アドラー心理学【あなたは絶対に変われる】過去は関係ない

アドラー心理学

「変わる」という決心さえあれば、変われるんだよ。

過去は関係ない。

 

アドラー

アドラー心理学

アドラー心理学

アドラー心理学

アドラー心理学

アドラー心理学

アドラー心理学

アドラー心理学

 

アドラー心理学

アドラー心理学

 

 

自分を変えるとは、「寝グセ」を直すようなもの。

ヘアスタイルを整えるように、ライフスタイルを整えてみましょう。

 

ライフスタイル」とは、自分の考え方のクセ、世界を見る見方のこと。

7つの習慣」の、「パラダイム」と同じ意味です。

 

 

ライフスタイルとは
  • 自己概念:自分がどんなふうであるかの意味づけ
  • 世界像:他者と世界が、自分にとってどうであるかの意味づけ
  • 自己理想:自分はどうあるべきかのイメージ、目標

 

つまり。

自分・他者・世界を見る、自分の「思考のクセ」のこと

 

「可能性」にしか関心がない

「もしも何々だったら」と可能性のなかに生きているうちは、変わることなどできません。なぜなら、あなたは変わらない自分への言い訳として「もしもYのような人間になれたら」といっているのですから。

 

可能性のなかに生きてませんか?

  • もしも恋人がいれば、……できる
  • もしも結婚していれば、……できる
  • もしも金持ちならば、……できる
  • もしも容姿端麗ならば、……できる
  • もしもトラウマがなければ、……できる
  • もしもあのとき○○していれば、……だったはず

 

すべては、「もしも」。

空想の世界。

 

今のライフスタイルを「やめる決心」をする

あなたがいま、いちばん最初にやるべきことはなにか。それは「いまのライフスタイルをやめる」という決心です。

 

決心

この一言につきます。

 

断罪はしない

断罪しているのではありません。むしろ、アドラーの目的論は「これまでの人生になにがあったとしても、今後の人生をどう生きるかについてなんの影響もない」といっているのです。自分の人生を決めるのは、「いま、ここ」に生きるあなたなのだ、と。

 

変わろうと思うときに障害となるもの。

それは。

「なぜ、今までの自分はできなかったのか?」という思い。

 

今までの自分を責めてしまうことですね。

 

でも、過去を断罪することではない。

今を見て、今、決心をする勇気をもつこと。

 

勇気を出して、「これから」を見よう。

 

関連記事

神メンタル強くなるためには何と戦えばいいのか【現状維持は衰退】神メンタルを手に入れよう ハーバード大学の心理学講義自分の人生に【他人の評価や承認は必要ない】誰もわかってくれない寂しさの解消法 嫌われる勇気アドラー心理学【嫌われる勇気とは?】人間関係は自分を好きになるための課題 7つの習慣7つの習慣【自立と相互依存】一流の人が読んでいる、人格形成のための必読書|本当に自分を好きになる習慣 2日で人生が変わる「箱」の法則 人間関係のモヤモヤを解決するために箱の法則【自己正当化をやめると】生きる目的とコミュニケーションが変わる 自分の小さな「箱」から脱出する方法箱の法則とは【嫌な人がいなくなる法則】人間関係の悩みが消える 変化できる人変わりたいのに変われないと思ったら【変化を嫌う人は誰もいない】

 

参考図書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です