神メンタル【変わりたいなら脳に立ち向かおう】現状維持は衰退だ

神メンタル

変われない理由は、脳の仕組みのせい。

本気で変わりたいなら、全力で脳に立ち向かおう。

 

変わらないのは立派な脳力なのだ

 

なぜ、変われないのだろう?

なぜ、同じことばかり繰り返してしまうのだろう?

 

それは、人間が身につけた脳力のおかげ。

生きるために必要なこと。

 

だけど!

変革を起こしたいなら、脳に立ち向かう必要がある。

 

「人生は戦い」と言うけれど。

何と戦うのかと言えば、「自分の脳」との戦いなのです。

 

「神メンタル 『心が強い人』の人生は思い通り」
by 星 渉

現状維持こそ脳の目的

現代も、野生時代の脳のまま生きている

長い長い歳月を経て、人類は脳を発達させてきました。

その歴史を考えると、発達した脳というのは、まだまだ新しいもの。

その多くは、野性時代の本能を引きずっています。

原野で生き延びる知恵

原野で生き延びるために必要なことは、主に次のようなこと。

 

  • エサを見つける
  • 敵からの防御
  • 飢えに耐える
  • エネルギーの温存
  • 子孫繁栄

 

エサを見つけること自体が、ライフワークと言えます。

皆、そのために必死なのです。

ムダなエネルギーを使わないためにゴロゴロする

ライオンでさえも、狩りの成功率は20%だと言われています。

一日中、何も食べられないという日もある。

ひたすら、飢えとの戦いなわけです。

だからライオンは、一日の大半を寝て過ごしているのです。

なぜなら、エネルギーを温存しなければならないから。

獲物を見つけたときのためにエネルギーはとっておかなければならない。

無駄なエネルギーを使ってしまっては命取りです。

考えてみれば、猫も一日中、ゴロゴロしていますね。

敵から身を守ることにかけては、天才的

そして、敵から身を守ることも、まさに命がけ。

食うか食われるかです。

危険な思いをした場所には二度と近づかないし、危険なものには触れようとしない。

トラウマとは、敵から身を守る技術

トラウマとは、身を守る技術です。

すでにプログラミングがされているので仕方ない。

ただし、現代社会を生きる人間にとっては、ちょっと邪魔な技術ですね。

いや、邪魔じゃないのかもしれません。

まだ残っているということは、必要なのかもしれない。

だけど、自己変革をしようと思ったときには、どうしても戦わなければなりません。

メンタルを制覇せよ!

現状維持は衰退!

それくらいの覚悟をもって立ち向かわないと、難しいのです。

ただし、不可能ではない。

 

メンタルを制覇できれば何でもできる

それぞ「神メンタル」。

 

たしかに、脳をコントロールできれば、なんだって思い通りになります。

脳には何がプログラミングされているのか?

脳の仕組みを理解してコントロールしよう

脳の仕組みだと自覚しておくと、コントロールしやすくなりますね。

 

  • 損失回避の法則:リターンを得るより、リスクを避けたい
  • 保有効果:自分が持っているものは、価値が高い
  • サンクコスト:これまでの努力がもったいない
  • 確証バイアス:今の自分が正解だという証拠を集めたい
  • ホメオスタシス:今のままの自分が最高である

現状維持こそ最高、放っておくと何もしない

現状維持こそ最高だという判断ですね。

だから放っておくと何もやりません。

命の安全が確保できていることを、成功体験として認識するからです。

何よりも命の確保が最優先

リターンよりも!

喜びよりも!

幸せよりも!

脳にとっては命の確保が最優先!

 

死んでしまったらどうにもならないのです。

危険をおかすよりも、今のまま、生命を大事にしたい。

わざわざ危ない場所へ行って、危険に身をさらす必要性なんてないですよね。

それが野生の本能。

それはそれで、重要な能力。

現代は、現状維持よりも変化が求められている

今の人間社会に、どれだけ命の危険があるでしょうか?

現状維持よりも、変化して前に進まなきゃいけないときがある。

むしろ変化しなければ生きられないような時代。

そのことを脳に理解させなくてはなりません。

脳にとっては、かつてない時代なわけです。

現状維持は衰退だと思え!と、脳に刻む必要がある。

自分の脳との、戦いです。

夢を叶えるために必要なものとは?

目的と手段は必須

夢を叶えるために必要なこと
  • 「目的」を明確にする
  • 「手段」を把握する

 

目的があっても、手段がなければ叶わない。

手段があっても、目的がなければ意味がない。

本当の「目的」さえ見つかれば、「手段」は自動で見つかる

目的さえハッキリすれば前に進めるのに、と思うときがよくある。

常に悩むし、迷うし、葛藤する。

 

「何のためにやってるんだっけ?」

「何がしたいんだっけ?」

 

ときには、目的を勘違いしていたってことも。

必死で頑張ったけど、なんか違う気がする。

本当の目的はこれではなかった。

そんなムナしさに襲われてしまうこともあります。

 

自分の本当の目的、本来の望みを明確にすることが最優先

 

目的さえ見つかれば、手段は自動で見つかるんだって!

