アドラー心理学【貢献感】承認欲求から解放されたければ貢献をやめるべし

アドラー心理学

貢献なんて、しなくていい。

したくもない貢献をしていても、自分を嫌いになるだけだから。

 

私たちにできることは、「自分は貢献できてるんだ」と自分で感じることだけ。

それが「貢献感」です。

すると、承認欲求からは解放され、自分を好きになることができます。

 

貢献よりも、貢献感。

さて、どういうことでしょうか。

「貢献」は、自分を好きになる手段

自分を好きになる方法
  • 「自分は役立たずではない」と思うこと
  • 「たしかに誰かの役に立てている」と思うこと
  • 貢献感をもつこと

たしかに誰かの役に立てている、と思うために

自分を好きになるための積極的な方法は、自分が役立たずではなく、たしかに誰かの役に立てていると思え、貢献感を持てる時だけ。

(アドラー 人生を生き抜く心理学)

 

アドラーの教えのキーワードは、「役に立つ」

すなわち、「貢献」です。

 

人は、「誰かの役に立っていること」を実感できたときにだけ、自分の居場所を感じるし。

「自分は生きてていい」と思えるし。

そんな自分を好きでいられるのです。

 

だからこそ、対人関係に踏み込むことが、幸せの秘訣

「誰かの」役に立つことが、自分の幸せです。

でも、対人関係から逃げている限り、「役に立つ」という実感ができない。

だから、人間関係とは、私たちが幸せになるために向き合うべき、人生のタスク(課題)だというのです。

 

でも、貢献なんて、したくないんだよ。

 

貢献なんて、したくない?

「貢献したくない」と思うのは、「自己犠牲になるのではないか」という反発心と恐怖心からですね。

「自分だけが損をするのでは?」と、怖くなってしまうんです。

 

「自己犠牲」だと感じている時点で、それは「貢献」ではない

  • 損をしてる気がする
  • 「なぜ自分だけが……?」とグチが出る

つまり、「これをやってる自分が嫌い」という状態ですね。

 

「貢献」は、「自分を好きになるために」することなので、「こんな自分が嫌い」と感じることであるならば、やらなくていいのです。

 

選択の基準は常に、「こんな自分が好き」と思えること

1
貢献感
  • 「自分は誰かの役に立てている」と思える

[こんな自分が好き]

2
生きる価値
  • 「自分には価値がある」と思える
    • 「何ができるか」は関係ない
    • いるだけで価値がある

[こんな自分が好き]

3
自己受容
  • 劣等感も承認欲求も消える

[こんな自分が好き]

4
嫌われる勇気
  • 対人関係に踏み出せる

[こんな自分が好き]

5
所属感
  • 「ここにいてもいい」と思える
  • 自分の居場所がある

[こんな自分が好き]

 

「何をすれば」自分を好きになれるかというよりも、ひとつひとつの過程において、「こんな自分が好きだな」と感じられることが大事です。

そうすると、ささいなことにも幸せを感じられる自分になっていきます。

 

でも、貢献なんて「余計なお世話」だし、「ありがた迷惑」だよ。

迷惑をかけたくないから、やらないんだ。

 

貢献は、あくまでも主観。「貢献感」でいいんです。

「貢献」よりも、「貢献感」

われわれは自分のおこないがほんとうに役立っているのかについて、知る術(すべ)を持ってません。たとえ目の前に喜んでくれる人がいたとしても、それが「ほんとうに」喜んでいるのかは、原理的にわかりえないわけです。

そこで浮かび上がるのが、貢献感という言葉です。「わたしは誰かの役に立っている」という主観的な感覚があれば、すなわち貢献感があれば、それでいい。それ以上の根拠を求める必要はない。

(幸せになる勇気)

主観的な感覚でいい

「貢献」の中身を見きわめることは、難しい

たしかに、「余計なお世話」かもしれない。

「ありがた迷惑」かもしれない。

「独りよがりの押しつけ」かもしれないし、「独善」なのかもしれない。

考えていたらキリがありません。

何をやっても、裏目に出るかもしれないのです。

 

POINT
だからといって、「貢献しない」という選択をすることは、自分を好きになることの放棄になる。

 

だからこそ「主観」です。

 

自分で決めていい

ユダヤ教の教えに、こんな言葉があります。「自分が自分のために自分の人生を生きていないのであれば、いったい誰が自分のために生きてくれるだろうか」と。(中略)

われわれは、究極的には「わたし」のことを考えて生きている。そう考えてはいけない理由はありません。

(嫌われる勇気)

 

たとえ、「独りよがり」だと誰かに言われたとしても。

貢献できている喜びを、自分が感じられるなら、それでいいのです。

すべては主観。

だから、「貢献」ではなく、「貢献感」が大事なのです。

 

