ハーバードの心理学講義【本当の自分を大事にする方法 】仮面をつけて生きていく

ハーバードの心理学講義

性格を悩む必要はない。

他人に話す必要もない。

仮面をつけてて大丈夫。

性格ではなく目的に生きよう。

 

仮面をつけるのは、服を着るのと同じ。

学校では学生服。

仕事ではスーツ。

パーティーにはドレス。

パーティーにジーンズを履いていったら笑われるし。

学校へドレスを着ていったら笑われる。

何が正しいかではなく、TPOに合わせて堂々と生きていくこと。

そして重要なことは、家に帰ったら部屋着に着替えること。

本当の自分を解放してあげるのです。

 

回復のための場所を用意して、自分を解放するのだ

 

「自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義」
by ブライアン・R・リトル

仮面をつけるのは当たり前のこと

シンデレラは12時まで。仮面をはずさないと悲劇が起きる

シンデレラが楽しい時間を過ごせたのは、12時までという条件付きだったからです。

12時すぎてもなお、プリンセスのように振る舞っていたら、ただの異常者。

そう考えると、シンデレラが元の姿に戻ったのは、すごいことですね。

会社では会社の仮面。

家庭では家庭の仮面。

それが当たり前。

そこに悲劇が起きるのは、会社で家庭の仮面、家庭で会社の仮面、そんなふうにチグハグになっているからではないでしょうか。

呑みこまなきゃいけない言葉もある

仮面をつけるのは悪いことではない。

むしろ、生きていくうえで必要なこと。

人の前ではやはり、ネガティブな言葉とか、愚痴とか、おおっぴらには言えないですよね。

我慢して、ぐっと呑み込まなきゃいけない言葉もたくさんある。

「好きなことをやろう」と言っても、やはり、無神経に振る舞ってもいいということではない。

どうしても、他人の前では仮面をつけざるをえないのです。

「回復のための場所」を作る

「回復のための場所」を見つけることです。これは、普段と違う行動がもたらすストレスから逃れ、「本来の自分」としてありのままに過ごせる休息所のようなものです。

家に帰ったら部屋着に着替えること

どんなにステキなドレスを着ていても、家に帰ったら部屋着に着替える。

それをこの本では、「回復のための場所」と言っています。

 

「本来の自分に戻る」という意識と、その場所を確保しておくこと

 

これが、心を安定させるために、とっても重要なところです。

仮面をつけている自分を認める

仮面をつけることを当然のこととして受け入れ、自分を認めましょう。

いつでも「ありのままで生きる」わけではないのです。

嘘つきということでもありません。

社会のなかで、頑張っているのですよね。

あとで遊んでもらえると思えば、待てるようになる

子どもはワガママです。

自分が無視されてると思うと、すぐに駄々をこねる。

でもそんなとき、「あとで遊んであげるから、ちょっと待っててね」という言葉で落ち着くこともあります。

「あとで遊んでもらえる」

それが理解できるだけで、おとなしく待てるようにもなる。

大人も同じです。

本来の自分に戻れるという安心感があれば、頑張れる

「家に帰れば本来の自分に戻れる」

それが理解できるだけで、ちょっと踏ん張れるようになります。

しんどくなるのは、四六時中、同じ仮面をつけているからなのです。

今は頑張ってるけれど、後で戻れる。

その安心感が必要ですね。

ずっと続けなきゃいけないわけではない

ずーっと、この状態を続けなくてはいけないと思い込んでしまう。

もしくは、そうせざるを得ない状況にある。

それが、心が病んでしまう原因のひとつでもあります。

仮面は悪いものではないのです。

 

TPOはわきまえよう。

自分にウソをつくから傷がつく

他人へのウソより、自分へのウソのほうが怖い

他人に対して、(悪意のない)ウソをつくのは、悪いことではありません。

では、ウソが問題になるのは、どんなときでしょう?

それは、「自分に対するウソ」。

「傷」がつくのは、自分にウソをついているから。

素直じゃない。

本来の自分じゃない。

そんなことが自分を傷つけていきます。

私も、父親に対して素直になれなかったことで、ずいぶんと苦しんでしまいました。

本当は大好きだったのです、父のことが。

だけど、父親を憎んでいる母親に遠慮し、兄に罪悪感を抱き、素直に父を好きでいることが、できなくなっていました。

もっと「大好きだよ」って伝えたかった。

もう亡くなってしまった父親に、それを伝える機会を永遠になくしてしまいました。

遠慮することなんてなかった。

自分の本当の気持ちを、もっと素直に表現すれば良かった。

それが、大きな傷となっています。

だからこそ、心から思います。

他人へのウソは、大したことじゃない、と。

 

自分にウソをつくのだけは、やめよう。

目的を明確にし、プロ意識をもつ

目的のためなら、キャラクターの外にも出られる

「キャラクターの外に出る」とは

「本来の自分とは違う自分になる」こと

 

