【幸せになる勇気】なぜアドラー心理学は難しいのか?

幸せになる勇気

嫌われる勇気」を最初に読んだときは、難しいなと感じました。

大ベストセラーである理由も、わかりませんでした。

本当にこれを実践できている人がいるのだろうか、と。

 

自分勝手でいいという内容ではなかったぞ

 

続編の「幸せになる勇気」を読んで、その違和感が少しほぐれました。

次のようなことが書いてあったからです。

 

もしもアドラーの思想に触れ、即座に感激し、「生きることが楽になった」と言っている人がいれば、その人はアドラーを大きく誤解しています。アドラーがわれわれに要求することの内実を理解すれば、その厳しさに身を震わせることになるはずですから。

 

やはり、アドラー心理学は難しいのです。

 

なぜ、難しいか?

 

ひとことで言うと、「愛される生き方」から「愛する生き方」への転換を説いているからだと思います。

そして、「ほめられること」は求めないという、「承認欲求の否定」。

 

さて、そんな生き方を、選択できるでしょうか。

 

 

アドラー心理学

私たちは、なぜ不幸なのか

これはちょっと、衝撃的な事実。

私たちは、口では「幸せになりたい」と言いつつも。

実は。

「不幸になること」を積極的に選んでいる場合が多いのだといいます。

 

「不幸を感じている」のではなく、「不幸になるために」行動している

 

つまり、「幸せになる勇気」がないのだ、と。

 

不幸になるための行動 = 問題行動には5段階あります。

必ず、1から順番に歩んでいきます。

 

アドラー心理学

問題行動の5段階

1
称賛の要求

[すべての問題の入り口]

  • 目的:ほめてもらうこと
  • 行動:「いい子」を演じる、やる気や従順さをアピールする等
2
注目喚起

[ほめられないから、注目を集めようとする]

  • 目的:目立つこと
  • 行動:悪いことをする、「できない子」として振る舞う等
3
権力争い

[注目を得られないことで、争いに入る]

  • 目的:自分の力を誇示すること
  • 行動:反抗する、無視する等
4
復讐(憎しみを求める)

[争うことをあきらめ、相手が嫌がることを繰り返す]

  • 目的:愛してくれなかった人への復讐
  • 行動:ストーカー、自傷行為、引きこもり等

 

※この段階から、専門家への相談が必要なレベルになる

5
無能の証明

[これ以上の絶望を味わいたくなくて、課題から逃げる]

  • 目的:見捨ててもらうこと
  • 行動:無気力になり、愚か者を演じる等

 

「称賛」「注目」「権力争い」までは、自己アピール段階

5つのうち、3段階目までは、自己アピール段階。

ここまでなら、周囲のサポートで改善できるとされます。

いい友人や先輩に出会えれば、軌道修正ができます。

 

「復讐」「無能の証明」になると、専門家が必要な段階

愛が復讐に変わってしまうと、周囲のサポートだけでは難しいとされます。

専門家の力が必要。

「ウツの人を激励するのは逆効果」だとも、よくいいますよね。

知識のない人がむやみに励ますのは、危険なのです。

 

「気の持ちよう」というレベルでは、ありません。

「大したことない」と思わず、きちんと専門家に相談し、「治療」として取り組むべきです。

 

5段階のすべてに貫かれているのが、承認欲求

「こんな私を、誰か承認して」という思い。

もっと言うと、「特別なわたし」でいたいという願い。

 

最初は、「ほめられたい」気持ちからスタートし、どんどんエスカレートしていく。

 

だからアドラー心理学では、「承認欲求」を否定するのです。

 

他者からの承認ではなく、「自己承認」をする

専門家が必要なレベルになる前に、軌道修正しなければなりません。

そのためには、他者からの承認に依存するのではなく、自己承認に切り替えるのです。

 

え?

でもやっぱり、誰かにほめられたい……

 

私たちはなぜ、他者に「ほめられたい」と思うのでしょうか。

 

根源的な欲求は、「所属感」

アドラー心理学では、人間の抱えるもっとも根源的な欲求は、「所属感」だと考えます。つまり、孤立したくない。「ここにいてもいいんだ」と実感したい。孤立は社会的な死につながり、やがて生物的な死にもつながるのですから。では、どうすれば所属感を得られるのか?

……共同体のなかで、特別な地位を得ることです。「その他大勢」にならないことです。

 

所属感とは、「居場所がほしい」という欲求

私たちは常に、他者の中での「自分の居場所」を求めます。

それが、「所属感」というもの。

 

その所属感が、次のような欲求を引き起こします。

  • 「その他大勢」になりたくない
  • 「特別なわたし」でいたい

 

「その他大勢」にならないために、「特別なわたし」でいるために、ほめられたいし、注目を集めたいし、権力を持ちたい

 

その根底には、一貫した思いがあります。

  • もっと私を尊重してほしい
  • もっと私を愛してほしい

 

私たちは、自分を尊重されたいし、愛されたい。

それを、強く激しく、求めています。 

そのためなら何でもする。

 

注意すべきは、「いい子」でいることや、社会的な成功を目指すことさえも、「特別な地位を得たい」という問題行動である可能性があることです。

典型的なのが、「ワーカホリック」。

仕事を頑張ることでしか、自分は愛されないと思っているから。

あるいは、「いい子」でいないと、愛されないと思っているから。

 

でも、「愛されたい」と思うのは、そんなにダメなの……?