ちょっとマメ知識

アドラーはユダヤ人。

だから、「ユダヤ教」の教えが根底にあります。

 

根拠を求める必要はない

人間関係は、「信頼」関係

「信頼」とは、無条件に信じることでり、そもそも根拠がありません。

人間関係とは、「無条件・根拠ナシ」なのです。

 

根拠が必要な「信」は、「信用」。

ビジネスなら「信用」ですね。

でも、人間関係は「信頼」です。

 

だから。

根拠なんて、何もいらない

 

貢献できてるかどうかに、根拠は必要ないんです。

自分の主観で決める。

無条件に信じる。

そもそも人間関係とは、それでいいのではないでしょうか。

 

POINT

「本当に貢献できているのだろうか?」と不安になるのは、根拠をほしがっているということ。

根拠が必要な関係だとしたら……

そもそもの関係性を疑ってみたほうが、いいかも?

 

相手の課題に介入しない

あなたの貢献が役立っているかどうかを判断するのは、あなたではありません。それは他者の課題であって、あなたが介入できる問題ではない。ほんとうに貢献できたかどうかなど、原理的にわかりえない。

(嫌われる勇気)

 

これは相手の課題

相手が、本当に喜ぶかどうか。

相手が、私に感謝するかどうか。

 

不安になったとしても。

相手の気持ちは相手の課題であって、私の課題ではない。

私にできることは、「私の課題」のみ。

 

だから、すべてスルーしてしまうことです。

相手がどう思っていようと。

 

私が今、集中すべきは、「私の課題」に関すること

 

もちろん、「相手に聞いてみたい」と思ったら、「聞く」というのが「私の課題」になります。

相手の課題に介入はできないけれど、相手の意思を確認することは、できるんです。

 

「余計なお世話」かどうかも、確認してみればいいのか。

 

つまり、貢献感をもつと……

「他人の目」を気にしてビクビクする必要がなくなる

 

「承認欲求から解放される」ことが、一番の幸せかもしれませんね。

承認欲求からの解放

承認欲求の五段階

1
称賛の要求

[すべての問題の入り口]

  • 目的:ほめてもらうこと
  • 行動:「いい子」を演じる、やる気や従順さをアピールする等
2
注目喚起

[ほめられないから、注目を集めようとする]

  • 目的:目立つこと
  • 行動:悪いことをする、「できない子」として振る舞う等
3
権力争い

[注目を得られないことで、争いに入る]

  • 目的:自分の力を誇示すること
  • 行動:反抗する、無視する等
4
復讐(憎しみを求める)

[争うことをあきらめ、相手が嫌がることを繰り返す]

  • 目的:愛してくれなかった人への復讐
  • 行動:ストーカー、自傷行為、引きこもり等

 

※この段階から、専門家への相談が必要なレベルになる

5
無能の証明

[これ以上の絶望を味わいたくなくて、課題から逃げる]

  • 目的:見捨ててもらうこと
  • 行動:無気力になり、愚か者を演じる等

 

承認欲求とは、「ほめられて、うれしい」という、ささやかな気持ちではありません。

人生をかけてでも、承認を手に入れたいという、すさまじいまでの執念。

心を病んでしまうのも、究極は、自分の承認欲求が原因です。

だから、承認欲求から解放されるほど、自由に生きられるようになります。

 

その秘訣こそ、「貢献感」。

 

貢献感をもつと、他者からの承認がいらなくなる

もし、ほんとうに貢献感が持てているのなら、他者からの承認はいらなくなります。わざわざ他者から認めてもらうまでもなく、「わたしは誰かの役に立っている」と実感できているのですから。つまり、承認欲求にとらわれている人は、いまだ共同体感覚を持てておらず、自己受容や他者信頼、他者貢献ができていないのです。

(嫌われる勇気)

 

「自分は役に立っている」と、自分の主観で感じているから、承認が必要なくなるんですね。

そして、主観で決めていい理由とは、貢献する相手を信頼しているからです。

信頼しているから、根拠はいらなくなるのです。

 

承認欲求は「捨てなきゃいけない」ものじゃない

もつ必要が、なくなってしまうのです。

 

運転免許のない人には車が必要ないのと同じように。

「あげる」と言われても、必要がないんです。

 

なぜなら、自分の主観で決められるから。

すなわち「自己受容」です。

 

そして、根拠がいらないから。

すなわち「他者信頼」です。

 

承認欲求を捨てるために苦しむものではない

過度の承認欲求で苦しむ人は、「承認欲求を捨てなきゃいけない」ということでも苦しみます。

でも。

悩むべきは「承認欲求」をどうすべきか、ではありません。

 

自分を受け入れること。

他者を信頼すること。

 

「承認欲求」は、あくまで表面に浮かんできた泡のようなもの。

泡を吹いている根源を見ていくことが重要なのであって、「捨てなきゃ」といって、捨てられるものではありませんね。

 

