嫌な人がいなくなる【箱の法則】人間関係の悩みを解決する第一歩目は何か?

自分の小さな箱から脱出する方法

箱からの脱出

 

「君は周りの人のことを、『我慢』しなくてはならない存在だと思っていないだろうか。

正直いって、こんな部下にまとわりつかれていたのでは、そうとう頑張らないと、管理職としての成功はおぼつかない、と感じているんじゃないか」

(by 自分の小さな「箱」から脱出する方法)

 

上司も我慢ならないし、親も我慢ならない……

いつも自分ばかりが、ヒドい目にあうんだ。

 

部下のこと、上司のこと、親やパートナーのこと。

「我慢しなくてはならない存在」だと思っていませんか?

 

その理由は、2つ。

  1. 自分への裏切り
  2. 自己正当化

 

自分を裏切った瞬間、自己正当化が始まるから。

 

「相手が我慢ならない存在」なのではなく、自分が「自己正当化」を繰り返していることが原因です。

 

「自己正当化」さえやめれば、イヤな人はいなくなる。

それが、「箱の法則」。

 

自分を狭い空間に閉じ込めておく「箱」

自分の心が閉じているとき。

自分が狭い空間に閉じこもっている感覚がしますよね。

それが、「箱」。

 

「箱の外」では、自分の心が開いている

箱の外にいる状態
  • 相手を、自分と同じ「人」と見ている
  • 相手には、希望もニーズもあることを理解している
  • コミュニケーションの目的は、わかりあうこと

 

そりゃ、相手を「人」だと思っているつもりだけど……。

 

さて、本当に「相手も同じ人間だ」と思っているでしょうか。

「箱の中」では、自分の心が閉じている

箱の中にいる状態
  • 相手を、「物」(道具)と見ている
  • 相手を、驚異、やっかい者、問題児として見ている
  • コミュニケーションの目的は、「自己正当化」

 

箱の中にいると物事がちゃんと見えなくなる。自分や他の人のことをありのままに見ることができなくなって、自分が求めているものすら、わからなくなるの。

(by 自分の小さな「箱」から脱出する方法)

 

こんなふうに感じているなら、箱の中にいるのかも?

  • 自分が何をやりたいのか、わからない
  • どうせ自分なんて……
  • アイツは、◯◯な奴だ
  • 相手の欠点を見つけては喜ぶ
  • 相手の成功をねたむ
  • 思い込みが激しい

 

「箱の中」にいると、他人をねたんでしまうし、自分が何をやりたいのかも、わからなくなるんです。

「自分の正しさ」アピールで、忙しくなるからですね。

 

自分は「箱の中」だったのかな……

どうしたらいいんだ?

今すぐ、相手への抵抗をやめよう

箱から出る方法は、常に目の前にある

相手に逆らうのをやめた瞬間に、箱の外に出ることができる。自分を正当化しようという考えや感情から解き放たれるんだ。だから、箱から出る方法は、常にわたしたちの目の前にあるということになる。だって、自分が抵抗している相手は目の前にいるんだからね。

(by 自分の小さな「箱」から脱出する方法)

 

「だって私は……」というのが、「箱の外」への抵抗。

だから、抵抗さえやめれば、箱から抜け出せる。

 

やっぱり無理だ。

「自分探しの旅」に出ようかな……

 

どこか遠くへ行けば変われるのではなく。

解決策は、常に目の前です。

 

「今、目の前にいる人」への「抵抗」が、自分を箱の中に閉じ込めているから。

旅に出るよりも、今すぐ箱を開けることですよ。

「伝え方」の問題ではない

行動が違うんじゃない。ソフトな行動であろうがハードな行動であろうが、それをしている自分の状態が違うんだ。

(by 自分の小さな「箱」から脱出する方法)

 

やさしく褒めたほうが、いいの?

厳しく言うほうが、いいの?

 

どんな言い方をすれば伝わるのか、悩むことってありますよね。

 

もちろん、テクニックを学ぶのも大切ですが。

根本的には、自分が「箱の中」にいるのか、「箱の外」にいるのかで、決まります。

 

自分のいいたいことを箱の中から伝えても、相手の熱意や創造性をかき立てることはできない

(by 自分の小さな「箱」から脱出する方法)

たしかに、自分を軽蔑されたまま何を言われても、まったく心に響かないしな。

 

伝え方の問題じゃない。

自分が、「相手に抵抗している」ことが問題。

 

 

だけど、「抵抗をやめる」ことがすごく難しい。

 

でも本当は。

「抵抗を続ける」ことのほうが、よっぽど大変なんです。

実は箱の中にいるほうが、ストレスもプレッシャーも大きい

箱の外にいるときよりも、箱の中にいるときのほうが、はるかにしなければならないことが多く、負担が大きいと感じていたはずだ。

(by 自分の小さな「箱」から脱出する方法)

 

なぜならば。

「箱の中」では、「自己正当化」のための材料集めに忙しいから。

  • 自分の正しさを証明しなければならない
  • 相手の間違いを証明しなければならない
  • スキあらば、相手を攻撃する
  • 必死でアピール、必死で叫ぶ

 

職場でも家庭でも、ものすごく疲れるんだ……

 

「箱の中」では、自分のエネルギーがどんどん消耗していきます。

「箱の外」に出てしまえば解放されますよ。

つまり、「自分の正しさアピール」を、あきらめるのです。

「箱の外」に出れる気がしない……

本当にできるかな。

 

私たちは誰もが、本当は「思いやり深い自分」。

そのことを思い出せば大丈夫ですよ。

箱に入ったきっかけを、思い出そう

自分を裏切ったときに、物事を見る目が変わってしまった

自分の感情に背いたとたん、物事を見る目が変わってくる。他の人、自分、その状況全体、すべてを見る目が、自分の行動を正当化するような形にゆがめられてしまう

(by 自分の小さな「箱」から脱出する方法)

 

自分の感情に背く = 自分を裏切る

それが、「箱」の世界の始まり。

 

「自分への裏切り」って、何?

