言語化のために【What・Why・Howで問う】人生は問いで決まる

考え方

自分のこと、明確に語れる?

自分は一体何を考えていて、何を目指しているのか?

 

自分がわからない

 

わかっているようで、わかっていない自分のこと。

 

前田裕二さんは、「メモの魔力」でこう書いている。

『自分をよく知って何かに熱中している人』こそ、多くの共感を集める人になる、すなわち価値を持つのだと強く思います

 

  • 自分をよく知る
  • 何かに熱中する
  • 共感を集める
  • 価値を持つ

 

そのための言語化!

 

当たり前のことに疑問を投げかけてみよう

自分自身に問いを投げかけてみよう

 

それが思考であり、言語化。

 

問い方のパターンは3つ。

  • What:課題は何? それは何? つまり何?
  • Why:なぜ、そうなの?
  • How:では、どうする?

 

つまり、何ごとにも、次の3つを問う。

  • そこから何が言えるのか
  • なぜ、そうなのか
  • どうアクションするのか

 

思考を鍛えるには、「抽象化」を学ぶのもオススメ。

抽象化

抽象化考える訓練【抽象化を学ぼう】人間に与えられた最大の武器 メモの魔力メモの魔力 by 前田裕二~自分を知りたいなら自己分析は1000問やろう!

What①:「課題は何?」課題発見&設定

解くべき課題の明確化

たとえば、本を読むときや、スキルや知識を身につけるとき。

または遊ぶときや、何かのイベントに出かけるとき。

 

「何のために学ぶのか?」

「何のために行くのか?」

「何のためにやるのか?」

 

目的を考えてから行なうことは、どれだけあるか?

 

「自分がわからない」のは、目的が明確になっていない場合がほとんど。

一つ一つの行動に、まずは目的を考えてみるクセをつけてみよう。

 

何かをするとき。

どこかへ行くとき。

誰かに会うとき。

 

ふと立ち止まって、いったん考えてみる。

それは、「課題」を発見する訓練。

 

今の・自分の、「課題」は何?

 

  • 解決すべき課題は何か?
  • 何が学びたいのか?
  • 何がしたいのか?
  • 本当の望みは何か?
  • 目指していることは何か?
  • 人生のテーマは何か?

 

人生は、自分の中のWhatを明確にしていく過程

 

課題を見つけ、課題を解決し、成長していく。

 

すべては「課題を見つけること」から始まる。

課題を見つけた人が、結果を出せる人。

 

だからこそ、毎日の生活の中で、Whatを丁寧に考えよう。

小さなことの積み重ねが、大きな発見につながる。

 

解きたくてたまらない具体的な課題が自分の中にないと、特に抽象化するモチベーションはあまり湧かないでしょう。そういった意味で、この、「解くべき課題の明確化」は、抽象化の前段階において、ビジネスパーソンがまず向き合わねばならない問題かもしれません。(メモの魔力)

What②:「それは何?」情報整理&仮説力

「常に3つ」で情報整理力

~どんなことからも「3つのポイント」を抜き出す~

  • 読書したら何が書いてあったか。→3つ。
  • 講座や習い事で、何を学んだか。→3つ。
  • 遊びや体験は、どうだったか。→3つ。

~「今日の What」を3つ、整理する~

  • 今日の学びは何か。→3つ
  • 今日の喜びや感動は何か。→3つ

「常に3つ」を考えると、仮説が浮かぶ

情報を整理すると何がいいかというと、仮説が浮かんでくること。

 

  • 自分ならこうするかな?
  • ならば、次はこうしようかな?

 

「常に3つ」を整理していく過程で、仮説が自然と浮かぶ!

What③:「つまり何?」シンプルに要約する

20字でまとめよう

ゼロ秒思考」の著者・赤羽雄二さんは、こう言う。

「自分の感情を、単語ではなく20字くらいで書くようにすると思考力が高まる」

 

紙1枚!独学法 すべての知識を『20字』でまとめる」の著者・浅田すぐるさんは、こう言う。

「シンプルにまとめると、本質がつかめるようになる」

 

これは、本当にいい方法。

「つまり何?」とひとことで、20字で書くようにすると……

考え方がシンプルになり、ムダが排除でき、本質がつかめる。

要約力が高まり、思考力や仮説力も高まる。

 

そして、「20字でまとめる」過程で、かなり頭を使うので、確実に脳へインストールされる。

 

記憶力もよくなるよ

Why:「それは、なぜ?」納得するまで深堀り

思考とは、問いに答えようとするプロセス

  • 当たり前のことに疑問を投げかける
  • 自分自身に疑問を投げかける

 

そして、「問いに答えようとするプロセス」こそが、思考!

