スタンフォードのストレスを力に変える教科書 by ケリー・マクゴニガル|もっとも幸福な人とは、もっともストレスの多い人だった

ストレス

「ストレスはできるだけ避ける」と答えた人たちは、その後の10年間でうつ病になった確率が高いことがわかりました。

 

なんと!

ストレスの多い人ほど、幸福な人である!

……ということが、スタンフォード大学の研究でわかったそうです。

 

しかも!

それだけじゃありません!

 

ストレスのない人は、うつ病になりやすい

 

さて、どういうことでしょうか。

「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」by ケリー・マクゴニガル

ストレスを避ける人は、うつ病になる

ストレスを感じる自分は、ダメな自分?

生活のストレスはできるだけ少ないほうがいいと考えていると、ストレスをたくさん感じるのは自分がダメだからにちがいない、と思うようになります。自分がもっと強かったら、もっと頭がよかったら、もっとまともだったら、こんなにストレスを感じなくてすむのに、と思ってしまうのです。

 

「自分はダメだ」

その思いが、自分をますます追い込んでしまいます。

ストレスを感じるのは、自分がダメだからではありません。

前に進もうとすれば、必ずストレスは来るのです。

向かい風のようなものですね。

当たり前なのだと心得ましょう。

「ストレスがなければ、やりたいことができる」というのは間違い

恐怖やストレスや不安を感じなくなったら、やりたいことができるはずだという考え方はまちがいです。
ストレスのせいでやりたいことを諦めたり、自分はダメだと思い込んだりする必要などないのです。

 

ストレスを感じたとき、「ストレスのある自分はダメだ」と思うと、「ストレスを消さなきゃ」と思いがち。

けれども。

ストレスが消えたら、本当にやりたいことができるのか?

答えは、「No」です。

ストレスがあるとか、ないとかは、関係ないんです。

ストレスがあったとしても、いや、あるからこそ、ますます頑張る。

そう気持ちを切り替えたほうが、進みやすくなります。

ストレスの多い人は、幸せも多い

ストレスを受け入れる人は、うつ病になりにくい

過去のつらい経験を受け入れようと思った人たちは、幸福感が増し、レジリエンスが強化され、うつ状態になりにくいことがわかりました。  

 

つらいことを忘れたり、消したりするのではなく。

受け入れてしまったほうが、幸福感が増す。

そして、うつ状態にもなりにくい。

だから、ストレスは積極的に受け入れましょう。

決して、「自分がダメだから」ストレスがあるわけでは、ないのです。

努力していれば、ストレスは避けられないから

自分の役割にしっかりと取り組み、目標に向かって努力すれば、目的意識を持って生きていけるいっぽうで、ストレスも避けられないからです。

 

考えてみれば、当たり前ですね。

頑張れば頑張るほど、ストレスは感じるものなのです。

抵抗勢力がまったくないなんて、ありえない。

つまり。

ストレスを避けようとすれば、必然的に努力も避けてしまいます。

そうではなく、「ストレスがあるのは当たり前」と思ったほうが、努力もすんなりとできそうです。

ストレスを感じるのは、熱心に取り組んでいる証拠だから

ストレスを感じるのは、人生がうまく行っていないしるしではなくて、自分にとって大事な活動や人間関係に、どれだけ熱心に取り組んでいるかを示すバロメーターと言えるでしょう。

 

ストレスを感じているということは、「熱心に取り組んでいる」という証拠にもなるのです。

ストレスを感じるたびに、「あぁ、自分は熱心に頑張っているからなんだなぁ」と思ってみると、自分を褒めてあげたい気持ちにもなりますね。

もっとも幸せな人=大きなストレス+精神的に落ち込んでいない人

もっとも幸福な人たちは、大きなストレスを感じていながらも、精神的に落ち込んでいない人たちだったのです。

 

ストレスのある人は、熱心に頑張っている証拠。

だから、もっとも幸せな人とは……

 

  • 大きなストレスを感じている
  • 精神的に落ち込んでいない

 

これが、幸せな人です。

必要以上に、落ち込むことは、ない。

むしろ、喜んでしまいましょう。

そうすれば、幸せになれるのです。

ストレスを感じたときの対処法

ストレスのおかげでうまくいくと考える

もし不安になっているのに気づいたら、「ストレスのおかげでうまく行きそうだ」と思えばいいのです。

 

でもやっぱり、ストレスを感じるのは、苦しいですよね。

そんなときは、「ストレスが大きいほど、うまくいくんだ」と自分を励ましてあげましょう。

ストレスがあればあるほど、熱心に取り組んでいる証拠なのですから、必ずうまくいくわけです。

 

積極的に、気持ちを切り替えていくほうが大事!

