【自己との対話】エンプティ・チェアとインナーマリッジのすすめ|過去と和解する方法

エンプティチェア

余計なことを言ってしまったのではないかと、気になって仕方ないときがありませんか。

相手はもう、忘れているかもしれないのに。

 

いつまでも覚えているのは自分だけ。

たいていの人は、他人の話なんて覚えていません。

 

それなのになぜ、いつまでも自分だけが引きずってしまうのでしょう。

 

そんなに自意識過剰なのだろうか?

原因は、「今」にはない

カゲで、悪口を言われてた過去のせい

エンプティチェア

ずっと気になってしまう原因は、カゲで悪口を言われていた過去のせい。

「人は自分のいないところで、自分の文句を言っているもの」

そう強く信じてしまっているのです。

 

不思議なことに、たとえカゲで言われていても、必ず耳に入ってくるもの。

 

個人的な経験としては。

子どもの頃、母が「娘がかわいくない」と言っていた。

兄は、「妹がムカつく」と言っていた。

そして、親戚同士のウワサ話。

学校では、女子にありがちなヒソヒソ話。

 

その瞬間は、「大丈夫、大丈夫。気にしなくてもいい」と思い、やり過ごせるし。

瞬間的に、ポジティブ思考に切り替えられる。

 

悪口に限らず。

過去の何かの経験が、いまだに自分の行動を制限していることは、よくあるのです。

 

ポジティブに考えた結果、ネガティブになった

エンプティチェア

ポジティブに考えられなくなってしまうのは。

積もり積もった傷が、いつのまにかキャパオーバーしてしまうから。

 

子どもの頃の暗い記憶があると、ポジティブ思考でいこうって言われても、嫌悪感を抱いてしまう。

 

血が止まらない状態のとき、「ポジティブに」という精神論が、きくわけがありませんね。

 

今、目の前のことに対処しても変わらない

エンプティチェア

どれだけ人に励まされても。

どれだけ「気にしなければいい」と言われても。

 

原因は、「今」ではなく、「過去」だから。

 

そもそもの論点が違うのです。

 

よく、「目の前の問題はダミー」だと言われるのも、「今」が問題なのではなく、「過去」が問題だからです。

 

きっと、誰もが同じ

他人の言動を見ていて、ふと疑問に思うとき。

 

  • なぜ、そんなことを言うのだろう?
  • なぜ、そんな行動をとるのだろう?

 

その根っこは、「過去」です。

「今」だけを見ていても、決してわかりません。

 

自分のことも他人のことも、理解するのが難しいのは、その人の原因が「今」ではないから。

 

「今」ではないってことは、解決方法がないってこと?

 

エンプティ・チェアとインナーマリッジという方法があります。

 

エンプティ・チェアとインナーマリッジ

目の前のことに苦しみを感じたとき、過去の自分を思い出し、あの頃の傷を見つめてみること。

傷ついている幼い頃の自分を、なぐさめてあげること。

心理学療法で、「エンプティ・チェア」と呼ばれているものがあります。

 

エンプティ・チェア:一人二役の対話

エンプティチェア

エンプティ・チェアの方法
  1. 誰も座っていない椅子を用意する
    • 実際に、椅子を用意すると効果的
  2. 幼い頃の自分が座っているのだと仮定する
  3. 幼い自分に、やさしく語りかけてみる

 

どんなに頑張っているかを認め、抱きしめてあげましょう。

 

エンプティチェア

 

相手は、昔の自分じゃなくてもいい

自分で一人二役をやり、他者とも対話をします。

  1. 本当は言いたかったこと、言えなかったことを、吐き出す
  2. 次に、相手になりきって、自分に向かってアドバイスする

 

架空の相手でも、かまいません。

例えば、カウンセラーになったつもりで、自分とカウンセラーとの対話を一人二役でやるのです。

 

客観的な視点をもてるというメリットがあります。

 

POINT
自己との対話がうまくできる人は、他人との対話もうまくいく。

 

なかなかうまくいかない。

他に方法はないの?