 

なんと。

「愛されたい」というのは、「甘えた子どもの生き方」であるといいます。

子どもは、「愛されるためのライフスタイル」を選択する

かつては、親を支配することでしか生きられなかった

子どもたちは、自活することができない。泣くこと、つまり己(おのれ)の弱さをアピールすることによって周囲の大人を支配し、自分の望みどおりに動いてもらわないと、明日の命さえ危うい。彼らは甘えやわがままで泣いているのではない。

 

子どもは、親がいないと生きていけません。

だから、「どうすれば、親に見捨てられないか」を、ひとつひとつ学習しているといいます。

 

泣きわめけば、親は自分の望みを叶えてくれる。

そして、愛されれば、親は自分を見捨てないことを知る。

 

では、「どうすれば、もっと愛されるのか?」

愛されるための行動を、常に試行錯誤するようになる。

そうして、自分なりの「愛されるためのライフスタイル」を形成していくのです。

 

ライフスタイルとは
見方・考え方のクセのこと。

性格とは違い、自分で選びとっているもの。

 

どんな自分なら愛されるかを基準に、ライフスタイルを選択する

子どもは、非常に優れた観察者です。自らの置かれた環境を考え、両親の性格・性向を見極め、兄弟がいればその位置関係を測り、それぞれの性格を考慮し、どんな「わたし」であれば愛されるのかを考えた上で、自らのライフスタイルを選択します。

たとえばここから、親の言いつけに従順な「いい子」のライフスタイルを選ぶ子どももいるでしょう。あるいは逆に、事あるごとに反発し、拒絶し、反抗する、「わるい子」のライフスタイルを選ぶ子どももいるでしょう。

 

子どもは、すごい観察力を発揮しているのです。

  • 自ら置かれた環境を考える
  • 両親の性格を見きわめる
  • 兄弟の位置関係を検討する
  • 家族全員の性格を考える

 

じっくりと観察を重ねたうえで、どんな自分でいれば愛されるのかを考え、ライフスタイルを選択する。

 

だから、泣き虫なのも、反発心が強いのも、無口になるのも。

性格ではなく、「愛されるために」自ら選びとったライフスタイルだといいます。

 

生きていくためには、自分が「世界の中心」に立たなければならないため、どこまでも、自己中心的になります。

 

子どもの目的は、「世界の中心」に立つこと

「愛されるためのライフスタイル」とは、いかにすれば他者からの注目を集め、いかにすれば「世界の中心」に立てるかを模索する、どこまでも自己中心的なライフスタイルなのです。

 

子どもは、親に保護してもらわないと生きられないもの。

だから必然的に、「愛されること」「自分が世界の中心に立つこと」が、生きる戦略となります。

 

注目を集めないと生きられないからであって、決して、甘えやワガママではなかったのです。

 

子どものワガママは、戦略だったのか。

 

子どもは、それでいいのです。

そうしないと生きていけないから。

 

でも、大人になったら、ライフスタイルを再び選択し直さなければならないのです。

 

大人になったら、「自分は世界の一部」だと了解しなければならない

すべての人間は、過剰なほどの「自己中心性」から出発する。そうでなくては生きていけない。しかしながら、いつまでも「世界の中心」に君臨することはできない。世界と和解し、自分は世界の一部なのだと了解しなければならない。

 

「自分は世界の一部」って、どういう意味だ?

 

それは、「愛される」ではなく、「愛する」への転換です。

「愛されるライフスタイル」から、「愛するライフスタイル」へ転換する

「世界の中心」をやめることが、自己中心性からの脱却

われわれは頑迷なる自己中心性から抜け出し、「世界の中心」であることをやめなければならない。「わたし」から脱却しなければならない。甘やかされた子ども時代のライフスタイルから、脱却しなければならないのです。

 

「世界の中心」であることをやめる

つまり、「世界の一部」であることを認めること。

具体的には……

  • 「その他大勢」であることを受け入れる
  • 「特別なわたし」を、あきらめる

 

え……

「その他大勢」だなんて、イヤだよ。

 

「その他大勢でいたくない」「特別な存在でいたい」のは、「普通である勇気」が足りないからだといいます。

 

ありのままの、普通の私でいい

「普通であることの勇気」が足りていないのでしょう。ありのままでいいのです。「特別」な存在にならずとも、優れていなくても、あなたの居場所はそこにあります。平凡なる自分を、「その他大勢」としての自分を受け入れましょう。

 

  • ありのままでいい
  • 特別じゃなくていい
  • 優れていなくていい
  • 平凡でいい
  • その他大勢でいい

 

それでも、自分の居場所はある

 

それが、大人の生き方であり、「自立」。

自分が中心ではないことを知るのです。

 

そのためには、「愛される」のではなく、「愛する」を選択することだといいます。

 