 

それも脳のプログラミング。

カラーバス効果:自分に必要な情報だけをキャッチする

カラーバス効果とは
自分に必要な情報だけをキャッチする能力

 

目的を強く抱いていれば、手段は、脳が見つけてくれる。

このときばかりは、脳が味方をしてくれるのですね。

ただし、間違った思い込みをしていると、間違った情報だけをキャッチしてしまうので、注意が必要です。

「自分はダメ人間だ」と思っていると、「ダメ人間」にとって必要な情報ばかりをキャッチしてしまうことになるからです。

キャッチしたい情報は何か?

いつも自分が考えていることで、脳は判断しています。

 

脳と立ち向かいつつも、うまく活用することがポイントだな

アファメーションで心を鍛える

脳に言葉を届けよう

アファメーションとは
自己宣言を繰り返すことで、脳に刻み込むこと

 

「洗脳」とも似ていますね。

何度も何度も、同じ言葉を唱えることで、「脳」に、その思想を強く刻み込んでいくのです。

刻まれた言葉は、やがて信念に変わる。

強い信念は、やがて現実を変えます。

何度も言われた言葉は、信念に変わってしまう

子どもの頃からアファメーションを繰り返しているとも言えます。

何度も何度も言われた言葉は、やがて自分の中で信念に変わるのです。

 

「○○しちゃダメ」

「そんなこともできないの?」

「情けない」

 

そんな言葉を繰り返し浴びせられると、ネガティブな信念が強くなってしまいます。

そこに打ち勝つためには、それ以上の、肯定的な言葉を刻み込む必要がある。

それが、アファメーションの役割。

パスワードをアファメーションの言葉にする

さっそく、パソコンのパスワードを、アファメーションに変更してみました。

毎朝、アファメーションを入力することになるので、とても効果的。

必ず入力するので、必然的に、朝イチでアファメーションを唱えることになりますね。

パスワードは、「夢+記号+日付」がおススメ

ある人から、とてもいい方法を教えてもらいました。

それは、パスワードを次のように設定することです。

 

夢+記号+日付(夢を叶えたい期限)

 

パスワードを強化するために、記号や数字を混ぜることを推奨されてますよね。

夢を叶えたい期限にしてしまえば、ラクですね。

例えば次のように。

  • 今年は100冊の本を読む:books100@20191231
  • 2025年までに起業する:business@20251231

こうすれば、パスワードのセキュリティも強化され、夢も忘れません。

記号は、@でも#でもいいと思います。

いろんなパスワードが出てきそうです。

アファメーションをパスワードにするのは、とってもオススメ

パスワードって、ほぼ無意識に入力しますよね。

無意識のインプットは、とてもいいです。

無理して、頑張って、インプットすると、必ず反発心を引き起こすから。

無理してる感じが自分でもしてきてしまうので、信じて唱えるというよりも、義務感になってしまう。

でも、パスワードなら、必ず入力するものだから忘れるということがない。

そして、自分の指を動かしてインプットするので、だんだんと当たり前のように思えてくる感じがあります。

無理せずできて、かならず必要なもので、ほぼ毎日インプットする。

まさにアファメーションですね。

朝、入力するたびに、「あぁ、そうだった…」と思い出すことができます。

これは、かなりオススメ!

アファメーションだと考えるから身構える

なぜ、アファメーションは続かないのでしょうか?

「アファメーション」だと思うと、身構えてしまう、という感覚があります。

肩に力が入ってしまうのですね。

そして、「何が何でもそうしなきゃ」みたいな、焦りや必死さになってしまうときがある。

なんとなく、ツラくなってしまうのです。

せっかくポジティブな言葉で元気になろうとしているのに、なんだか本末転倒。

たとえて言えば、歩くときに、手と足の動きを意識すると、ぎこちなくなるようなもの。

何も考えずに歩くほうが、自然にできます。

アファメーションも、そういうものではないでしょうか。

だから、パスワードのように、何も考えずに自然とおこなえるほうが、いいですね。

 

なお、目標を宣言したり、感謝日記を書いたりすることも、脳がウソだと気づいているから、素直にやらないと効果がないといいます。

ネガティブネガティブなままでいい。無理をするなら、それはポジティブではない【不安を引き受けて生きる】

 

やはり、素直な気持ちで、本気でやるのがポイントですね。

まとめ

現状維持は衰退!

 

とにかく、この言葉が心に残りました。

何もしないと、脳はどんどん怠けます。

エネルギーを温存したいという目的があるので仕方ないことです。

 

でも!

 

変革を起こしたいなら脳に立ち向かおう

 

脳の言いなりになるのではなく、脳をコントロールするのです。

いい意味での洗脳を!

 

 

ということで。

 

memo

脳に立ち向かおう。脳を活用しよう。

目的さえ見つかれば、手段は自動で見つかる。

パスワードをアファメーションの言葉にすると効果的!

2019311

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です