 

疑似結婚もいい方法です。インナーマリッジといいます。

 

インナーマリッジ:自分との和解

インナーマリッジ

インナーマリッジとは

自分の中の、感性と理性を和解させること。

自分とつながること。

 

人はたいてい、何かをやろうとするとき、心の中で葛藤するものです。

相反する意見が、自分の中でこだまする。

 

その葛藤を、漠然としたままにしない。

ちゃんと言葉にして自分と自分とで対話をして、きちんと手をつなぐ。

 

相反する2人の自分が、自分の中でつながることができると、心が癒やされていきます。

 

どんなときも、「つながり」「融合」が、癒やしの力になります。

 

実際の結婚生活も、うまくいく

インナーマリッジ

人間関係は、自分との関係から始まります。

自分が自分と仲良くできてこそ、他者とも仲良くできる。

 

自分と結婚できる人は、実際の結婚もうまくいきます。

 

自分との対話がうまくできるようにれば、変わるのです。

 

POINT
インナーマリッジがうまくいく人は、実際の結婚生活もうまくいく。

 

自分が自分に与えてあげる

寂しさや孤独感は「与える」ことでしか癒やせない

エンプティチェア

寂しい気持ちも、孤独で不安な気持ちも、愛を与えることでしか癒やせません。

 

だからこそ私たちは、最大のあやまちを犯してしまうのです。

 

他者から与えてもらおう、と。

 

親や友人、パートナーに対し、「私に与えてよ」と強要してしまう。

人間関係がギクシャクするのは、「他者から与えてもらうことでしか変われない自分」だと勘違いしているからです。

 

自分に与えられる人は、自分だけ

エンプティチェア

エンプティ・チェアも、インナーマリッジも、インナーチャイルドを認め、癒やしてあげるという話です。

 

  • 私は、とっても寂しかった
  • 私は、とっても傷ついてきた
  • それでも私は、いっぱい頑張ってきた
  • せいいっぱいの気持ちで、家族を愛してた

 

インナーチャイルドを癒やしてあげると、自分と向き合えるようになる。

本当に自分と向き合えたとき、自分に与えることができます。

そして、癒やされていきます。

 

インナーチャイルドを癒やす能力が、自分にはある

エンプティチェア

アドラー心理学の目指すところ

アドラーは、私たちの心理面の目標として、「わたしには能力がある、という意識」をもつことだと言っています。

  • 心理面の目標
    1. わたしには能力がある、という意識
    2. 人々はわたしの仲間である、という意識

 

なぜなら。

他者から与えられることでしか満足できない自分ではないから。

 

「自分で自分を癒やす能力がある」

その自分を信じることです。

 

「自分で自分を癒やす」こと自体に意味があるのではなく。

「癒やせる能力が自分にはある」という、自分を信じる力によって、心が元気になるのでしょう。

自分を癒やしてあげられるのは、自分だけなのです。

 

孤独感を知っている人は、孤独を癒やす天才になる

孤独感の裏にある情熱を、見つめてみる

エンプティチェア

孤独感の裏にある感情とは、なんでしょうか。

  • 人と、つながりたい
  • 居場所を、作りたい
  • 愛し、愛されたい

 

寂しさや孤独感の強い人は、そんな願いを、強くもっているものです。

人一倍、「孤独とつながり」に関する情熱が強いのです。

 

自分で自分に与えたとき、他人にも与え始める

エンプティチェア

  • 自分で自分と対話する
  • 自分で自分に与える
  • 自分で自分を癒やす

 

そのことに成功できた人は、与える天才・癒やす天才になれます。

 

人とのつながりも、居場所を作ることも、愛も。

自分が与える人になってしまうのです。

 

それは、「与えなきゃ」というよりも、「気づいたら与えてた」という感覚。

決して、「与えねば成功できない」というものではありません。

 

心が豊かさで満ちているから、人に分け与えたくなる

たとえば、通帳に1000円しか入ってないとして。

そんなときに他人から、「1000円ほしい」と言われても、ためらってしまいますよね。

自分の生活費もままならないのに、と。

でも、もしも、100万円を持っていたとしたら、「1000円くらいなら、いいよ」と思えるでしょう。

心に余裕があるとは、そういうことです。

 

