ギブとは、尽くさせてあげること。与えないことを与える。

give

give って、何なんだろう?

 

最近、プライベートな人付き合いで、必死に頑張り続けてた。

で、やけに疲れてきてしまって。

「これは、ただの我慢なのでは?」という気持ちが止まらなくなってきた。

 

だから、ふと立ち止まって、休息を。

 

あぁ、やっぱり、やりたくないことを、やり続けていたな。

でも、それが「やりたくないこと」だとは気づけてなかったな。

必死でやった結果、これは違うと気づけたんだから、頑張ったことは良かったな。

 

じゃあ、改めて何がしたいんだろう……と考えてみる。

 

そういえば、いつも、わからなくなる。

 

「自分がしてほしいと思うことを他人にしてあげる」、それが give だと言うけれど……

与える前に求めるのは、ダメだと言うけれど……

 

私がしてほしいことって何だっけ???

それがイマイチわからないから、give がわからない。

 

そしたら。


なんだかハタと気づいた。

 

最近の私の疲れは、昔の状況の再現だったこと。

「私には、親を助ける力がない」という思い。

 

最近の状況が、不思議なほどリンクしていたので、やればやるほど、しんどかったんだなぁ~と。

 

はぁ。いったい、いつまで繰り返すの? という落胆。

 

あのときは助けられなかった。

でも今の自分なら助けられる、ってことを証明したかったんだ。

 

ということは、私があのとき、してほしかったことって何だったっけ??

 

そうだ、これだ!

 

「私にも、あなたを助けさせてほしい」

 

であるならば。

 

自分がしてほしいことを、やってあげるって……

 

「助けさせてあげるよ」

「尽くさせてあげるよ」


……ってことなんじゃないか。

 

人は、「自分は役立たずだ」と思うとき、自分を嫌いになるもの。

自分だって、役に立たせてほしいって思ってる。

でも、自分が役立たずになると、みじめすぎてしまい、他人のことも役立たずにしてしまいたくなる。

だから、差し出された手を拒否したくなる。

相手が私に尽くすことを、許せなくなる。

 

かわりに私が尽くしすぎて、「やっぱり人ってこんなもの」と、想定内の結末。

……というカラクリだな。

 

おぉー!

私は何もしなくて、よかったんだ。

助けさせてあげれば、よかったんだ。

 

これぞ、私の与えたい give なんじゃないか。

 

「尽くさせてあげる」っていうのは、大きな give 。

「与えないこと」を、与えるんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です