マコなり社長も認める、「ゼロ秒思考」のメモ書きの効果

ゼロ秒思考

「ゼロ秒思考」メモ書きには、いろんな効果があります。

 

  • 考える力が鍛えられる→解決策が見えるようになる
  • 自分を客観視できる
  • 感情のコントロールができる
  • 悩んでいることがスッキリする
  • 仕事が進む

 

とにかくたくさんの効果が出てきます。

マコなり社長の動画がとてもわかりやすかったので、ご紹介。

Contents

1.「99%の人は思考停止!」

考えるフリはもうやめよう

この動画は必見です

以下、動画の内容の要旨を書き出します。

「考える」って一体、何をすることか知ってますか?

「よく考えて仕事しろ」「お前は考えが浅い」と、言われることがありますよね。

 

でも……

 

「考える」って一体、何をすることなのか、わかってますか?

99%の人は、「考える」が分かっていないんですね。

「考える」というアクションとは何か、知っておくと仕事と人生の生産性が劇的に上がる

「考える」というアクションをしようとしたときに、一体何をすれば考えたことになるのか、それを答えられない人が多いんです。

あなたは「考える」とは一体何か説明できますか?

意外と難しいのではないでしょうか。

「考える」とは一体何なのかを理解しておくだけで、仕事、人生の生産性を劇的にあげることができます。

「考える」とは、「文章にすること」

考えるとは
自分が今、何を考えているか」を文章に落とすこと

 

断言します!

これ以外は、「考える」ことにはなりません。

 

よくあるのは、手も動かさずに、「うーん、なんだろうな」と思い悩むこと。

これはハッキリ言って「考えたふり」です。

何も生み出しませんし、時間のムダです。

 

ではなぜ、「考える=文章にする」なのか?

 

理由は……

 

自分の偏った思考を客観視できるから

認知バイアス

【思考とは本来、偏っているもの】

思考というのは、すごく偏っていることを知ってほしいんです。

脳には「認知バイアス」という機能があります。

 

認知バイアスとは
無意識のうちに物事を短絡的にとらえてしまうこと

認知バイアスの例

  • 単純接触効果:CMでよく見る商品を選ぶ
  • ハロー効果:実績がある偉い人の話は正しいと思う
  • アンカリング効果:1週間後に提出しますと言われて、3日後に出されると早いと感じる
  • 一貫性の法則:自分がずっとやってきたやり方が正しいと思う


これは、人間が生きるための「脳のつくり」であり、必要なこと。

【認知バイアスは、ショートカット機能】

人間が日々の生活で受け取る情報は膨大で、いちいちゼロから理解していられません。

 

大昔の極端な例で言うと……

 

目の前にライオンが現れたときに、「これは、本当にライオンなのか?」「違うんじゃないか?」などと考えていたら、食べられてしまいます。

「大きい動物!」「あぶない!」「逃げる!」と、一秒で判断しないと死にます。

 

認知バイアスというのは、人間が生き残るために、いろんな考えをショートカットするための方法なのです。

なので、頭の中で考えていることって、ぜんぶ間違っているとは言わないんですけど、ものすごくバイアスが掛かっていることを理解しておかないといけません。

ダニング・クルーガー効果

【能力が低い人ほど、自分を過大評価する】

特に仕事ができない人は要注意。

ダニング・クルーガー効果というのがあって、能力が低い人ほど、自分を過大評価することが分かってるんです。

まだまだ自分は未熟だなと思っている人ほど、この認知バイアスに気をつけないといけません。

偏った思考から脱却する方法とは?

じゃあ、一体どうしたら自分の偏った考え方から脱却できるのか?

 

それは……

 

情報を自分の外に出すこと

 

つまり、文章にすることです。

考えに論理が通っているか、抜け漏れがないかチェックできる

もちろん、これで完全に認知バイアスから逃れることはできません。

ただ自分の考えの論理が通っているのか、抜け漏れがないかを見ることはできます。

紙に書き出したり、タイピングをしていると、「あ、もしかしたら、こういうことかも!」と、ハッとすることありません?