 

「たいしたことではない」とは思い込まない

苦しい気持ちを無理に抑えようとしたり、自分の失敗や挫折を「たいしたことではない」などと思い込んだりする必要はありません。

 

苦しいときは、思いっきり苦しむ。

こんなことは「たいしたことではない」と、思わなくていいのです。

自分にとっては「たいしたこと」。

しっかりと味わって、悩んでいきましょう。

無理に打ち消そうとせず、利用する

無理に打ち消そうとしてあせらないこと。
それよりも、ストレスのせいで湧いてくるエネルギーや、強さや、やる気をうまく利用して、いま自分がやるべきことに集中しましょう。

 

打ち消すことは、すなわち「否定」になりますから、苦しみは増大するいっぽう。

消すのではなく、しっかりと燃やして、さらに集中する。

ストレスをうまく利用できるようになったら、いいですね。

不安を感じたら、大切なものは何かを考える

緊張や不安で落ち着かない気持ちになるのは、あなたの直感が「これは大切なことだ」とささやいているせいです。
なぜいまこの瞬間があなたにとって大切なのか、あらためて考えてみましょう。

 

「不安」を感じるということは、自分のなかのセンサーが働いているわけです。

とっても大切な部分なので、しっかりと分析してみましょう。

自分にとって、本当に大切なものは何なのか?

見つめ直すチャンスかもしれません。

ストレスは、積極的に受け入れよう

ストレスを受け入れる = 自分の力を信じる行為

自信を持てるかどうかは、体に起こるストレス反応をどう受けとめるかで決まってしまうことが、研究によって明らかになっています。  
ストレスを受け入れることは、勇気をふりしぼって自分の力を信じる行為です。

 

「自信」とは、ストレスの「ある・なし」ではない。

ストレス反応の受け止め方によって、「自信」は生まれます。

 

ストレスを受け入れること = 自分の力を信じること

 

ストレスも前進の糧にしていける、その力強い自分の力を信じることです。

ストレスを感じたときは、本当に自信をもって進めるかどうかを見極める、ひとつのチャンスと言えそうです。

ストレス反応があることは、心が開かれた状態

悲しい気持ちをふり払おうとしたり、無理に楽しいことを考えたりしないでください。
体にストレス反応が表れていたほうが、心が開かれた状態でいられるからです。
ふだんよりも感受性が豊かになり、周りの人や周囲の環境に対しても敏感になります。

 

ふだんは気づけなかったことに、気づけるとき。

そういうときこそ、感性を研ぎ澄まし、じっくりと味わって成長してしまいましょう。

逆の考え方をする練習

ものごとのよい面も悪い面も認識できるほうが、よい面だけ見つめようとするよりも、長期的に見た場合には、よい結果につながります。

 

良い面と悪い面、両方を認識する

 

ピンチの中に、チャンスを見つけられるか。

不運の中に、幸運を見つけられるか。

 

ストレスを悪いものと見なすのではなく、良いものだと見なしてみましょう。

それは、真逆の考え方をする練習になります。

 

これは何でもポジティブ思考で考えようとするのではなく、同時に逆の考え方もできるようになるための練習だと思ってください。

 

どんなときでも、逆を見る。

これは本当に大事です。

何かを感じたときは、常に問いかけてみるといいです。

 

  • 本当にそうなのか?
  • 絶対だと言い切れるか?
  • 別の見方はないのか?
  • 逆の側面を見ると、どうなるか?

困難な状況で気づいたよい点、自分の長所を考えてみる

ただほんの少しのあいだ、困難な状況に対処するなかで気づいたよい点や、自分自身のよいところに、意識を向けて考えてみるのです。

 

必ず、見てみるようにしましょう。

  • この状況での、よい点は何?
  • 自分のよいところは何?

 

意識を向けていく、ということが大事です。

 

自分にとっていちばんつらかった経験をふり返って、あえてよい面を見つめることは、ストレスとの付き合い方を変えるのに役立ちます。

 

つらい状況の中で、あえて、よい面を見つめる。

それが、ストレスとの上手な付き合い方です。

ストレスについての考え方が変わると、チャレンジ精神がわいてくる

ストレスについての考え方が変わったことによって、体のストレス反応が「脅威反応」から「チャレンジ反応」へとことごとく変化しました。ストレス反応は役に立つと考えたことが引き金となって、さまざまな変化が表れたのです。

 

ストレスのよい面を受け入れることで、チャレンジ精神がわいてきますね。

希望と、前進への勇気が出てきます。

ストレスは大事な親友だと思って、仲良くしていくと、今までとは違った考え方ができるようになるのではないでしょうか。

まとめ

ストレスが多いということは、熱心に、真剣に、頑張っている証拠。

だから、自分を褒めてあげていいのです。

忌み嫌うのではなく、成長できるときなのだと思って、ますます勇気をわきたたせていきたいですね。

 

こちらもどうぞ。

スタンフォードの自分を変える教室スタンフォードの自分を変える教室 by ケリー・マクゴニガル|他人の姿を見てムダに焦る「目標感染」にご用心

 

ということで。

 

memo

ストレスは決して悪者ではない!

むしろ、自分を励ましてくれる、素敵な親友。

自分が変化できるときなのだと思って、味方にしてしまおう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です