嫌われる勇気って何?【幸せな人間関係を築く】9つのポイント

嫌われる勇気

「嫌われる勇気」は難しい。とりあえず9つのポイントだけ抑えてみましょう。


「嫌われる勇気」って、いったい何のために必要なの?


結論を言うと。

「嫌われる勇気」をもって積極的に人間関係を築き、人間関係の中で幸せを感じるため。



「人間関係は必要ない」ってことではなかったのが、初めて読んだときの衝撃でした。


むしろ。

人は、人間関係の中でしか幸せを感じない

それが、アドラーの主張。



けっこうグサッとくるよ。


けれども。

なんども読んでいるうちに、「自分に対する思い」も、「他者に対する思い」も、少しずつ変わってくることを実感します。

何より、「あきらめちゃいけない」と思い出させてもらえる。

やはり「嫌われる勇気」は必要ですね。



まずは、9つのポイントを抑えてみてください。


【これだけ抑えておこう】

嫌われる勇気

 

「嫌われる勇気」は、いわば人間関係の教科書のようなもの。

人間関係につまずいたときに、読んでみることをオススメします。

1.人生のタスク

3つの人間関係から逃げてはいけない

  1. 仕事
  2. 家庭
  3. 友人

逃げちゃダメだったの?


もちろん、パワハラやモラハラなどからは逃げるべきです。

そうではなく、「なんとなく人と付き合いたくない」という言い訳で、逃げてはいけないということ。


なぜならば。

本当は、「人間関係の中で幸せを感じたい」と望んでいるはずだから。

アドラーによる、幸せと不幸の定義

  • 幸せ自分を好きになること
    • 「私は誰かの役に立っている」という思い
    • 「私には価値がある」という思い
  • 不幸:自分を好きになれないこと
    • 「私は役立たずだ」という思い
    • 「私には価値がない」という思い

つまり。

私たちは、「誰かの役に立っている自分」にこそ、価値を感じるし。

「価値ある自分」が好きなんです。


逆にいえば。

「誰の役にも立ってない」と思うときに、不幸や苦しみを感じます。

 

人間にとって最大の不幸は、自分を好きになれないことです。この現実に対して、アドラーはきわめてシンプルな回答を用意しました。すなわち、「わたしは共同体にとって有益である」「わたしは誰かの役に立っている」という思いだけが、自らに価値があることを実感させてくれるのだと。

(「嫌われる勇気」)

 

「自分が嫌い」という気持ちのなかには、「どうせ役立たずな自分だ」という”スネ・ひがみ・あきらめ”がある。

「人間関係なんてどうでもいい」と、「言い訳」を始めてしまうんですね。

自分が一番、それは嘘だと気づいているはず。



嘘をつかずに、自分の課題に立ち向かう勇気

わたしのなすべきことは、自らの人生に嘘をつくことなく、自らの課題に立ち向かうことなのだ

(by 嫌われる勇気)

 

POINT
「嘘をつかない」がポイント。

言い訳は、すべて自分への嘘。

本当は、他人と幸せな関係を築きたいはず。



でも、人間関係って、やっぱり恐いよ。


だからこそ、まずは何よりも、「自己受容」。

自分を受け入れてこそ、ですよ。

2.自己受容

自己肯定よりも自己受容がいい

こんなこと、ありませんか?

  • 自己犠牲のように感じてしまう
  • 人に尽くせば尽くすほど、疲れ果ててしまう
  • 「もうできない」と思ってしまう

 

すぐに疲れ果てて、イヤになってしまうんだ。


疲れてしまう原因は、自分を受け入れてないから。

自己受容とは?

  • ありのままの自分を受け入れる
  • 「自分にできること」と「自分にはできないこと」を見極める

「いつわりのポジティブ」に苦しむ必要もないんです。

無理に自分を肯定するよりも、「これは自分にはできない」と受け入れたうえで、「できること」に集中すればいいんですよね。

 

アドラー心理学

 

「できる」と「できない」を、ちゃんと見極めればいいんだな。

 

「できもしないのに、できる」と無理する自己肯定ではなく。

できないことは率直に認める。

自己受容ができてこそ、「課題の分離」ができるようになります。

3.課題の分離

他人の期待に応えなくていい

「ここから先は自分の課題ではない」という境界線を知りましょう。そして他者の課題は切り捨てる。それが人生の荷物を軽くし、人生をシンプルなものにする第一歩です。

(by 嫌われる勇気)



いろんな人の課題を、背負い込んでいませんか?