愛されるのを待つのではなく、自分から誰かを愛する

与えられる愛の支配から抜け出すには、自らの愛を持つ以外にありません。愛すること。愛されるのを待つのではなく、運命を待つのでもなく、自らの意思で誰かを愛すること。それしかないのです。

 

「愛されたい」「ほめられたい」とは、愛を与えられるのを待つ状態ですよね。

愛を待つという、自己中心的なライフスタイルから抜け出すには、「愛される」のではなく、「愛する」こと。

 

「愛しかない」というのが、「幸せになる勇気」の結論なのです。

 

誰かを愛しても、裏切られるし、傷つくだけだよ……

 

そこが、アドラー心理学の実践の難しさです。

 

「愛すること」は、厳しく、困難で、勇気が試される

アドラーの語る「愛」ほど厳しく、困難で、勇気を試される課題はありません。その一方で、アドラーを理解するための階段は、「愛」に踏み出すことで得られます。いや、そこにしかないといっても過言ではないでしょう。

 

「愛すること」は、厳しく、困難。

傷つきたくないからです。

 

しかし、「愛されること」だけを求めるのも、とても苦しく、困難な道。

本当の幸せを感じることができないからですね。

 

だからこそ。

嫌われることも覚悟しつつ、「愛すること」に踏み出すこと。

それが、「幸せになる勇気」なのだというのです。

 

愛とか勇気とか、やっぱり難しい……

まとめ

共同体のなかでどのように生きるべきなのか。他者とどのように関わればいいのか。どうすればその共同体に自分の居場所を見出すことができるのか。「わたし」を知り、「あなた」を知ること。人間の本性を知り、人間としての在(あ)り方を理解すること。

 

アドラーは、「すべての悩みは、対人関係の悩みである」と言っています。

そして、「すべての喜びもまた、対人関係の喜びである」とも言っています。

 

つまり私たちは、人間関係の中でしか幸せになれないのだというのです。

具体的には、人間関係の中で、「自分の居場所を見つけること」。

 

問題は、どのように振る舞えば「居場所が見つかるか」を、私たちは教わったことがないという事実です。

 

子どもの頃の判断は、どこまでも「自己中心的」。

それは、生きるためには必然だった。

その当時では、賢明な選択でした。

 

でも、大人になっても同じやり方で生きていては、どうも、うまくいかない。

そのことを誰もが感じつつも、「じゃあ、どうしたらいいの?」ということが、わからない。

知らないからです。

 

そして、知ったとしても、なかなか受け入れられない。

「三つ子の魂百まで」というように、子どもの頃の選択を捨てることが、難しいのです。

 

いつまでも、「特別なわたし」でいたいから。

 

「特別なわたし」とは、心配され、愛されることで、周囲をコントロールする存在。

そうすることでしか、自分の価値を証明できないと思っている、「子どものわたし」です。

 

多くの大人たちもまた、自分の弱さや不幸、傷、不遇なる環境、そしてトラウマを「武器」として、他者をコントロールしようと目論(もくろ)みます。心配させ、言動を束縛し、支配しようとするのです。

そんな大人たちをアドラーは「甘やかされた子ども」と断じ、そのライフスタイル(世界観)を厳しく批判しました。

 

幸せになれない人は、不幸であることで特別になろうとする。

トラウマを抱えた自分で、特別になろうとする。

傷や弱さで、特別になろうとする。

 

「特別なわたし」を手放せないだけです。

 

それがアドラーの言う、トラウマも傷も弱さも、すべては言い訳にすぎないという意味。

だから、弱い人にとっては、ちょっと厳しく感じてしまいますね。

 

さて、トラウマを否定し、承認欲求を否定し、「甘えた子ども」を脱却したいでしょうか。

トラウマも傷も、言い訳であることを認め、「愛するライフスタイル」を選択したいでしょうか。

 

選択するのは、あくまでも自分。

 

ただし。

問題行動の5段階で見たように、症状が重くなってる場合は、ぜひ、専門家を頼ってください。

自分で選択することが苦しくなる場合は、「自分で決めなきゃ」と、思わなくてもいいのです。

 

ということで。

 

今日の問いかけ
  • 自分は、問題行動の5段階のうち、どのレベルにいるだろう?
  • 「愛されるため」ではなく、「愛する」とはどういうことだろう?
  • ライフスタイルを再選択する勇気は、出せるだろうか?

 

嫌われる勇気

  1. 人生のタスク(人間関係)
  2. 目的論(トラウマの否定)
  3. 自己受容
  4. 課題の分離
  5. 他者信頼と他者貢献
  6. 共同体感覚
  7. 承認欲求ではなく貢献感

 

関連記事

嫌われる勇気アドラー心理学【嫌われる勇気とは?】人間関係は自分を好きになるための課題 7つの習慣7つの習慣【自立と相互依存】一流の人が読んでいる、人格形成のための必読書|本当に自分を好きになる習慣 自助論自助論 by スマイルズ【究極の自己完成】自分を助けられる人は自分しかいない「天は自ら助くる者を助く」 エマソンエマソン【幸せは意図的に】得るものではない|なぜ無理するの?

 

参考図書

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です