、周囲の誰もが劣等感をもっている
    3. しかも、自分の劣等感を誰も気にしていない
    4. 笑っちゃったほうがいいのでは?

 

書く(考える)ポイント

  • どういう時、特に劣等感を感じるか
  • いつから、劣等感を感じるようになったか
  • 劣等感のある自分は、周囲にどう見えているか
  • 劣等感を隠すことができたら、周囲にはどう見えるか
  • 劣等感がなさそうな人は、本当に劣等感がないのか
  • 劣等感がなさそうな人は、どうやって元気を出しているのか
  • 劣等感を持たずにすむ相手がいるか
  • 特に強い劣等感を感じる相手は誰か、どうしてか
  • 自分にとって劣等感とは何なのか
  • 劣等感を無視することはできないか
  • 自分の劣等感を誰が気にしているか
  • 自分にとって何が大切なのか
  • 劣等感とは、心の持ちようなのか

 

いろいろ考えた結果、笑えるようになったら、いいなと思います。

しょせんは、自分の思い込みですから。

まとめ

劣等感を卒業する6ステップ
  1. 自分が気にしていることを全部書く
  2. 人がどう思っているかを書く
  3. 自分にとって何が大切なのかを書く
  4. 周りの人がもっている劣等感を書く
  5. 自分の劣等感を誰が気にしているのかを書く
  6. 劣等感は、自分の心の持ちようにすぎないことを理解する
 

私自身もたくさんの劣等感を抱えていますが、人に話すと、「え? なんで?」と驚かれたりして、逆に自分でも驚いてしまいます。

自分にとっては大きいものでも、「客観的に見ると大したことではない」というのが、劣等感の真実。

すべては「主観」だからです。

 

「バカにされている」と思うから、苦しいんですよね。

 

でも。

「バカにされている」と思うのも、自分の主観。

 

であるならば。

「うらやましがられている」と決めてしまえばいいことになります。

 

心が小さくなり、行動も小さくなる方向へと解釈するのではなく。

心が大らかに、行動も大らかになる方向へと解釈すればいい。

 

そして、スルースキルで、なんにも気にしない境地を身につけたい。

 

劣等感に悩むたびに、「思い込みにすぎない」ことを、何度も何度も確認してみましょう。

 

ということで。

 

memo
劣等コンプレックスは、他者との比較と競争。

他者との競争をストップしよう。

他者の期待を満たすために生きてはいけない!

 

関連記事

マコなり社長マコなり社長も認める、「ゼロ秒思考」のメモ書きの効果 エンプティチェア【自己との対話】エンプティ・チェアとインナーマリッジのすすめ|過去と和解する方法 自信がない自分を信じ続けるコツ【自信がない】からの脱出 ハーバードの人生を変える授業自分を責めていては変われない【セルフ・コンパッション】自信をもつより大事なこと メモ書き1日10分【メモ書き効果】ネガティブ感情を解消する科学的にも証明されてる方法|ゼロ秒思考 アドラー心理学アドラー心理学【存在承認】自分の価値を何で決めればいいのか 感情的にならない技術感情的にならない技術【スルースキル】を磨くと「人付き合い」に疲れなくなる マーシャルゴールドスミス変わりたいとき、自信は邪魔になる

 

 

参考図書

 

2065

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です