7つの習慣【自立と相互依存】一流の人が読んでいる、人格形成のための必読書

7つの習慣

【相互依存の習慣】充実した新しい世界が開かれる

相互依存の習慣

第4.Win-Winを考える

第5.理解してから理解される

第6.相乗効果を発揮する

 

相互依存の教えは、非常に深く充実した有意義な関係の、全く新しい世界を開いてくれるものだ。それは私たちの生産性を飛躍的に向上させる。奉仕をし、貢献し、学び、成長するための、全く新しい機会を与えてくれる。

 

充実した関係と、新しい世界を開きたければ、相互依存に乗り出そう。

 

Win-Winの関係に必要なのは、勇気と思いやり

勇気と思いやりのバランスが大事

  • 自分の気持ちや信念を表現する勇気
  • 相手の気持ちや信念を尊重する思いやり

 

発信する勇気 + 相手を尊重する思いやり

両方が備わってることが大事。

 

  • 自分のことは話すけれど、相手のことは聞かない→NG!
  • 相手のことは聞くけれど、自分のことは話さない→NG!

 

話し上手なのか、聞き上手なのか。

どちらかに偏りがちですが。

どちらもダメ!

 

バランスをとること

 

要するに……

コミュニケーションを変えよう

それこそ、相互依存の最初の一歩目!

 

なぜなら。

コミュニケーションがなければ、他者との関係は築けないからですね。

 

では、どのように変えたらいいでしょうか?

 

  1. 今のコミュニケーション法が間違っていることを自覚する
  2. 新しいコミュニケーション法を身につける

 

今のコミュニケーションの何が間違っているの?

 

間違い:自叙伝的なコミュニケーション

話をしているとき、ほとんどの人は、理解しようとして聞いているのではなく、答えようとして聞いているのだ。話しているか、話す準備をしているか、二つにひとつである。聞いている話をすべて、自分のパラダイムというフィルターを通して、自分の自叙伝を相手の生活に映し出しているだけである。

 

間違ったコミュニケーション法とは……

「自叙伝的」

つまり、「自分語り」であり、「自慢話」がメイン。

態度は常に「上から目線」

 

自叙伝的なコミュニケーションとは
  1. 評価する:賛成か反対か、善か悪か、ジャッジする

  2. 探る:自分の視点で、尋問をする

  3. 助言する:自分の経験でアドバイスをする

  4. 解釈する:自分の経験で解釈し、説明する

 

すべて、自分の経験と価値観がベース。

だから「自叙伝的」。

いいかえれば、「押しつけ」です。

 

では、新しいコミュニケーション法とは?

 

感情移入のコミュニケーション

 

具体的には

 アクティブ・リスニング(傾聴)

 

感情移入のコミュニケーション = アクティブ・リスニング

アクティブ・リスニングとは

アメリカの臨床心理学者であるカール・ロジャース博士が1957年に提唱したコミュニケーション技法。

日本語では「積極的傾聴」と訳される。

 

要は、自叙伝的なコミュニケーションの逆です。

 

  • 理解しようとして聞く
  • 聞いている途中で、話す準備をしない
  • 自分のフィルターを通さずに聞く
  • 自叙伝を押しつけない

 

これは、ものすごく難しい

 

アクティブリスニング

 

ポイントは、「感情移入」です。

感情移入をしながら人の話を聴く

感情移入をしながら人の話を聴くとき、それは相手に精神的な空気を与えることになる。その大切な欲求を満たしたうえで、はじめて相手に影響を及ぼしたり問題を解決したりすることに集中できるようになるのである。

この精神的な空気の欲求が、人生のすべての場面に影響を与えるのだ。

 

 

感情移入とは
  • 相手の立場から物事を眺め、相手が見ている世界を見ること
  • 相手のパラダイムを理解し、相手の気持ちを感じとること

 

特に、「評価する・探る・助言する・解釈する」はNG!

自分の見解は、入れない

 

すると……

 

相手に精神的な空気を与えられる

 

「精神的な空気」って、何なの?

 

精神的な空気を与えるとは

「精神的な空気を与える」とは、相手に、次のような気持ちを与えてあげることです。

 

  • 理解されている
  • 認められている
  • 愛されている
  • 必要とされている
  • 感謝されている

 

それでこそ……

相手は話しやすくなる

 

ただし、注意点!

  • 同情とは違う
  • 必ずしも賛成することではない
  • あくまで理解すること

 

人に影響されることで、人に影響を与えることができる

本当に相手の話を聞くと、相手に影響される。しかし、人に影響される余裕を持つことこそ、他人に影響を及ぼすカギである。

 

相互依存のためには……

  • 理解してから、理解される
  • 影響されてから、影響を与える

 

この順番が大事だといわれます。

 

まずは、相手を理解する

そのために、アクティブ・リスニング。

感情移入をしながら聞くのです。

自分の解釈を入れたり、裁判したりしないことがポイント。

すると、相手に影響されます。

 

影響されてこそ、影響を与えられる

まず最初に、相手を理解し、相手に影響される。

そうして初めて、自分が理解してもらえ、相手に影響を与えることができるようになる。

 

今までのやり方とは、真逆だ。

 

効果的なコミュニケーションとは

人間関係において効果的なコミュニケーションを図りたければ、テクニックだけではだめなのだ。信頼を築き、相手が本音で話せるような人格の土台の上に、感情移入の傾聴のスキルを積み上げていかなければならない。そして、心と心の交流を可能にする信頼残高を、構築していかなければならないのである。

 

  • 相手が本音で話せるような人格を築くこと
  • 感情移入のアクティブ・リスニング
  • 信頼残高の構築

 

まとめ

7つの習慣

 

自立とは、外部からの刺激に反応するのではなく主体的に選択をすることです。

その主体性があってこそ、他者とのコミュニケーションが可能になる。

 

スキルやテクニックだけでは表面的すぎる。

人格を身につけ、内面からの変革をこころざす生き方。

それが、「7つの習慣」

 

しかも、「自然の法則」といわれるように、自分の心を耕していけば、必ず実がなるもの。

無理してスキルアップすることとは違います。

 

必ず心の声に従うことから始めることをおすすめしたい。約束をしたら守ることである。目標を設定したら達成することである。そこに安らぎがある。

 

「心の声に従う」というように、誰もが、自分の心に耳を傾ければできること!

見せかけではない生き方は可能なのです。

 

関連記事

パラダイム転換パラダイム転換はどうすれば起こせるか【アウトプットの力】7つの習慣 7つの習慣7つの習慣で最も重要なことは【心の声に従うこと】自覚・良心・想像力・自由意志の4つの力

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です