貢献と自己犠牲との違い【尽くすことは他者否定】ギブとは何を与えるのか

ギブ

貢献と自己犠牲とはどう違うのでしょうか。

貢献が大事とはいっても。

尽くしすぎると、疲れてしまいますよね。

 

尽くすことは、必ずしも貢献とはいえない。

「貢献しないギブ」を考えてみましょう。

「尽くす喜びをあげる」ことが、ギブ

自分の面倒を見させてあげる

ギブ

一度面倒を見てくれた人は進んでまた面倒を見てくれる。こっちが恩を施した相手はそうはいかない。

(フランクリン自伝)

 

アメリカ建国の父と呼ばれるベンジャミン・フランクリンは、気難しい相手には、お願い事をするようにしたそうです。

人は、頼まれごとをされると、実はうれしいもの。

 

そして、何かを「してあげた」事実によって、「してあげた」相手のことを好きになります。

 

経験的にも、次のようなことに心当たりはあると思います。

  • 一度、面倒を見てくれた人は
    • 進んで、何度も面倒を見てくれる
  • こちらが面倒を見てあげた人は
    • 何もしなくなる

 

だから本当は。

自分が尽くす側になると、人間関係は、うまくいかなくなるのです。

  • 尽くしてあげる
    • 相手は、こちらを軽く見るようになる
  • 尽くさせてあげる
    • 相手は、こちらを丁重に扱うようになる
    • ちょっとしたお願い事をするのがコツ

 

「役に立ちたい」という相手の願いを叶えてあげる

ギブ

人は誰しも、「誰かの役に立ちたい」と思っています。

「役に立つ自分」でありたいと願っている。

 

だから。

差し伸ばされた手を払いのけることは、相手を「ダメ人間」扱いすることにもなります。

「役に立つ人間」だということを否定してしまうから。

 

だからこそ。

一番の貢献は、「あなたは役に立つ人だ」と感じさせてあげること。

だから、「私に尽くしていいよ」という意識でいることは、「相手のため」になるのです。

 

それでも、自分が与えたいときは、何を与えればいいの?

 

効果的な3つのギブがあります。

 

ギブ

 

1.自分の表現を与える

喜び、興味、理解、知識、ユーモア、悲しみなどの表現を与えること

ギブ

エーリッヒ・フロムは言っています。

自分自身を、自分のいちばん大切なものを、自分の生命を、与えるのだ。

 

自分の喜び、興味、理解、知識、ユーモア、悲しみなど、自分のなかに息づいているもののあらゆる表現を与えるのだ。このように自分の生命を与えることによって、人は他人を豊かにし、自分自身の生命感を高めることによって、他人の生命感を高める。

 

貢献(ギブ)というと、「何かをしなければ」という思いにかられてしまいますが。

今、感じていることを話すだけでも、立派なギブ。

 

逆の立場になったら、わかりますよね。

何も言ってくれない人よりも、たくさん語ってくれる人のほうが、好感がもてる。

リアクションが大きいと、うれしくなる。

 

だからこそ。

「自分の表現を与える」

そんな気持ちで、相手と向き合い、語り合ってみることを意識してみましょう。

 

話し下手な人は、どうしたらいいんだ?

 

聞いてあげればいいのです。「自分の注意」を与えてあげましょう。

 

2.自分の注意を与える

マインドフル・リスニングで聴く

マインドフルリスニング

マインドフルネスを説いている「サーチ・インサイド・ユアセルフ」という本には、こうあります。

 

自分の注意は、私たちが他人に与えることのできる最も価値ある贈り物だ。誰かに注意をすべて向けると、その瞬間、この世界で私たちが気にかけているのは唯一その人だけであり、ほかのことはいっさい関係なくなる。私たちの意識の領域内で、相手ほど強いものは何ひとつないからだ。それ以上に価値のある贈り物がありうるだろうか?

 

自分の話をじっくりと聞いてもらえるって、うれしいですよね。

 

だからこそ。

「贈り物」という気持ちで、相手の話に耳を傾ける。

「自分の注意」を、相手に与える。

 

「マインドフルネス」とは、「評価や判断とは無縁の形で、今に注意を払うこと」です。

評価も判断もせず、ただただ、相手の話を受け止める

 

これこそ、最高のギブです。

 

これが、「マインドフル・リスニング」

「アクティブ・リスニング」ともいいます。

 

話を聞くのも苦手なんだよ。

 

一緒にいてあげるだけで、いいです。

 

3.自分の存在を与える

生きているだけで、貢献している

マインドフルリスニング

同じく、「サーチ・インサイド・ユアセルフ」には、こうあります。

 

他人に差し出せる最も貴重な贈り物は、私たちの存在だ。愛する者たちをマインドフルネスが抱き締めたとき、彼らは花のように咲き誇るだろう」

あなたの人生で気にかけている人がいたら、毎日かならず数分間でも注意をすべて彼らに向けてほしい。彼らも花のように咲き誇るだろう。

 

アドラー心理学でも、最大の貢献は「存在」にある、と説いています。

 

人は、究極的には、「いてくれるだけ」でうれしいもの。

 

そのことは、誰かを失ったときに、よくわかります。

 

失恋、別離、大切な人の死。

 

そんなときにこそ、思うもの。

「いてくれるだけで、よかった」と。

 

だからこそ。

何ができるとか、できないとかではない。

「自分の存在を与える」。

 

