ハーバードの人生を変える授業【自分への嘘がストレスを生む】孤独の時間で素直さと思いやりを取り戻すことがカギ

ハーバードの人生を変える授業

自分に素直に、生きていますか?

ストレスを感じたときは、自分に思いやりをもつことが重要です。

そのためには、孤独の時間も大切にしましょう。

 

自分を受け入れられない

 

そんな自分でも、いいのです。

モナリザのように、聖人のような笑顔は、見せられないときもある。

孤独の時間は、素直さを取り戻す大事な時間。

一人でいることを怖れないで。

 

ハーバードの人生を変える授業」

by タル・ベン・シャハー

嘘発見器は、何を発見するのか?

「嘘」は科学的には発見できない

嘘発見器は、何を発見するのかご存知でしょうか?

「嘘」は、科学的には発見できないそうです。

では何を発見するのか?

 

それは……

 

体から出る「ストレス反応」

 

なぜなら、嘘をつくときは、体にストレスがかかっているからです。

「嘘」が体に与える二重のストレス

嘘をつくときには、次の二重のストレスがかかるそうです。

 

  1. 嘘をつくストレス
  2. 感情を抑えるストレス

 

だから必ず、体に反応が出るのです。

その体の反応をキャッチすれば、嘘がわかるという仕組み。

自分に嘘をつくと、それくらいストレスが大きいということですね。

社会生活での小さな嘘が、ストレスとしてたまる

昨日までは元気だったのに、あるとき突然、疲れがドッと出るときがあります。

いつの間に疲れがたまっていたんだろう?と、体の反応で感じたりしますよね。

それは、社会生活を送るなかで、じわじわとストレスがたまっているからです。

 

嘘によるストレスが体をむしばんでいる!

社会生活での嘘は、マナーとして必要

嘘といっても、悪いことではありません。

マナーを守ったり、配慮をしたり。

社会生活・人間関係においては、やはり、ある程度の嘘は必要なのです。

素直に生きるとはいっても、傍若無人に振る舞うこととは違いますよね。

マナーや礼儀は守るべきです。

ただし。

 

マナーや礼儀とはいえ、嘘は嘘

 

体の中では、ストレスとして積もってしまいます。

では、素直に生きるためにはどうしたらいいのでしょうか?

もっとも重要なことは、自分に嘘をつかないこと

自分に嘘をつくと犯罪者にもなる

自分にだけは嘘をつくのをやめよう

 

よく、自分を受け入れましょう、自分を認めましょうっていうけれど。

それは、ふわふわと甘えたものではなく、義務にでもすべきものかもしれません。

 

なぜならば。

 

いい人ほど、犯罪者になるというデータがあるから。


自分に嘘をつき続けた人は社会的に迷惑をかける可能性が大!

自分に嘘をついて、「いい人」になろうとする

自分に嘘をつく理由は、自分のことが受け入れられないからです。

自分を受け入れられず、自分はダメだと思っていると、自分に嘘をつくようになるのです。

 

ムカついているのに、ムカついてないフリとか。

嫉妬しているのに、嫉妬してないフリとか。

あくどいのに、いい人のフリとか。

 

あるとき、いきなりブチ切れられて、周りはイヤな思いをさせられる。

 

実はとっても、恐ろしい毒。

それが自分への嘘!

では、どうすれば、自分に嘘をつかずにいられるのでしょうか?

自分に嘘をつかないために、一人の時間を大切にする

一人になって、「本心」に戻ろう!

