ストレスを避けると【10年間でウツになる】本当に幸せな人の習慣とは

幸せになりたいなら、ストレスを積極的に受け入れよう。

これは、スタンフォード大学の研究。

 

「ストレスはできるだけ避ける」と答えた人たちは、その後の10年間でうつ病になった確率が高いことがわかりました。

(by スタンフォードのストレスを力に変える教科書)

 

え……、ストレスは避けたいよ。

 

ストレスがあることは不幸なこと?

実は、ストレスには良い効果がたくさんあることも、わかっています。

 

ストレスに弱い人も、希望を持って大丈夫。

ストレスって、そんなに悪いものでは、なかったんです。

 

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

ストレスを積極的に受けとめる人が、幸せになる

新しいストレス対策

  1. ストレスを受けても、落ち込まない
  2. ストレスを受け止める力が、自分を信じる力になる
  3. 無理に楽しいことを考えなくてもいい

ストレスを受けても、落ち込まないでいられる

もっとも幸福な人たちは、大きなストレスを感じていながらも、精神的に落ち込んでいない人たちだったのです。

(by スタンフォードのストレスを力に変える教科書)

 

これが幸せの条件

  1. 大きなストレスがある
  2. 精神的に落ち込まない

 

「落ち込まない」ってのが難しいんだよ。

 

私たちは、「落ち込んじゃいけない」「ストレスなんて跳ね返さなきゃ」と、思いすぎてるのかもしれません。

 

「ストレスは当たり前」と思ってるほうが、むしろラクになりそうです。

「自分を信じる力」が増すから。

「ストレスを受けとめる力」が、「自分を信じる力」になる

自信を持てるかどうかは、体に起こるストレス反応をどう受けとめるかで決まってしまうことが、研究によって明らかになっています。  

ストレスを受け入れることは、勇気をふりしぼって自分の力を信じる行為です。

(by スタンフォードのストレスを力に変える教科書)

 

これは、ちょっと衝撃的。

  • 自信のない人は
    • ストレスを受けとめていない
  • 自信のある人は
    • ストレスを受けとめている

自信がないのは、ストレスを受けとめてないからなの?

 

ストレスに弱いとは、「変化」に弱いこと

「変化」とは、「不測の事態」=「予測が不可能」

 

私たちの感情は、上がるときもあれば、下がるときもある。

まさに、不測の事態ですよね。

また、どんな事が起きるかも、不測の事態。

「ストレスを受けとめない」のは、「不測の事態を受けとめない」ことと同じ意味になります。

 

受けとめない場合は、こう思う

  • こんなはずはない
  • 夢であってほしい
  • こんな自分じゃない
  • 落ち込んでちゃいけない
  • いつも元気な自分でいなきゃ
  • 自分がこんなことになるなんて……

 

なぜならば。

「不測の事態を受けとめる力」が、「自分にはない」と思っているから。

だから、怖くなるんです。

 

「自分には受けとめられない」と思えば、自信もなくなるし、ウツになるのも当然ですよね。

でも、イヤなものはイヤなんだよ……。

「ストレスを受けとめる」って、どういうことなんだろ?

「どんなことも受けとめられる自分だ」と信じる力

  • ストレスを受けとめても、壊れてしまう自分ではない
  • ストレスを、前進に変えていける自分だ
  • つらい過去があっても、必ず幸せになれる自分だ

だからこそ。

こう言い聞かせよう。

 

ストレスを受けとめることは……

「勇気を振り絞って自分を信じる行為」なのだ、と。

 

「いいことばかりが起きること」よりも、「何があっても受けとめる精神を持つ」ほうが、成長を実感するはずです。

 

そんなこと言われても、ストレスなんて、やっぱり楽しめないよ。

 

「受けとめる」だけであって、「無理に楽しむ」必要はないですよ。

無理に楽しいことを考えなくていい

悲しい気持ちをふり払おうとしたり、無理に楽しいことを考えたりしないでください。

(by スタンフォードのストレスを力に変える教科書)

え?

「もっと楽しいことを考えなよ」って、よく言われるけど……

 

「ストレスは悪いもの」と思っていると、どうしても敬遠したくなりますよね。

でも、まったくもって悪いものではなかったんです。

ストレスには、大きな効果がある

ストレスを受けると……

  • 創造的になれる
    • 心が開かれた状態になる
    • 感受性が豊かになる
    • 周囲に対して敏感になる
    • アイデアが湧く
  • エネルギー、強さ、やる気が出てくる

え?

そんなに、いいことがいっぱいあるの?