  • 親に申し訳ない
  • パートナーの気持ちがわからない
  • 会社に迷惑がかかる
  • 上司に怒られてツラい
  • 自分がこんなことをしたら、あの人が悲しむ

そういう気持ちはすべて、「他人の課題」に踏み込んでいる証拠。

切り捨ててしまっていいんです。

だって、本人の問題だから。

薄情な人になりたくないんだけど……


「他人の課題を切り捨てる」と思うと、薄情で冷淡なように感じますよね。


実際は、むしろ逆なんです。

 

「いい人」のフリをして、「見返り」を求めているだけ

好意に応えているというより、見返りに縛られているだけです。相手がどんな働きかけをしてこようとも、自分のやるべきことを決めるのは自分なのです。

(by 嫌われる勇気)


親孝行でさえも、したくなければ、しなくていい。

「やりたくないのにやってる」と、どうしたって、「こんなにやってるのに」という気持ちになっていきます。

すると、相手を信頼することもできなくなりますよね。


だからこそ。

自分のやることは、自分の本音で、自分で決める。


そのほうがむしろ、他者を信頼できるようになっていくんです。

4.他者信頼

他者が味方になるから信頼できる

ありのままの自分を受け入れ、「自分にできること」と「自分にはできないこと」を見極めることさえできれば、裏切りが他者の課題であることも理解できるし、他者信頼に踏み込むこともむずかしくなくなるでしょう。

(by 嫌われる勇気)

 

  1. 自分を受け入れ、
  2. 「できること」「できないこと」を見極め、
  3. 「自分の課題」と「他者の課題」を切り離せば、
  4. 他者を信頼することができるようになる

 

でもやっぱり、「嫌われる」のは、自分に問題があるからじゃないのかな?

たとえ嫌われたとしても、それは自分の課題ではないんです。

相手の課題だから。


自分のやるべきことは、「相手を信頼しよう」と思うこと。

あるいは、「この人とは無理だ、離れよう」と決めること。

それしかないんですよね。



「自分のことを好きになるべきだ」「これだけ尽くしているのだから、好きにならないのはおかしい」と考えるのも、相手の課題に介入した見返り的な発想です。

(by 嫌われる勇気)

 

「……のに」って言葉が出てきたら、見返りを求めてるってことなんだな。

「課題の分離」と「他者信頼」を思い出さなきゃ。


なぜ、「見返り」はいらないかというと、「貢献できてるかどうか」は、自分で決めていいものだからです。

5.他者貢献

「自分は役に立っている」と自分で決めていい

他者貢献とは、「わたし」を捨てて誰かに尽くすことではなく、むしろ「わたし」の価値を実感するためにこそ、なされるものなのです。

(by 嫌われる勇気)

 

「貢献」って聞くと、なんだか苦しくなる。


なんとなく、「自分を犠牲にしなければならない」というイメージを抱いてしまいますよね。

そんなときこそ、「幸せの定義」を思い出してみましょう。

アドラーによる、幸せと不幸の定義

  • 幸せ自分を好きになること
    • 「私は誰かの役に立っている」という思い
    • 「私には価値がある」という思い
  • 不幸:自分を好きになれないこと
    • 「私は役立たずだ」という思い
    • 「私には価値がない」という思い

 

「貢献」とは、「自分を好きになるために」するもの。

「役に立っている自分」に価値を感じるからこそ、そんな自分をますます好きになる。

ますます自己受容ができる。


「こんな自分が好き」という気持ちにつながらないのであれば、間違った貢献かもしれませんよ。


でも、役に立っているかどうかなんて、わからないよ。


大丈夫。

「貢献できている」ことは、自分で決めてしまっていいのです。

貢献は主観でいい

「わたしは誰かの役に立っている」という主観的な感覚があれば、すなわち貢献感があれば、それでいい。それ以上の根拠を求める必要はない。貢献感のなかに、幸せを見出そう。

(by 幸せになる勇気)


だから、今すぐ・誰でも、貢献はできちゃうんです。

決めればいいだけですから。

これは、有り難いですよね。

6.共同体感覚

周りの人は「仲間」であって「敵」ではない

他者を仲間だとみなし、そこに「自分の居場所がある」と感じられることを、共同体感覚といいます。

(嫌われる勇気)

アドラーの掲げる人生目標には、2つあります。

  • 行動面の目標
    • 自立すること
    • 社会と調和して暮らせること
  • 心理面の目標
    • わたしには能力がある、という意識
    • 人々はわたしの仲間である、という意識

「行動と心」、2つを変えていくことが目標。

特に、周囲の人を「仲間」だと思うこと。

それを、「共同体感覚」と呼んでいます。


「仲間」なんて、思えない。

 

どうしてあなたが他者を「敵」だとみなし、「仲間」だと思えないのか。それは、勇気をくじかれたあなたが「人生のタスク」から逃げているせいです。

(嫌われる勇気)


人は誰もが、どこかで挫折しているものです。

  • 自分を受け入れてもらえなかった
  • いじめられた
  • 笑われた
  • 好きな人にフラれた

そんな経験が、無意識のなかに残っていて、勇気が出なくなってしまったんですね。

だからもう一度、「嫌われる勇気」をもって、「嫌われてもいいから関わっていこう」と思うこと。

周囲を仲間だと思うためには、それしかないんですね。

 