 

一人の時間を持つことが、最重要課題です。

なぜなら、「本心に戻る時間」を意識的に持っていかないと、嘘に気づけなくなるからです。

一人になって何をするかというと、とにかく自分の気持ちに素直になって過ごすことが大切です。

「一人の時間」の過ごし方

一人になって、やること
  • ただ単にひとりで過ごす
  • 心に浮かぶことをすべて書く
  • 信頼する人に気持ちを語る

 

感情の受け止め方
  • とにかく素直になる
  • 嘘を捨て去る
  • 感情をすべて味わいつくす

 

オススメは、やはり書くことです。

誰にも迷惑をかけないし、お金もかからないし、スッキリします。

ゼロ秒思考考える力を鍛える【言語化の効用】モヤモヤを解消し心をコントロールする方法|ゼロ秒思考 by 赤羽雄二

とにかく一人でやる

吐き出すことは重要ですが、吐き出されたほうは迷惑なので。

まずは一人で向き合うことがオススメ。

書くことなら、一人でできるので。

心を整理して落ち着いてきたら、人と話す活力も戻ってくるので心配しなくても大丈夫。

ただし、ひたすら一人で過ごすのも危険。信頼できる人を確保しておくのがいい

一人で向き合うのが一番いいのですが、悪循環のループにもハマりやすいですよね。

なので、本当に信頼できる人を確保しておくことです。

 

「かかりつけの医者」のような感覚で。

 

本当に困ったらこの人、という人を、普段から決めておきましょう。

周囲の友だちに聞いてもらうよりも、本当に信頼して尊敬できる人のほうが、いいです。

どうしてもいない場合は、お金を払って、プロに依頼しましょう。

孤独とは、素直さを取り戻す時間

「自分に素直になろうね」という甘えたことでは、ありません。

 

素直になるべし!!!

犯罪者になる気か!!


……と、自分にカツをいれるくらいでいい。

孤独な人は、社会的にいいことしてるんです。

積極的に孤独を選んで、素直さを取り戻しましょう。

身近に引きこもってる人がいたら、見守ってあげる

もしもご家族に、ウツの方や、引きこもりの方がいらっしゃる場合は……

家族全員で、素直に生きる実践を試みる時かもしれません。

けっこう本人は、周囲の人の矛盾した発言を、敏感に感じとっているものです。

私自身も、引きこもっていた時期があったので、よく感じていました。

家族は、なんだかんだ言っても、結局は、世間体を気にした発言になっていることを。

 

やはり寝ながらも、いろいろ考えているもので。

だから、あるとき急に、起き上がるときもあります。

三年寝太郎結果が出ない人も強く生きよう【三年寝太郎】昔話が教えてくれる生きる知恵

 

素直に生きるとはどういうことかを、教えてくれているのだと、とらえてみてほしいです。

 

ハーバードの人生を変える授業

ツラい時期に重要なのは、「信頼」よりも「思いやり」

「卵が先か? ニワトリが先か?」で消耗するのは、やめよう

とくにツラい時期では、「自分を信じる」ことより重要なことがあります。

 

それは……


自分への思いやり!


なぜなら、自分を信じることができないから、ツラいのであって。

ツラさを克服するために自分を信じようというのは、ムダに消耗してしまいます。

いわゆる、「卵が先か? ニワトリが先か?」の議論です。

 

まずは、とにかく、自分に対する「思いやり」をもつこと。

 

これがベスト。

思いやりとは

思いやりとは
  • 感情をそのまま受け入れる
  • 出来事に必然性はないと知る
  • 自分は悪くない
  • 自分を理解する
  • 自分にやさしくする

 

日本は、因果応報論とか、自己責任論とかを考えすぎです。

だから、「この出来事は自分が引き起こしたのだ」とか、「自分が悪いんだ」とか、思ってしまいがちですよね。

そうすると、自分を責めてしまう気持ちから抜け出せなくなります。

 

でも。

 

  • 環境が悪い
  • 他人が悪い
  • 自分は悪くない
  • その出来事に必然性はない

 

そう思ってて、いい。

環境のせいにすることに、罪悪感を持ちすぎです。

 

もっともっと、自分に思いやりを!