 

ストレスが大きいほうが、創造的になれる

これは、心に刻みたいところですね。

 

考えてみれば、不安や緊張が大きいときほど、新しいことを思いつくことが多くなかったですか。

 

ストレスがきたら、自分の創造性が開かれる。

普段とは違う力を出せるときなんですね。

 

 

でも、楽しいことを考えなくていいなら、何を考えればいいんだろ?

ストレスを感じたときに、考えるべきこと5つ

  1. これは、大切なことだ
  2. これは、熱心さのバロメーターだ
  3. ストレスのおかげで、うまくいきそうだ
  4. この状況だからこそ気づけた、自分の長所は何だろう?
  5. よい面と悪い面、両方を見てみよう

1.「これは、大切なことだ」

緊張や不安で落ち着かない気持ちになるのは、あなたの直感が「これは大切なことだ」とささやいているせいです。

なぜいまこの瞬間があなたにとって大切なのか、あらためて考えてみましょう。

(by スタンフォードのストレスを力に変える教科書)

いつも、ものすごく不安になって、ドキドキしてしまう……

 

不安でドキドキするのは、体からのサイン。

 

「これは大切なことだ」と。

 

だから、自分の直観に向かって、問い返してみましょう。

 

「今、何が大切なの?」

 

自分の体が、何か大切なことを教えてくれてます。

それを打ち消してしまうのは、もったいないことですよね。

2.「これは、熱心さのバロメーターだ」

疲れ果てて、体もダルい……

それは、熱心にやってきた証拠。

 

 

仕事も疲れた……

それは、自分の役割にしっかりと取り組んでいる証拠。

 

 

勉強やスキルアップの努力も、疲れ果てた……

それは、目標に向かって努力している証拠。

 

 

とにかく、何もかもが疲れてるんだ。

それは、目的意識をもって生きている証拠。

 

「ストレスを感じるのは、うまくいっている証拠」

こう考えるだけで、希望がもてますよね。

 

落ち込むときではなく、自分をもっともっと褒めてあげるときです。

3.「ストレスのおかげでうまくいきそうだ」

もし不安になっているのに気づいたら、「ストレスのおかげでうまく行きそうだ」と思えばいいのです。

(by スタンフォードのストレスを力に変える教科書)

 

「ストレスのおかげで、うまくいきそう」

 

つまり。

「ストレスは役に立つ」

 

また不安になってきた……

 

大丈夫。

その「不安」も、「役に立つ」から。

4.「この状況だからこそ気づけた、自分の長所は何だ?」

  • この状況での、よい点は何?
  • 自分の、よいところは何?

 

悪いことだけじゃ、ないはず。

 

何か、いいところがあるんじゃない?

 

結局、「ポジティブに考えろ」ってことじゃないか……

 

「ポジティブに考える」のではなく。

「いろんな側面」を見てみようってことです。

5.「よい面と悪い面、両方を見てみよう」

よい面も悪い面も認識できるほうが、よい面だけ見つめようとするよりも、長期的に見た場合には、よい結果につながります

(by スタンフォードのストレスを力に変える教科書)

 

人間の姿も、起きる出来事も、すべては多面体だから。

「一面だけ」ではなく、「違う側面」を見てみる。

 

「いろんな見方」ができるようになると、心は強くなります。

「一方的な思い込み」を排除するように努めてみましょう。

 

 

「思い込み」って、何だっけ?

ストレスを否定する人の3つの思い込み

これは思い込み

  1. ストレスの多い自分はダメだ
  2. このストレスさえ、なければ……
  3. たいしたことじゃない

思い込み1.「ストレスの多い自分はダメ」

「ストレスを悪者にするとき」は、こう思っている。

  • ストレスが多い自分は
    • ダメな人間だ
    • 弱いんだ
    • 頭が悪いんだ
    • おかしいんだ
  • だから、このストレスを何とかしなきゃ

 

つまり。

自分を否定している。

 

その「否定グセ」が、疲れをさらに悪化させてますよね。

 

POINT
問題は、ストレスよりも、「否定グセ」。

 

思い込み2.「このストレスさえなければ……」

  • 自分がもっと強かったら……
  • もっと頭がよかったら……
  • もっとまともだったら……

強くても、頭がよくても、まともでも。

どんなときでもストレスは、あるんです。

 

つまり。

「もし◯◯だったら……」は、思い込み

 

ストレスのせいでやりたいことを諦めたり、自分はダメだと思い込んだりする必要などないのです。

(by スタンフォードのストレスを力に変える教科書)

 

たしかに、「ストレスのせいで」やりたいことを諦めるって、なんか違うよな。

 

POINT
問題は、ストレスよりも、「妄想グセ」。

 

思い込み3.「たいしたことではない」

苦しい気持ちを無理に抑えようとしたり、自分の失敗や挫折を「たいしたことではない」などと思い込んだりする必要はありません。

(by スタンフォードのストレスを力に変える教科書)