7.承認欲求の否定

「わたしの価値」は自分で決めていい

「人と違うこと」に価値を置くのではなく、「わたしであること」に価値を置くのです。それがほんとうの個性というものです。「わたしであること」を認めず、他者と自分を引き比べ、その「違い」ばかり際立たせようとするのは、他者を欺(あざむ)き、自分に嘘をつく生き方に他なりません。

(幸せになる勇気)

 

貢献と同じく、「承認」も、自分で承認してしまえばいいんですね。

誰かからの評価で生きていくのは、極端に言えば「奴隷」のようなもの。

自分の価値を自分で決めるって、なんだか怖いけど。

たしかに、他人に決められても納得はできないかもしれない。


私たちは、承認欲求を持ちつつも、実は、「他人からの評価で決められたこと」では満足できないのも事実。

勇気を出して、自分で決めてしまいましょう。

8.トラウマの否定

過去の意味は、自分で決めていい

われわれは過去の経験に「どのような意味を与えるか」によって、自らの生を決定している。人生とは誰かに与えられるものではなく、自ら選択するものであり、自分がどう生きるかを選ぶのは自分なのです。

(by 嫌われる勇気)

 

貢献・承認と同じく、「自分で決めていい」シリーズだな。

トラウマは、たしかにありますよね。

でも、その出来事を「トラウマ」だと決めたのは、やはり自分。

だから、新たな意味を生み出してしまえばいいのです。


コツは、過去に向かうのではなく、未来へ向かうこと。

未来へ進みやすくするために、過去のストーリーを変えてしまってもいいんです。

どっちみち、今のトラウマも、偏見でしかないですからね。

どうせなら「幸せな偏見」を作り上げてしまえば、いいですよ。

 

POINT
  • 自分は、貢献できている
  • 自分には、価値がある
  • 過去の出来事は、すべて意味があった

ぜんぶ自分で決めて、主観で進めばいい。

「自分は嫌われ者だ」ってことも、自分で決めちゃってるしな。

9.「今・ここ」に集中する

人生は「線」ではなく、「点」でしかない

過去にどんなことがあったかなど、あなたの「いま、ここ」にはなんの関係もないし、未来がどうであるかなど「いま、ここ」で考える問題ではない。「いま、ここ」を真剣に生きていたら、そんな言葉など出てこない。

(中略)

過去も見ないし、未来も見ない。完結した刹那を、ダンスするように生きるのです。誰かと競争する必要もなく、目的地もいりません。踊っていれば、どこかにたどり着くでしょう。

(嫌われる勇気)

 

ここを受け入れるには、「嫌われる勇気」と同じくらい、けっこうな勇気がいります。

人生は、「線」ではなく「点」だというのです。

ストーリーなんて、ないのだ、と。


小学生の頃に、「アリとキリギリス」の話を叩き込まれたせいか、無意識のうちに「将来に備える」という感覚ができているように思います。

もっと刹那的でいいかもしれないですね。


自分を受け入れ、他者と向き合い、「今」に集中する。

これが、アドラー哲学です。

まとめ

  1. 人生のタスク
    • 1:仕事、2:家庭、3:友人
    • 逃げてはいけない
  2. 自己受容
    • まずは自分を受け入れてから努力する
    • 自己受容しないと、自己犠牲になるから
  3. 課題の分離
    • 私は私、他人は他人
    • 踏み込まないし、踏み込ませない
  4. 他者信頼
    • 課題の分離ができれば信頼できる
    • 他者が味方になる
  5. 他者貢献
    • 味方だから貢献したくなる
    • 敵には貢献しない
  6. 共同体感覚
    • 所属欲求は、人間の本能
    • 本能に従ったほうが幸せを感じる
  7. 承認欲求の否定
    • 自分で自分を承認する
    • 他者からの評価には左右されない
  8. トラウマの否定
    • 原因は過去にはない
    • 未来の目的に生きる
  9. 「今・ここ」に集中
    • 幸せになりたければ「今を生きる」こと

 

アドラーの掲げる人生目標

  • 行動面の目標
    • 自立すること
    • 社会と調和して暮らせること
  • 心理面の目標
    • わたしには能力がある、という意識
    • 人々はわたしの仲間である、という意識

 

貢献感のなかに、幸せを見出そう。貢献感のなかに、喜びを見出そう。

われわれは仕事の関係を通じて、自分が誰かの役に立っていることを実感するでしょう。われわれは交友の関係を通じて、自分が誰かの役に立っていることを実感するでしょう。だとすれば、幸せはそこにあるのです。

(幸せになる勇気)

 

「嫌われる勇気」は、難しいですが、ことあるごとに思い出すと、やっぱりそうだなと思えてきます。

いちど読んだからといって身につくわけではなく、なんども読み返して、なんども思い出すことがオススメですよ。

なんどもなんども、勇気を出していくしかないよね。
課題の分離アドラー心理学【課題の分離3つのコツで】人間関係は激変する

 

 

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です