 

これが、ハーバードでの結論なのです。

「特にツラい時期には」という期間限定のもの

「時を見極める技術」は必要です。

思いやりの時もあれば、厳しくする時もある。

なにごとも、柔軟に考えて。

永遠にずっと、やさしく甘やかすわけではないのです。

 

今だけ、ツラい時期を抜け出すために。

 

そう思えば、少し気軽に、考えられそうじゃないですか?

感情のモグラ叩きをしない

自分の性質を、直すのではなく受け入れる

  • 自分の性質を受け入れる
  • 自分が何者であるかを認める


自分の性質を直さなきゃ!と、モグラ叩きのように、叩いてしまうことがありますよね。

 

だけど。

 

叩かず、打ち負かさず、自分ってこうなんだぁと、思っておく。

 

モグラ叩きをすると、必ず自分に、嘘をつくようになってしまう。

 

不安なのに、不安じゃない! とか。

怒っているのに、怒っていない! とか。

 

感情というモグラを叩くことを、「努力」だと思うのは大きな勘違いです。

ただし、受容は万能薬ではない

受け入れられないことも、受け入れる

受け入れることは大事ですが。

 

受け入れること「だけ」が、すべてではない。

 

なぜなら。

 

「受け入れる」ことさえも完璧にやろうとして、ますます苦しくなるから。

受け入れることは、奇跡を起こすことではない

受け入れられれば奇跡が起こるんだ!と偏屈に思ってしまう人は……

結局、こうなります。

 

完璧な心の平安が得られず、イライラがつのり、自己嫌悪に陥る。

 

受け入れれば平安が訪れるというのは、事実でもありますが。

受け入れなければ平安が訪れないというのは、真実ではありません。

 

モナリザの微笑は、あきらめるのだ。

まとめ

自分に嘘をつくことは、多大なるストレスを、体にかけてしまいます。

だから、体調が悪くなったり、動けなくなったりしてしまうのですよね。

そんなときに大切な心構えは、こう。

 

  • 社会生活では、マナーを守るために、嘘は仕方ないと心得る
  • 自分にだけは嘘をつかない
  • 必ず一人になる時間を作る
  • ひたすら自分と向き合って、素直になる
  • 「特にツラい時期」限定で、自分に思いやりを!
  • 感情のモグラ叩きはしない
  • 需要は万能薬ではないことも心得て、モナリザの微笑はあきらめる

 

自分を甘やかすという意味ではなく。

病気のときは、体を温めて、栄養のあるものを食べるのと同じように。

「今はリハビリの時」と見極めて、自分を温め、自分に栄養を与えてあげることが大事ですね。

そのためには、孤独の時間もいいものなのです。

 

ということで。

 

memo
孤独は、素直さを取り戻す時間!

ただし、モナリザの微笑はあきらめること。

受け入れられなければ、受け入れられないことも認める。

とにかく思いやりをもとう。

 

関連記事

三年寝太郎結果が出ない人も強く生きよう【三年寝太郎】昔話が教えてくれる生きる知恵 スタンフォードの自分を変える教室スタンフォードの自分を変える教室 by ケリー・マクゴニガル|他人の姿を見てムダに焦る「目標感染」にご用心 ストレススタンフォードのストレスを力に変える教科書 by ケリー・マクゴニガル|もっとも幸福な人とは、もっともストレスの多い人だった 自己信頼自己信頼 by エマーソン【必読】不安になったときの超オススメの一書 自助論自助論 by スマイルズ【究極の自己完成】自分を助けられる人は自分しかいない「天は自ら助くる者を助く」 ゼロ秒思考考える力を鍛える【言語化の効用】モヤモヤを解消し心をコントロールする方法|ゼロ秒思考 by 赤羽雄二 いい人をやめればうまくいく「いい人」をやめれば人生はうまくいく!では、どんな人になればいいのか? 孤独自分を好きでいるために【孤独を愛そう】偉人の名言から学ぶ、人と群れない技術 人生の質を上げる孤独をたのしむ力人生の『質』を上げる 孤独をたのしむ力【大人が犯す最大の失敗】孤独力と内省力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です