自分が当たり前だと思っていることが違うと気づいたり。

自分が考えていなかったことがあることに気づいたり。

それがまさに、認知バイアスから逃れた瞬間なんです。

文章にして、自分の思考を客観的に見ることで、初めて気づくことができます。

さらに良いのは、文章を人に見せること

人に見てもらうほど、客観性が高まります。

もちろん、人の意見を全部鵜呑みにするのは、自分の意見がなくなってしまうのでよくないんですけど。

「あー、そうか他人はこう考えるんだな」という、別の視点を得られることはすごく有益です。

だからこれからは、「もっと、よく考えろ」と言われたら、自分の考えを文章にしてください。

どのように文章にしたらいいか?

【劇的に頭が良くなる文章の書き方】

これは、紙とペンがあれば、誰でもできます。

パソコンでもできるんですけど、丸をつけたり、強調したり、速さ、手軽さを考えると、紙のほうが圧倒的にオススメです。

ちなみに私は、自宅と会社両方に、A4とボールペンを常に目に入るところにおいています。

【考えるための文章を書くには、2つのフェーズがある】

  1. 発散フェーズ:まずは思ったことを書きまくる
  2. 収束フェーズ:発散で出したことを整理して、「これからどうするか?」を考える

1.発散フェーズ

【問いを1つ立て、その下に、思いつく答えを書いていく】

紙に自分で問いを1つ作って、それに対して答えを書き出します。

これを10分間やります。

 

たとえば、仕事でミスが多いのを悩んでいた場合……

 

問い:仕事でケアレスミスが多いのをなくすにはどうしたらいいのか?


その下に思いつくことを書いていくんです。

・自分がチェックしないから

・作業に余裕がないから

・うっかりしているから

・その仕事がつまんなくて集中できないから


ここまで書いたら、次の紙に移って、また次の問いを書きます。

 

問い:忘れずにチェックするにはどうしたらいいのか?

 

その下に、また思いつくことを書きます。

・チェックしたことを上司に報告する

・同僚のダブルチェックをルールにする

【どういう問いを立てて、どう答えを書けばいいのか?】

結論は、何も難しいことを考えなくていいです。

強いてアドバイスをすると、悩んで手が止まったらすぐに次に行きましょうくらいです。

【義務教育を受けている人なら、誰でもできる】

私がこれまでいろんな人にやらせてみた感覚で言うと、日本で義務教育を受けた人であれば、みんなうまくできます。

うまくできなそうだなと思う人でも、一回やってみると、次々に、次はこんなことを考えてみようってアイデアが生まれてくるんですね。

その思いつきに任せてやればいいんです。

それが一番効率的です。

2.収束フェーズ

【これからどうするか?を決める】

発散フェーズで書き出したことをもとに、「これからどうするか?」を決めます。

ここで必ず意識してほしいことは、他人にまとめたものを見せたときに、「なるほどね。それが確かに一番いい選択肢だね」と思ってもらえるように書くことです。

そのためには、できる限り簡潔なわかりやすいアクションプランの結論と、理由を書きましょう。

こちらも紙に書き出せばOKです

ただ収束フェーズは人に見せたいときもあると思うので、PCで書いてもOKです。

【発散→収束→発散の繰り返しで、思考が洗練される】

収束フェーズでまとめていると、また発散したくなるんですよね。

そのときはまた発散して書き出していっても大丈夫です。

発散と収束を繰り返して思考はどんどん洗練されていきますから。

【収束の例】

仕事のケアレスミスが多いという問題に対するアクションプラン

 