大切なことを成し遂げるためには、「キャラクターの外に出ることができる」と言われています。

火事場の馬鹿力と言われるようなもの。

必要とあれば、いつもと違う力がわきでてくる。

悪意でも偽善でもなく、自分の可能性を発揮することですね。

それはむしろ、プロ意識。

違う自分を演じると、可能性が広がる

もとの性格と違う自分を演じることは、自分を偽るというようなことではなく、私たちの可能性を広げてくれる、意義のあることなのです。

 

この本の著者は、心理学の教授です。

講義は面白くて大人気だそうですが、実は超内向型。

それなのに、なぜ、面白く講義ができるのか?

それは、心理学と学生が大好きだから。

そのためなら、何でも頑張れるそうです。

イヤなことをイヤイヤやるから生き苦しい

自分をおさえてしまう人は、イヤなことをイヤイヤ、しかも全力で頑張ってしまう傾向があります。

だから、イライラする。

不機嫌になる。

生き苦しさを感じてくる。

努力の方向が違っているのです。

性格ではなく、目的を大事にする

イヤなことではなく、好きなことに頑張れば苦しくない。

我慢も努力も喜びに変わる。

本音で生きようってことですね。

本当にやりたいことのためには、内向型でも外向型になれる。

だから、大事なのは性格ではなく目的だと言われています。

 

性格に生きるのではなく、目的に生きよう!

自分の性格は、他人に言わないほうがいい

本当はこうじゃないと主張するのは、自己保身なだけ

「本当は、こんな自分じゃない。」

そう言いたくなるときがあります。

そんなことで、必要以上に悩んでしまうこともあります。

なんだか自分がウソっぽい、と。

でもそれは、弁解であり、言い訳かもしれません。

「偽善だよね?」と言われることから、自分を守りたいだけ。

先に白状することで、素直な自分を演じようとしている。

逆に不自然なことなのだ感じます。

言葉にすることで暗示にかけてしまう

言葉で表現するには限界があり、本当の自分を正確に言い表すことなんて、できないのです。

言葉にすることで暗示にかかってしまう側面もある。

「自分は内向型だ」と思っていると、常に内向型であるように振る舞うとか。

 

自分にも暗示をかけるし、他人にも暗示をかけてしまう

 

ちょっと違う行動をとったとき、自分でも違和感を抱いてしまって、ムダな悩みを引き起こしてしまいます。

他人に、「私は○○な性格で」と言うと、「○○な人」という偏見をずっともたれてしまいます。

一貫性をもたなきゃいけないと、思いすぎてしまうのですね。

もっと自由でいいのです。

 

私は、人はもっと自由な存在だと信じています。キャラクターの外に出て行動し、変化する特性を使い分けることで、人は大切なプロジェクトを進めることができ、さらなる幸福を追求することができるのです。

性格はコロコロ変わるもの

自分の性格を、固定したものだと考えなくて、いいのです。

状況によっても変わるし、日によっても変わる。

コンディションによっても変わります。

そして、一番変わるのは、目的に応じたとき。

固定してしまうと、違う行動がとれなくなる

「自分は○○」と強く思い込んでしまうと、違う力を発揮したい場面で発揮できなくなります。

特に、他人の思い込みは結構しんどいです。

他人に思い込ませないようにするほうが賢明である

何か違うことをしたときに、他人からイヤなことを言われることはありませんか?

 

「ガラじゃない」とか。

「なんでお前が?」とか。

 

余計なことを言われて苦しくなりますよね。

 

自分の性格を、他人に言うのはやめよう。

 

性格を話しすぎると、思い込ませてしまうのです。

性格を話さないなら、何を話すか?

自分が大切にしている目的を話す

自分が取り組んでいるプロジェクトや、目標や夢。

大切にしている自分の目的を話すことで、性格にとらわれなくなります。

自分自身に対しても、よい効果が出てきそうですね。

まとめ

  • 仮面をつけるのは当たり前
  • 仮面をつける自分に自信をもとう
  • 本来の自分に戻る意識と、場所を確保しよう
  • 自分の性格は、他人に話さなくていい
  • 性格よりも目的に生きる
  • 自分がどうしても大切にしたい目的のために、仮面を上手に使っていこう

 

ウソをつくことは必要なことなのです。

目的のためならば。

だから大事なことは、「どうしても大切にしたい目的」を明確にすることですね。

目的に生きるようにしましょう。

 

ということで。

 

memo

「○○のために頑張っているんです」と、胸を張ろう。

「でも本当の自分は・・・」と思う必要はない。

大切なのは目的のほうであり、性格は自由に変化させられるもの。

心のバランスをとるために、「回復のための場所」を確保することを忘れずに。

201939

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です