答えを出すことが重要なのではない。

答えようとする作業を脳にさせるということが重要。

すべてのことに、必ず理由を語る

  • なぜそう思うか


「必ず理由を語る」、それが「哲学」。

 

自分の選択に、必ず理由を考える。

いま当たり前にやってること、なぜ、やってるの?

「〇〇だから〇〇できない」とか。

「〇〇だから、自分は大丈夫だ」とか。

本当なのか?

なぜなのか?

とにかく「なぜ」をつけてみる

  • なぜ、そう思うのか?
  • なぜ、そうだと言えるのか?
  • なぜ、それが課題なのか?

 

すべてのことに、「なぜ」を加えるだけ。

それだけで、問いになり、脳は答えを探すようになる。

さらに、どんどん「なぜ」「なぜ」「なぜ」と繰り返す。

 

「なるほど、そうか」というところに行き着くまで。

単純な言葉で終わらせるのではなく、「なるほど」が出てくるまで、「なぜ?」と問いかけよう。

「人それぞれ」はNG!

深堀りで気をつけたいところ
  • 自分の言葉で理由を挙げて話す
  • “人それぞれ”はナシ
  • 分からないことはちゃんと『分からない』と言う

 

ついつい、言いたくなる。

 

「人それぞれだし」

「正解はないし」

「自分には、わからないし」

 

それは、思考しないための言い訳!

 

自分はどう思うかを考えるプロセスが大事。

そうしないと、「考える力」は育たない。

自分の言葉で理由を語る。

このクセを、ぜひ。

How:「では、どうする?」次のアクションを決める

WhatとWhyで、本質までたどりつけたら、次はHow。

  • では、自分はどうするか?
  • 今日から、どう行動を変えるか?
  • どうやって理想を実現するか?

 

Howがないと、学んだことが行動に変わらない。

自己満足に終わるのは、次のアクションがないから。

必ずHowで、次の行動に変化をつけよう。

 

「興味深い」と感じて、世界から自分が切り取った――ファクトをどこかで振り返ってそこからの気づきを「抽象化」する。そして、「アクション」に「転用」する。シンプルですが、メモというフォーマットを通じてこのプロセスを自分の手に、そして脳に染み込ませることが、知的生産性を上げる上で非常に役に立ちます。この魔力をひとたび身につけると、不思議なほど世界が違った場所に見えてくるでしょう。(メモの魔力)

 

要するに。

  • 「つまり何?」とひとことでまとめる
  • 「では、どうする?」とHowで考える

 

学びをまとめ、要約し、次の行動を考える。

この繰り返しが知的生産性を上げる。

まとめ

要約ができるようになると、頭の回転が速くなる。

これは私自身、大きく実感しています。

以前、字幕翻訳の仕事をしていたことがあったのですが。

字幕は、どんなに長いセリフでも、1行13字でまとめなければなりません。

とりとめのないセリフも、13字ずつで区切って表現するのです。

これはかなり、しんどい作業でした。

特にバラエティ番組はツライです。

短くまとめたうえに、面白さも伝わらなければならないから。

あまりのツラさに字幕の仕事は辞めてしまったのですが、今思うと、字幕の仕事が、生かされているように感じます。

自然と、すべてを短くまとめるクセがつき、学んだことがスッと頭に入ってくるようになりました。

 

要約力が高まると、頭がスッキリする

 

何かを学んだり、体験したりしたら、必ず、「つまり何?」と20字で、自分の言葉でまとめる。

一度習慣化すると、やらないほうが気持ち悪くなってきます。

 

ということで。

 

memo
What・Why・Howで自分自身に問いかけ続けよう。

自己理解が深まると思考力が高まり、何ごとにもチャレンジできるようになる。

 

20191110

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です