【結論】

上司か同僚が必ずダブルチェックするルールにする、と上司に提案する

【理由】

・最近、業務量が増えていて、速く仕事をこなす必要が生まれている

・その結果、ケアレスミスが増えている

・業務量が減ることは当分考えにくい

・そんななかで自分一人だけでチェックすると必ず見落としが起きる

・だから他者にチェックしてもらうことをチームのルールにすることでケアレスミスを防げる

 

もっと前提や他の選択肢と比較を入れてもいいです。

ここまで書いたら、その書いたものをぜひ人に見てもらいましょう。

それによって、より客観性が高まります。

「考える習慣」で人生が変わる

実は私は、紙に思考を書き出すことを創業以来ずっとやっています。

きっかけは学生時代に、「ゼロ秒思考」という累計10万部以上売れている本の、著者(赤羽雄二さん)のセミナーを聞いたことです。

私はそのときにメモ書きを続けてみた経験が、すごくよかったんですよ。

毎日やっていて、思考が整理されていった感覚があったんです。

だから起業してからもずーっとやってきました。

仕事のアイデアも、すべてはメモ書きから得ている

今まで、数え切れないほどの「気づき」や「アイデア」を得ることができました。

今、数十億円規模の事業をやってはいますけども。

そのすべては、紙に思考を書き出すという作業から生まれたといっても過言ではありません。

プライベートのモヤモヤも全部紙に書いてきました。

おかげで最近は、紙に書き出さなくても、自分の思考を整理できるようになってきました。

YouTubeのネタも、メモ書きで出している

「YouTubeのネタはどうやって出してるの?」ってよく言われるんですね。

放送作家がいるのかと言われますけど、一言一句すべて自分が考えています。

なぜそれができるのかというと、自分の思考を紙に書き出しているからです。

メモ書きの効果は、本当に絶大です。

会社でも、毎朝10分、200名以上の全社員で実施している

私の経営しているdivという会社では、毎朝10分間、200名以上の全社員で、自分の思考を紙に書き出すことをやってます。

それだけの価値があるからです。

【100%成功保証】人生が好転する

このメモ書き習慣を、1年間、いや、3か月でも構いません。

もしあなたが毎日10分間続けられたら、それだけで劇的に頭がよくなりますし、人生も好転します。

100%成功保証でよくなると断言できるので、ぜひやってみてください。

本家のやり方を知りたい方は、「ゼロ秒思考」を買って読んでください。

私が言ったやり方はかなり簡略化しています。

だからもし、もっと詳しい本家のやり方が知りたい方は、ゼロ秒思考を買って読んでみてください。

まとめ

オススメの手順

  • 手書きでメモに書き出す
  • 手書きでメモに解決策を書く
  • 文章を人に見せる
  • 毎日10分やる

2.社会人必須 ビジネスマン最強スキル「メタ認知力」

メタ認知力って何?

成功するために挑戦していくなかで、とっても重要なのがメタ認知力。

 

メタ認知力とは

自分の思考を客観視して制御する力

 

メタ認知力が高いと、感情に支配されることがなくなるそうです。

例えば、雑な仕事をする人を見て怒りがわいたとき、「自分は怒ってるな」と自分の感情を客観的に見ることができると、選択肢が増える。

 

1.感情にまかせて伝える

2.感情的になることをやめる

 

客観視して、感情的になることをやめることができると、器の大きい人になれるのです。

 

マコなり社長は、メタ認知が高い人は、例外なく仕事ができる人だ、と言われています。

その理由は、

提案力が高まる(全体観に立てるから)
集中力が高まる(集中が乱れてもすぐに戻せるから)
感情のコントロールがうまくなる(怒りがすぐ消えるから)
 

自分が今、何をやっているかをメタ認知できると、仕事のやり方が変わる。

結果として、集中力が高まるし、対人関係も改善するそうです。

 

そして、メタ認知を高める方法として、「ゼロ秒思考」のメモ書きがオススメとのことです。

3.「メモの魔力」普通の人には難しい?