「貢献感」も同じ。

もたなきゃいけないものでは、ない。

 

貢献感は誰かから与えられるものでなく、ただ自分が感じるものであって、貢献感を持つことを誰かから強制されるようなものではない。

(アドラーに学ぶよく生きるために働くということ)

 

だから、貢献できているかどうかも、誰かに言われることではないのです。

まとめ

貢献感をもつようになると、こうなります。

  • 自己受容できる
  • 自己承認できる
  • 承認欲求から解放される
  • 自分の居場所が見つかる
  • そんな自分を好きになる

 

貢献感は主観なので、実際にどうかを気にする必要はありません。

もちろん、相手に確認をしてみたり、フィードバックを得たり、自分の行動を修正したり、ということが大事なのは前提のうえで、ですが。

 

それでも。

最終的には、自分が感じていればいいことになります。

自分の人生ですから。

 

それにしても、「独りよがり」だとか、「独善」だとかいう意見が、なぜ出てくるのでしょうか。

 

思うに、日本の場合は、「察する文化」と、「出る杭は打たれる」「長いものには巻かれろ」という精神が、色濃く出ているような気がしてなりません。

 

何も言わなくても、「きちんと察するべきである」という理想が高い。

だから、察してくれなかったときには「余計なお世話」と文句を言う。

でも、「察してくれたお世話」ならば、大歓迎なんです。

「サプライズ」は喜びます。

ただし、それも、気持ちを正確に察したうえでのサプライズを求める。

「言わなくもわかるでしょ」と。

 

そして、「出る杭は打たれる」儀式。

一人だけ素晴らしい貢献をして、みんなから感謝されてる人がいるのは、許せない。

だから、「独善」だという、もっともらしい意見で批判をする。

さも、批判する側が正しく、批判される側(=貢献している人)が悪であるかのように。

これは本当に怖いことです。

いいことをしている人が、「自分は間違ってたのかな」と思ってしまうわけですから。

 

また、「ありがた迷惑」という意見が出るのも、日本っぽい。

「そうじゃなくて、こうしてほしい」と、面と向かって言えない弱さがあります。

直接は言わずに、陰で言う。

 

「言えばいいのに」とは、誰もが感じたことがあるでしょう。

でもその反面、いざ自分が受ける番になると、やはり「察してよ」とか、「ありがた迷惑だ」とか思うわけです。

 

だから。

「貢献感は主観でいい」というのは、逆に自分自身も、「察してよ」と求めることをやめ、きちんと意思表明をし、感謝されてる人を叩かない。

そんな生き方を、心がけることではないでしょうか。

「嫌われない生き方」をやめることには、やはり「勇気」が必要です。

 

けれども、「自分にはできない」とあきらめない。

アドラーの掲げる目標は、「わたしには能力がある、と思うこと」です。

実際にできるか・できないかを問うのではなく、そういう意識をもつことを目指すのです。

 

アドラーの掲げる人生目標

  • 行動面の目標
    • 自立すること
    • 社会と調和して暮らせること
  • 心理面の目標
    • わたしには能力がある、という意識
    • 人々はわたしの仲間である、という意識

 

ともあれ、「承認欲求」はやはり苦しいもの。

貢献ではなく、貢献感をもちたいですね。

 

貢献感のなかに、幸せを見出そう。貢献感のなかに、喜びを見出そう。

われわれは仕事の関係を通じて、自分が誰かの役に立っていることを実感するでしょう。われわれは交友の関係を通じて、自分が誰かの役に立っていることを実感するでしょう。だとすれば、幸せはそこにあるのです。

(幸せになる勇気)

 

ということで。

 

今日の問いかけ
  • 「誰も感謝してくれない」と、嘆いているのはなぜだろう?
  • 実は、やりたくもない貢献を、してないか?
  • それをやることで、自分を好きになれているだろうか?

 

関連記事

ハーバード大学の心理学講義自分の人生に【他人の評価や承認は必要ない】誰もわかってくれない寂しさの解消法 嫌われる勇気アドラー心理学【嫌われる勇気とは?】人間関係は自分を好きになるための課題 アドラー心理学アドラー心理学【目的論】今を生きれば「やりたいこと」は見つかる|トラウマに負ければ勝ち アドラー心理学アドラー心理学【あなたは絶対に変われる】過去は関係ない アドラー心理学自己肯定は成長の邪魔になる【ありのままの自分を認めよう】アドラー心理学 アドラー心理学アドラー心理学【課題の分離で】人間関係は激変する アドラー心理学アドラー心理学【信頼と貢献】人間関係が築けないのは、味方だと思えてないから 嫌われる勇気アドラー心理学【共同体感覚】本当に自分を好きになるために必要なこと

 

参考図書

1 COMMENT

だったらいっそ甘えてしまえ | ふりら@夢活部 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です