他人に、愛がほしいと言われても、自分の中に愛の残高がなければ、与えたくても与えられない状態になります。

でも、愛に満ちているからこそ、いくらでも与えることができる。

 

自分で自分に与えられると、そういう状態になるのです。

いくら分け与えても、ぜんぜん大丈夫な自分に。

 

自分には、それだけの能力があるからなのです。

そこに気づけたとき、喜びに変わります。

そして、自分の才能に、目覚めていきます。

 

他人の抱える、無数の傷ついた過去に想いをはせる

エンプティチェア

自分の過去を掘り下げることは、他者を理解することにつながる。

自分が、無数の「過去」に傷ついてきたように、他人も、傷ついた「過去」を背負っているから。

 

人は誰もが、「過去」の経験をとおして、「今」の判断をしている

自覚があるにしろ・ないにしろ、人は皆、「過去の経験」をとおして「今」を判断しています。

他人の言葉が理解できないときは、過去の傷に想いをはせてみる。

今、こういう発言をするのは、過去の何が原因になっているのだろう、と。

 

自分の過去について、やさしく見てあげることができるようになると、他人に対する視線も、少しずつ、やさしくなっていきます。

 

POINT
ただし、他人の過去を掘り下げるのはやめよう。

土足で踏みにじるのは、失礼なこと。

ただ、「無数の傷があるんだろうな」と、眺めているだけでいい。

 

人生は、自分自身と踊り尽くすダンス

エンプティチェア

パーソナリティと幸福度に関する考察をしている、オーウェン・フラナガンという哲学者は、人生は、自分と自分とが踊るダンスのようなものだと言っています。

 

最後のダンス

親愛なる私へ。最後のダンスは君と踊りたい。うまく踊れなくても気にしなくていいよ。私たちは、今ではお互いのことをとてもよく知っているから。

君と最後に抱き合って踊るときには、人生が有意義だったと感じられるといいな。

ただし、それは単なる陶酔ではなく、本当のダンスだ。人生には必ず意味があるから、一つの人生を2人で分かち合ってダンスがしたいんだ。

そのときには、安らぎ、心地よさ、誠実さ、奮闘の結果を一緒に喜び、分かち合いたい。

一つ覚えておいてほしい。君のことを真に理解し、いつまでも忘れない誰かがいるとすれば、それは私だ。それは私自身のことなんだよ。チャ、チャ、チャ。

 

まさに、インナーマリッジとは、このような心境。

最後に踊るダンスは、自分と踊るのです。

 

結局のところ、自分との融合が、私たちにとって一番の幸せなのではないでしょうか。

 

ということで。

 

今日の問いかけ
  • 過去の、どの傷がうずいているのだろう?
  • 自分を叱責せず、和解できているだろうか?
  • 自分には、自分を癒やす能力があると思えているだろうか?
  • 自分は、実は、才能の宝庫なのでは?
  • 自分と、楽しくダンスを踊れているだろうか?

 

関連記事

孤独をたのしむ力寂しさを癒やす【孤独力と内省力】自分をもっと好きになろう ギブ貢献と自己犠牲との違い【尽くすことは他者否定】ギブとは何を与えるのか 嫌われる勇気アドラー心理学【嫌われる勇気とは?】人間関係は自分を好きになるための課題 トラウマどうしても過去にクヨクヨするなら【目的地をなくそう】自分の人生を物語にしない|アドラー心理学 ハーバード大学の心理学講義自分の人生に【他人の評価や承認は必要ない】誰もわかってくれない寂しさの解消法 「いい人」をやめれば人生はうまくいく友達って本当に必要?【承認欲求の解放】苦しい人間関係からは「理由と根拠」で抜け出せる 今を生きる今を生きるには?【クヨクヨする自分がイヤなら】過去と未来を見えなくしよう 幸せになる勇気【幸せになる勇気】なぜアドラー心理学は難しいのか?

 

 

19515

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です