私たちはみんな、生きているだけで貢献しているのです。

 

自分は、「いるだけ」でもいいのか。

最終的には、主観での「貢献感」

感謝するのは、相手の課題

ギブ

アドラー心理学では、貢献感は主観でいいといわれています。

自分は「貢献」できていると、自分が「」じていれば、それでいい。

 

なぜなら。

本当に役立っているかどうかなんて、わからないから。

 

本当に役に立っていて、感謝を感じるのは、相手の課題。

自分には、「もっと感謝しなさいよ」と、相手の課題に介入する権利はないのです。

 

だから。

自分にできることは、たった一つ。

「自分は貢献できているんだ」と、自分の主観で感じること。

 

それだけです。

 

「役に立ってない」と不安になるのは、承認欲求でしかない

  • 自分は、何の役にも立っていないのではないか
  • 貢献なんて、自分にはできない

 

悩んでしまうのは、「他人にどう見られているか」を気にしているからですね。

 

「見られている自分」を意識しなければ満足できないのであれば、それは主観ではありません。

他人の評価を求めるのは、「承認欲求」です。

 

他人がどう言おうと、自分が「貢献しているんだ」と思うことが、貢献の本質です。

 

「貢献したい」と思っているわけではなく、「承認されたい」と思っているんだな。

まとめ

ギブ

ギブのステップ

1
表現を与える
  • 自分の喜び、興味、理解、知識、ユーモア、悲しみなどの表現を与える

 

↓それも難しければ、次。

2
注意を与える
  • 自分の注意を、すべて相手に向ける
  • 気にかける
  • じっくりと話を聞く

 

↓それも難しければ、次。

3
存在を与える
  • 自分は、「いるだけで」いい
4
最終的には「貢献感」
  • 自分は、「貢献できているんだ」と、自分で思ってればいい

 

人付き合いを頑張っていると、やけに疲れてしまうことがあります。

「これは、ただの我慢なのでは?」と。

 

そんなときは、ふと立ち止まって、休息を。

 

あぁ、やっぱり、やりたくないことを、やり続けていた。

でも、それが「やりたくないこと」だとは気づけてなかった。

必死でやった結果、これは違うと気づけたんだから、頑張ったことはよかったこと。

 

じゃあ、改めて何がしたいんだろう……。

 

そもそも、わからないこと。

 

「自分がしてほしいと思うことを他人にしてあげる」

それがギブだというけれど。

与える前に求めるのは、ダメだというけれど。

 

自分がしてほしいことって何だっけ???

それがわからないと、ギブも、わからないはず。

 

そんなときに、ふと気づくのです。

今、感じているストレスは、今のストレスではない。

昔のストレスの再現なのだ、と。

 

今、抱いている罪悪感も、今の罪悪感ではない。

昔の罪悪感の再現なのだ、と。

 

昔のストレス、昔の罪悪感とはやはり。

「自分には、親を助ける力がない」という思い。

 

あのときは助けられなかった。

でも今の自分なら助けられる、ってことを証明したくて頑張っているということが多々あります。

 

ということは。

自分があのとき、してほしかったことって何だったっけ??

 

そう、これ。

 

「私にも、あなたを助けさせてほしい」

 

であるならば。

 

自分がしてほしいことを、やってあげるとは。

 

「助けさせてあげるよ」

「尽くさせてあげるよ」


ってことです。

 

人は、「自分は役立たずだ」と思うとき、自分を嫌いになるもの。

自分だって、役に立たせてほしいって思ってる。

でも、自分が役立たずになると、みじめすぎてしまい、他人のことも役立たずにしてしまいたくなる。

 

だから、差し出された手を拒否したくなるのです。

相手が自分に尽くすことを、許せなくなるから。

 

かわりに自分が尽くしすぎて、「やっぱり人ってこんなもの」と決めてしまう。

 

それが、自己犠牲になりがちな人のパターンですね。

結局は、自分が自分を許せてないのです。

 

だからこそ。

 

  • 私は何もしなくても、いい
  • 助けさせてあげれば、いい

 

これぞ、一番のギブ。

 

「尽くさせてあげる」。

「与えないこと」を、与える。

 

そして。

  1. 表現を与える
  2. 注意を与える
  3. 存在を与える

 

モノを与えることでも、技術を与えることでも、ないんです。

 

ということで。

 

今日の問いかけ
  • 自分は、尽くさせてあげてるだろうか?
  • 自分が与えられる表現は、何だろう?
  • 自分の注意を、与えているだろうか?
  • 「貢献できている」と、主観で感じているだろうか?

 

関連記事

7つの習慣7つの習慣【相互依存】新しいコミュニケーション習慣で人間関係は変わる ゲシュタルトの祈り誰かの期待に応えるのはもうやめよう【罪悪感の解放】ゲシュタルトの祈り アドラー心理学アドラー心理学【貢献感】承認欲求から解放されたければ貢献をやめるべし 貢献感アドラー心理学【貢献感は主観】自分は役に立ってると自分で決める アドラー心理学アドラー心理学【存在承認】自分の価値を何で決めればいいのか アドラー心理学アドラー心理学【信頼と貢献】人間関係が築けないのは、味方だと思えてないから アドラー心理学アドラー心理学【貢献感】承認欲求から解放されたければ貢献をやめるべし 承認欲求友達って本当に必要?【承認欲求の解放】苦しい人間関係は「理由と根拠」でやめられる

 

 

参考図書

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です