「メモの魔力」もオススメ

「メモの魔力」でいわれている、メモの良さは5つ

  1. アイデアを出せる
  2. 情報を素通りしなくなる
  3. 相手の話を引き出せる
  4. 情報の骨組みがわかる(=構造化ができる)
  5. 感覚や概念を言葉にできるようになる

 

構造化とは、全体を把握し、一つ一つの関係性を整理すること。

全体観に立てること、問題を把握できることが、構造化能力です。

 

その構造化能力が、仕事でも生活でも、とっても重要。

問題(悩み)を解決するには、問題を構造化する必要があるからです。

そもそも問題をきちんと把握できていないと、解決できないですよね。

 

メモを書くと、構造化能力が高まるので、議論がうまくなる。

論点を整理することができて、意思決定が速くなるからです。

ただし、「メモの魔力」はハードルが高い

「ゼロ秒思考」のほうが、簡単でオススメ

「メモの魔力」はとてもいいけれど、普通の人にはハードルが高い。

「ゼロ秒思考」のほうが簡単でオススメだというのが、マコなり社長の結論です。

メモ書きは、簡単に悩みを解決できるツール

メモ書きは、かなりオススメ

私自身も、メモ書きを実践してみて、とても効果を感じています。

ゼロ秒思考考える力を鍛える【言語化の効用】モヤモヤを解消し心をコントロールする方法|ゼロ秒思考 by 赤羽雄二

メモ書きで頭のモヤモヤをスッキリする

著者の赤羽雄二さんが言うには、頭のモヤモヤの主要原因は次の5つ。

  1. 自信のなさ
  2. 劣等感
  3. 上司との軋轢
  4. コミュニケーションのギャップ
  5. 異性とのコミュニケーション

 

この5つのモヤモヤについてメモ書きしてみると、とってもスッキリします。

自信がない自信をもつための7ステップ【モヤモヤ1】メモ書きで自己肯定感をアップする 劣等感メモ書き劣等感を卒業する6ステップ【モヤモヤ2】メモ書きで思い込みに気づく 上司メモ書き上司へのイライラが消える【モヤモヤ3】メモ書きで、上を見るより下を見る コミュニケーションコミュニケーションをスムーズにする4ステップ【モヤモヤ4】メモ書きで人間関係が改善できる 異性メモ書き異性とのコミュニケーションをスムーズに【モヤモヤ5】メモ書きで違う生き物だと理解する

問いの立て方3つ(深堀り・多面的・相手の立場から)

メモ書きゼロ秒思考のメモ書き【問いの立て方3つ】深堀り・多面的・相手の立場

考えるときは、What・Why・Howを活用しよう

考え方言語化のために【What・Why・Howで問う】人生は問いで決まる

まとめ:考える力を鍛えなきゃいけない

今、社会がどんどん激変しています。

AIに仕事をとられ、人間はどんどん暇になるといいます。

人生100年時代、死ぬまでの時間をどう過ごすのか。

自分の頭で考えなきゃいけないことが、たくさんあるのです。

 

最速成長10年後の人間は暇になる!真剣に考えねばならない【身につけるべき20のスキル】3年後に結果を出すための最速成長 by 赤羽雄二 10年後働きたくないあなたへ。それでも10年後の生き方を、自分で考えねばならない【やりたいことを見つける】書いて整理する方法 [定食屋劇場]【常に10年後を考える】悩みは一時のこと、未来を見たほうがいい|定食屋劇場

 

考えてない人は、社会の変化についていけず、ウツになって動けなくなる危険もあります。

日々、真剣に考えてみましょう。

そのためには、考える力を鍛えなければならないのです。

紙とペンを常備し、とにかく書いてみましょう。

どんどん思考も行動も、スピードアップしていきます。

手書きでメモするのがポイント♪

 

ということで。

 

memo
毎日メモ書きすると、本当に自分の心が変わっていく。

仕事も進む。

1日10分、続けてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です