アウトプット大全 by 樺沢紫苑【学びを成長に変える3つの秘訣】すべての行動にフィードバックの習慣を

アウトプット大全

アウトプットのないインプットは意味がない。

フィードバックのないアウトプットは意味がない。

実践のないフィードバックは意味がない。

 

「学びを結果に変えるアウトプット大全」by 樺沢紫苑

 

この本は、次のような人におススメの本です。

 

  • 本を読んでも何も変わらない
  • 何かを学んでも成長の実感がない
  • 人の話を聞いてもよくわからない

 

そんな悩みに、解決方法を与えてくれます。

 

とにもかくにも!

アウトプット・フィードバック・実践

これが一番!

 

この記事では特に、次の3つを紹介します。

  1. アウトプット:インプット=7:3
  2. ポジティブ :ネガティブ=3:1
  3. 3つの気づきを得ること

アウトプット・フィードバック・実践

アウトプット:インプットの比率は、「7:3」

7:3ということは、つまり、アウトプットは、インプットの2倍以上!

アウトプットのためのインプットですから、当たり前と言えば当たり前ですね。

ただし、アウトプットとインプットだけでは不十分。

もうひとつのステップ、フィードバックをしなければ成長はないそうです。

フィードバック(=振り返り)をしなければならない

アウトプット

 

  • インプットは、「読む」「聞く」
  • アウトプットは、「書く」「話す」
  • フィードバックは、「考える」「振り返る」

 

フィードバックとは、「振り返り」のこと。

フィードバックがないと、ただの「やりっぱなし」「自己満足」。

アウトプットをしたあとは、必ず分析をしなければ意味がないのです。

 

フィードバックのポイント

  • なぜ、よかったか
  • なぜ、悪かったか
  • 次は、どうするか

インプットとアウトプットの結果を、必ず分析し、「なぜ?」を考える

とにかく、「なぜ?」を突きつめていくことです。

そうして初めて、進歩・成長につながる。

自分自身のすべての行動に対して、毎日おこなうべきだそうです。

日々の自分の行動に対するフィードバックの習慣、ありますか?

大きなことに関してはフィードバックしても、日々の小さなことにまで、なかなか意識がいかないですよね。

すべての行動に、毎日フィードバックする。

これを、意識づけてみましょう。

アウトプットをする人は少ない

フィードバックと実践につなげる人は、とても少ないようです。

 

学んでも学んでも何も成長しない理由は、アウトプット・フィードバック・実践がないから。

 

ほとんどの場合、何も考えずに日々を過ごしてしまいますよね。

とにかく、アウトプットしよう

考える習慣がないので、いきなりフィードバックまでするのは、難易度が高いです。

まずはアウトプットを心がけ、慣れてきたらフィードバックと実践を意識するのがいいでしょう。

フィードバックと実践につなげるには、考える力を鍛えなければならない

自分のすべての行動に対して、毎日フィードバックをする。

そのためには、「考える」習慣を作らなくては、できないことです。

 

考えるためには、メモ書きを習慣にするのがオススメです。

ゼロ秒思考考える力を鍛える【言語化の効用】モヤモヤを解消し心をコントロールする方法|ゼロ秒思考 by 赤羽雄二

ポジティブ:ネガティブの比率は、「3:1」

ネガティブ100%のアウトプットは、しない

ネガティブなこともアウトプットしたほうがいいか?

迷うところですが、やはり、ネガティブなことなんて、誰も求めない。

そして、繰り返し発する言葉は、自分の信念となってしみついてしまいます。

ネガティブなアウトプットを繰り返していたら、本当にネガティブな人生になります。

自分のためにも、やめたほうがいいですね。

 

ネガティブ100%なんて、聞かされたくない

ネガティブは、ゼロではない

「3:1」という数字は、ポジティブを多くしたほうがいいという意味ではありません。

むしろ、ネガティブがあってもいいということ。

そもそも、100%ポジティブって、あつくるしいし、ウソっぽいですよね。

ネガティブを大切にしつつも、ポジティブをその3倍以上にするという意味なのです。

ネガティブゼロは、逆に問題である

【ポジティブ疲れを起こすのは「100:0」で考えるから】

ネガティブを消し去らなきゃいけないと思ってしまうと、苦しいですよね。

消そうと思えば思うほど、増量してくるものです。

「やっぱり、ポジティブになんてなれない……」という結論になってしまいます。

ポジティブ思考が悪いのではなく、ネガティブをゼロにしようとすることが問題なのです。

本や講座からは、1回につき3つの気づきを探す

「あれもこれも」は混乱する

「3つ」というのは、1回の学びのなかから、3つだけ自分の血肉にしようという意味。

本を読むときも、人の話を聞くときも、一言一句もらさずに、すべてを学ぼうと思うと、かえって何も理解できないものです。

すべてが中途半端になる。

または、受け止めすぎて情報過多になり、実践ができなくなる。

あれもやらなきゃ・これもやらなきゃ、という状態です。

混乱するし、何から手をつけていいかわかりませんね。

それだけで疲れてしまって、せっかくの学びが水の泡になります。

「3つの気づき」で十分

「じっくりすべて」よりも、「3つの気づき」だけにフォーカスする。

この本や、この話から、「3つだけ自分の糧」にする。

何かの講座やセミナーに参加したときも、「必ず3つは持ち帰る」と思う。

そうじゃないと、面白かったけど、何だったっけ?となりますね。

「3つ」というのは、いい数字です。

1つのものから、3つの輝きを!

 

3つが無理なら、最低1つだな

まとめ

学びを成長に変えるための3ステップ

  1. アウトプット
  2. フィードバック
  3. 実践

 

アウトプット・フィードバックで心がけること

  • ネガティブな気持ちを大切にしつつも、それ以上のポジティブを大切にする
  • 「3つの気づき」にとどめる。それ以上は効率悪い。

 

量のバランスとしては……

  • アウトプット:インプットの2倍以上
  • ポジティブ:ネガティブの2倍以上
  • 1つから、3つを抽出

 

この技術を身につければ、学びが必ず成長に結びつきますね。

とにかく、アウトプットの量を圧倒的に増やすことです。

そして、すべての行動に、毎日フィードバックをする。

フィードバックの項目も、具体的にしておくといいですね。

 

フィードバックと実践は、とても弱くなりがちなので、意識的に取り組みましょう。

アウトプットもフィードバックも毎日!

 

ということで。

 

まとめ
成長できないのは、アウトプットが足りないことと、フィードバックと実践という循環を考えていないから!

成長が実感できれば、アウトプットもフィードバックも楽しくなります。

2019730

関連記事

勉強学習記憶【4冊の本に学ぶ】振り返りと自己管理が人生を好転させる理由 学び学びを成長に変えるために【自己流アレンジはしてもいいのか?】読書2冊まとめ すべての仕事は10分で終わるすべての仕事は10分で終わる~スキルアップとは○○をアップすること【振り返りで自己成長】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です