 

どうしても、こう思ってしまうクセがある。

「このくらい、たいしたことではない」と。

 

けれども。

心に引っかかるのであれば、とても大事なこと。

自分のストレスと戦うのが、自分の人生ですよね。

 

ストレスを、軽視しすぎてるのかな。

 

あなたが立ち上がって自分のために闘わなければ、 他の誰も自分に代わって闘ってはくれない。この世の中でもっとも必要な味方は、他の誰でもない自分自身だ。

(by 史上最強の人生戦略)

 

POINT
問題は、ストレスよりも、「軽視グセ」。

 

「ストレスを無視しない」ことは、「自分を無視しない」ことにも、つながりますよね。

過去を受け入れるとは、「自分を無視しない」ことでもあります。

過去を受け入れる人は、ウツにならない

  • 過去のツラい経験を受け入れようと思った人は……
    • 幸福感が増す
    • レジリエンス(回復力)が強化する
    • ウツになりにくい

 

ここでのポイントは。

受け入れようと「思った」という点。

 

  • ウツになりにくい人は
    • 過去を「受け入れた人」ではなく、
    • 過去を「受け入れようと思った人」

 

「思う」だけで、いいんです。

完ぺきに受け入れる必要もない。

 

「覚悟を決める」と言いかえてもいいでしょう。

 

もうわかった。

あきらめた。

受け入れる。

もう、しょうがない。

 

そんな、「覚悟」のような「あきらめ」のような。

 

そんな気持ちになったとき、過去のトラウマも、スッと消えてくれるかもしれません。

 

必死になって、忘れようとしていたけど……?

 

POINT
忘れようとするのではなく、受け入れようと思った瞬間に、スッと消えてしまうもの。

まとめ

  • なんで、こんなことで悩んじゃうんだろう
  • なんで、こんなに疲れちゃうんだろう

そんなふうに、自分の弱さを嘆かなくてもいい

 

【ストレスを受けとめる人は、幸せになる】

  1. ストレスを受けても、落ち込まない
  2. ストレスを受けとめる力が、自分を信じる力になる
  3. 無理に楽しいことを考えなくていい

 

【ストレスを感じたら、こう考えてみよう】

  1. これは、大切なことだ
  2. これは、熱心さのバロメーターだ
  3. ストレスのおかげで、うまくいきそうだ
  4. この状況だからこそ気づけた、自分の長所は何だろ?
  5. よい面と悪い面、両方を見てみよう

 

過去のつらい経験は、受け入れようという覚悟で消えていくもの。

ジブリ映画でも、「覚悟」の場面がよく登場しますね。

  • 天空の城ラピュタ
    • 「破壊」を覚悟したとき、救われた
  • ナウシカ
    • オウムと運命を共にしようと覚悟したとき、救われた
  • もののけ姫
    • シシ神様に首をお返ししようと覚悟したとき、平和が戻った
  • 千と千尋の神隠し
    • ハクを助けるため、帰れないことも覚悟したとき、名前を取り戻した

 

人間の「覚悟の力」が描かれている、と見ることもできます。

 

「受け入れる」と思うだけで、すごい力が出る。

不安にならなくても、怖がらなくても。

必ず強くなれます。

 

いま、ストレスをたくさん抱えている人は、まずは「受け止めよう」と思ってみてくださいね。

あなたにとって、きっと必要なもののはずです。

 

このストレスは、何を教えてくれてるんだろう。

 

自分には、「ストレスを受けとめる力」がある。

そう信じるところからスタートです。

 

 

20722

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

しいたけ占いどうしても何も言えない人へ【喧嘩上等で】挑戦に応じよう スタンフォードの自分を変える教室今の目標、本当に自分で選んだもの?【自分らしい選択】をするために ハーバードの人生を変える授業自分を責めるよりも【セルフ・コンパッション】憂鬱さを解消するたった一つの方法 史上最強の人生戦略傷ついてる人のための【史上最強の人生戦略】誰のために戦うべきか 小さな習慣やる気を維持するための【3つのトレーニング】意志の強い人になりたいなら やる気が出ないが一瞬で消える方法「やる気が出ない」が一瞬で消える方法【無気力な人が】夢を取り戻す5つの方法 頭のゴミを捨てれば脳は一瞬で目覚める人生が劇的に変わる【3つのゴミ捨てて】新しい自分に大転換 ハーバード大学の心理学講義誰もわかってくれない寂しさの解消法【他人の評価や承認は】必要ない】 【自己との対話】エンプティ・チェアとインナーマリッジのすすめ|過去と和解する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です