誰もわかってくれない寂しさを解消したい【人生は孤独】

誰もわかってくれない

寂しさが消えない
  • なんで、わかってもらえないんだろう
  • いつも一人になってしまう
  • 孤独感が消えなくて、寂しい

やっぱり。

  • 自分をわかってあげられる人は、自分しかいない

でも、「自分だけ」っていうのが寂しすぎるよ

人生は、自分自身と踊り尽くすダンス

親愛なる私へ。最後のダンスは君と踊りたい。うまく踊れなくても気にしなくていいよ。私たちは、今ではお互いのことをとてもよく知っているから。

君と最後に抱き合って踊るときには、人生が有意義だったと感じられるといいな。

ただし、それは単なる陶酔ではなく、本当のダンスだ。人生には必ず意味があるから、一つの人生を2人で分かち合ってダンスがしたいんだ。

そのときには、安らぎ、心地よさ、誠実さ、奮闘の結果を一緒に喜び、分かち合いたい。

一つ覚えておいてほしい。君のことを真に理解し、いつまでも忘れない誰かがいるとすれば、それは私だ。それは私自身のことなんだよ。チャ、チャ、チャ。

by オーウェン・フラナガン(哲学者)

自分を一番理解できる人は、自分しかいないのに。

自分が自分を理解しないのは、あまりにも寂しすぎる。

自分のことは嫌いなんだ

ダンスとは、融合・和解の儀式

ダンスとは
  • 葛藤している自分を、融合すること
  • どんな自分も受け入れ、自分を許すこと

融合ってなんだろ

自分こそが、最高のダンスパートナー

ダンスの相手が自分だからといって、寂しいもののように見なす必要もありません。私たちは、いつでも自分自身を理解し、受け入れることができます。自分を受け入れるのに、死ぬ間際になるまで待つ必要はありません。

ハーバードの心理学講義
  • 自分のダンス・パートナーは、自分でもいい

いろんな自分がいるから

これからは、自分は複数の自分で構成されていることを知り、そうしている自分を許そうとしてみてください。

(中略)

ときには下手な冗談に笑ってくれ、必要なときに抱きしめてくれたのは、人生を共に歩んできた自分自身です。

どんな自分も受け入れることで、私たちは生きてきたのです。

そんな自分にこそ、乾杯しましょう。

ハーバードの心理学講義
一人のようで、一人じゃない自分
  • オフィスで、ガリガリ働いてる自分
  • 部屋で、ダラダラしている自分
  • 愛する人に、デレデレしている自分
  • いろんな自分と踊っていると思えばいい

生まれてから死ぬまで、共に歩み続ける自分

ハーバード大学の心理学講義
  • もっと、愛でてみよう

たしかに、自分を嫌っていたら、よけいに寂しい気がする

自分の性格で悩まなくていい【性格テストに信ぴょう性なし】「◯◯な人」と決めたら不自由になる自分の性格で悩まなくていい【性格テストに信ぴょう性なし】「◯◯な人」と決めたら不自由になる 嫌われる勇気嫌われる勇気って何?【幸せな人間関係を築く】9つのポイント 「いい人」をやめれば人生はうまくいく友達って本当に必要?【承認欲求の解放】苦しい人間関係からは「理由と根拠」で抜け出せる 自分を責めるよりも【セルフ・コンパッション】憂鬱さを解消するたった一つの方法自分を責めるよりも【セルフ・コンパッション】憂鬱さを解消するたった一つの方法 【過去との和解】エンプティ・チェアとインナーマリッジのすすめ【過去との和解】エンプティ・チェアとインナーマリッジのすすめ ラッセル幸せは「つまらないこと」の中にある【マインドフルネス】の先駆け・ラッセルの幸福論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。