 

自分の「思いやり」に目をそむけてきた

自分への裏切りとは
自分が「他人のためにすべきだと感じたこと」に背く行動

 

なんと。

自分のために、すべきだと感じたことではなく。

他人のために、すべきだと感じたこと。

 

そこに背いたとき、箱に入る。

 

なんで、「他人のため」なんだ?

 

実は、相手のニーズを感じ取っているから

(私たちは)他の人たちが何を必要としているか、どうすればそれを手助けできるかを感じ取ることができる

(by 自分の小さな「箱」から脱出する方法)

 

どれだけ他人に関心がないと思っていても。

実は、相手が何を必要としていて、どんな手助けが必要なのかは、感じているといいます。

 

私たちは、それほど冷たい人間では、ないんです。

 

自分への裏切りとは
  • 手助けしようかなと思ったけど、手を貸さなかった
  • 謝るべきとわかっていたけれど、謝らなかった
  • 相手に役立つ情報を知らせなかった

 

要するに。

本来の気持ちは「思いやり」。

 

思いやりは、ないのではなく、「背いている」だけ。

背いている自分を正当化するために、箱の中に入って戦い始めてしまったのです。

  1. 「自分の思いやり」を裏切る
  2. 「自己正当化」を始める
    • 相手に非があったからだ
  3. 責められた相手も、「自己正当化」を始める
  4. 「自己正当化」同士で、せめぎあう

 

本当はお母さんを助けたかったんだ。

でも、それができなかった。

だから、自分のことも、お母さんのことも嫌いになった。

 

本来は、「相手への思いやり」だったんです。

そのことを思い出すだけで、いいんですよ。

「抵抗」をやめてみましょう。

 

具体的には、何を思い出せばいいんだ?

イライラするたびに、本来の気持ちに目を向ける練習を

「自己正当化」とは、こんな気持ち。

  • 相手が悪い
  • 私が正しい

 

だから。

イライラしたら、こう問いかけてみよう。

  • 私の何が「正しい」のだろう?

 

1.「思いやり」の場合

自分の「思いやり」に目を向けてみてくださいね。

 

  • 本当は、相手に◯◯してあげたいと思っていた
    • うまくいかないからイライラしてきた
    • 悔しくて、相手のせいにし始めた

 

だから。

相手に伝えてみる。

  • 本当は◯◯しようと思ってたんだ

 

POINT
イライラで関係性を壊すよりも、「正直に伝える勇気」を。

 

でも、いろいろ考えてみたけれど、特に「思いやり」ではなかった気がする……

 

その場合は、「八つ当たり」かもしれません。

 

2.「八つ当たり」の場合

忙しいときに話しかけられるとイライラしたりとか。

目の前の人には何の問題もないのに、八つ当たりしてしまうことがあります。

「目の前の人」ではなく、「本当の問題」に目を向けてみてくださいね。

 

  • △△の問題で頭がいっぱいだった
    • 余裕をなくしてた
    • 他人を気遣うキャパが、今はない

 

だから。

相手に伝えてみる。

  • ごめん、今、△△のことで悩んでたから。

 

POINT
理由がわかるだけでも、相手は安心してくれる。

 

結局、「正直になる」ことが重要なのか。

 

「自分を裏切る」とは、「自分に嘘をつくこと」なので。

「正直さ」を取り戻してみれば、解決します。

正直になっても解決しない場合は、「縁を切るべき相手」かもしれませんね。

まとめ

自分が箱の中に入っていると、どうなるか?

  • 自己正当化できるような、証拠集めをする
  • 他者を、実際以上に悪者に仕立てあげる
  • 世界をゆがめる
  • 他者をも、箱の中に入れる
  • 箱の中に入った人同士で、延々と争う

 

つまりは、箱の中での努力は、すべてが水の泡

何をしても、無駄な行動になる。

 

箱の中にいるときに、しても無駄なこと
  • 相手を変えようとする
  • 相手と全力で張り合う
  • その状況から離れる
  • コミュニケーションをとろうとする
  • 新しいテクニックを使おうとする
  • 自分の行動を変えようとする

 

自分の足で、箱から出なければならない。

 

そのためには……

相手への抵抗をやめること。

 

こっちが箱から出てしまえば、相手がひどい奴である必要はなくなり、相手をひどい奴にする必要もなくなる。だから、つらい状況を悪化させるのではなく、よい方向に持っていくことができるようになる。

(by 自分の小さな「箱」から脱出する方法)

 

【イライラしたときの考え方】

  • 「自己正当化」であることを思い出す
    • なぜ相手が悪く、私が正しいのか?

 

自分の心に正直になる練習を。

  1. 思いやりの場合
    • 本当は、相手に◯◯してあげたいと思っていた
    • 「うまくいかなくてイライラしてしまった」と正直に伝えてみる
  2. 八つ当たりの場合
    • △△の問題で頭がいっぱいだった
    • 「今、余裕をなくしてる」と正直に伝えてみる

 

 

思いやりは、「持つべきもの」ではなく、すでにあふれるほど「持っている」。

そんな自分を信じて、抵抗するのをやめてみてくださいね。

自分の心に正直になることです。

 

「箱の外に出る」って、「自分の思いやり」を信じることだったのか。

 

 

2日で人生が変わる「箱」の法則 人間関係のモヤモヤを解決するためにつらい過去を忘れる方法【箱の法則】生きる目的がガラッと変わる

19315

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です