自分の小さな「箱」から脱出する方法|抵抗をやめて外は安全だと気づこう

自分の小さな箱から脱出する方法

自分への裏切りと自己正当化。それが「箱」に入る理由。この本を読んで、それが理解できました。

 

自分で自分を閉じ込めることを「箱に入る」と言います

 

「箱」の中は、自分しか見えていない世界。他者の意見を聞かず、意固地になり、自分に執着する。

「箱」の外に出なければ、何も変わらないのです。

そのために、自分への裏切り自己正当化を認識してみよう。

 

自分の小さな「箱」から脱出する方法
by アービンジャー・インスティチュート

なぜ、「箱」に入るのか?

実は、自分への裏切りが、「箱」に入るきっかけなのだそうです。

自分の本音にウソをつくことで、自分を閉じ込めてしまうと。

他者への裏切りではなく、自分への裏切りだという話には驚きました。

結局のところ、相手は関係ないってこと?

 

言われてみればそうかもしれない。

わかりやすい例で考えれば、好きなのに「嫌い」と言ってしまうとき。

いちど「嫌い」と言ってしまったら、引っこみがつかなくなってしまい、だんだんと相手のせいにしてしまうことがあります。

相手が自分をそうさせたのだ、と。

それが自己正当化ですね。

本当は「好き」と言いたいのに、それが言えなくて傷ついてしまった。

そして、他人のせいにすることで正当化しようとする。

「だって…」という言葉が出てくる背景には、自分への裏切りがあるのです。

「好き」という自分の素直な気持ちに、自分が裏切ってしまったということ。

 

正当化するのは、自分を裏切っているから。傷ついているから。

素直になれてないってことです。

どこで自分の本音にウソをついてしまったのか?と、見つめてみるチャンスですね。

 

とても新しい発想でした。

他者を裏切っているわけじゃない。自分を裏切っている。

相手を責めるよりも、自分の本音を探ってみようということですよね。

 

私も父親に対して、「だって私は必要ないんでしょ?」と思っていました。

結果的に素直になれない自分に、自分が傷つきました。

本音に気づくってなかなか難しいです。

「箱」から出てしまえばラクになれるとわかっているのに…。

どうしたら、出られるのでしょう?

抵抗をやめると、外へ出られる

「だって…」と自己正当化をするのは、「箱」の外に対して抵抗しているからです。

抵抗し、自分を守ろうとするからこそ、ますます箱を頑丈にしてしまう。

だから、抵抗をやめたほうがいいそうです。

 

相手に逆らうのをやめた瞬間に、箱の外に出ることができる。自分を正当化しようという考えや感情から解き放たれるんだ。だから、箱から出る方法は、常にわたしたちの目の前にあるということになる。だって、自分が抵抗している相手は目の前にいるんだからね。

 

相手への抵抗をやめる。

ただ、好きな人へは素直になったほうがいいってわかるけど、嫌いな人に対しては、すごく難しい!

でも、抵抗をやめないと「箱」の外には出られない。

 

悪いのは相手なのに??

実は、相手が悪者であってほしいと望んでいるのです

 

「箱」の中にいるときの重要なテーマは、自己正当化。

自己正当化するためには、相手は悪者でなければならない。

だから、「箱」の中にいると、自分も変わらないし相手も変わらない。変わってほしくないと願っているのです。

 

悪循環におちいるのも納得ですね。

相手がいい人になってしまったら、自分は正当化することができなくなってしまうからです。

「箱」の外には出たくないと思ってしまう。

でも、それでは、いつまでたっても視野の狭い自分のまま。

 

さて、どうしよう??

自分をいたわってあげてもいいのでは?

この本には、「抵抗をやめる」としか書いてありませんでしたが、私は、自分に優しくしてあげたらいいのでは?と思いました。

自分の本音にウソをついて、自分を裏切り、自己正当化を繰り返すってことは、かなり自分自身が傷ついている状態です。

ものすごく傷ついている。

だから、いたわってあげたほうがいいのではないかなぁと。

「だって…」という言葉が出てきたら、「あぁ自分は傷ついているんだな」と思い、自分の本音と向き合ってみる。

自分を裏切ることしかできなかった自分を、優しく抱きしめてみる。

好きで「箱」に入ったわけではないはずです。

その証拠として、たくさん傷ついてますから。

 

自分の本音にウソをつくと傷つくんだね。

 

実は、「箱」の外に出てしまったほうが、自分を守れる

「箱」の外に出るというのは、自分に素直になること。

自分に素直に行動するから、正当化する必要もなくなる。

当然のことながら、心はギスギスしなくなります。

「犯人探し」をしなくてもいいからです。

自分の精神状態を守るためには、外に出ちゃったほうがよっぽど効果的ですよね。

そのことさえ理解できれば、「箱」の外に出ることがラクになるかもしれません。

 

「箱」の外は危険な場所だ

 

その思い込みさえ消えれば、出ることができます。

 

「風の谷のナウシカ」のキツネリスを思い出しました。名前はテト。

最初はナウシカに噛みついていたけれど、怖くないことがわかったら抵抗をやめて、ナウシカと一緒に行動するようになりました

 

やっぱり、怖くないことがわかるってことが「箱」の外に出るポイントです。

 

安全な場所なんだと理解しよう

 

相手のために「箱」の外に出るのではなく、自分が自分に素直になるために出ればいいのです。

すごく自由になるはず。

 

安全なことを、脳にどう知らせるか?

そこが自分との戦いですね。

 

ということで。

 

まとめ
自分への裏切りと自己正当化が、自分を「箱」の中に閉じ込める。

「だって…」が出てきたら、自分に優しくしてみよう。

そして、外は安全であることに気づこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です