即断即決のための4つの力とは?

ゼロ秒思考

「ゆっくりでいい」というのは、言い訳 & なまけ心。

人は誰もが、即断即決・即実行する能力をもっています。

「最速」を標準にすると、結果的にのんびり・ゆっくりが実現できるようになる!

 

即断即決力とは、具体的には次の4つの力。

仮説を立てる・知る・見る・信じる

 

慎重さには意味がない

 

「最速」こそ、気分がいい。

即断即決・即実行は、「やる」と決めればできます。

即断即決・即実行のために必要な4つの力

即断即決

 


即断即決・即実行をするためには、全体観に立たなければなりません。

そして、全体観に立つために必要なものは、次の4つです。

 

  1. 仮説力:「こうかな?」
  2. 情報力:知る
  3. 観察力:見る
  4. 洞察力:直観を信じる

 

この4つの力を養えば、即断即決・即実行ができるようになります。

仮説力~「わからない」ではなく、「こうかな?」と仮説を立てる

「わからない」「できない」は、思考の放棄

「わからない」のではなく、考えることを怠けているだけ。

人間は誰しも、ものすごい能力を持っています。

 

脳の容量は無尽蔵、スペックのデカさは無限大。

 

こんな素晴らしい脳を誰もがもっている。

だから、必ずわかるし、できる。

ただ単に、考えるのが面倒なだけですよね。

 

すべてに対し、「こうかな?」という仮説を立てる。

 

他者から答えをもらおうとするのではなく、自分で仮説を立てて検証をするという姿勢。

常に、「こうかな?」と考えてみよう。

情報力~「わからない」のは、単純に「情報不足」が原因

情報もなく考えるのは、「妄想」にすぎない

人は、「情報」さえあれば考えることができる。「ネタ」さえあれば話すことができます。

「わからない」理由は、単純に「知らない」だけ。

つまり、情報不足なのです。

 

だから。

「わからない」「わからない」と言っていないで、調べよう。

 

毎日、ネット記事を読み、本を読み、人に話を聞く。

いろんな形で、情報をストックしておくことがコツ。

毎日の情報収集。実践していこう。

観察力~「わからない」のではなく「見てない」だけ

見ようとしないと、見えない

観察力というのは、出来事や、目の前の相手を、「決めつけずにそのまま見る」ことです。

じっくり見るというよりも、「俯瞰して見る」「客観的に見る」という姿勢。

 

自分自身に対しても同じではないでしょうか。

「どうして自分は…」と思うのは、自分をジャッジしているのであって、そのままを見ているわけではありません。

 

「あぁ、自分はこういう状態なんだなぁ」「怒っているんだなぁ」ということを、ジャッジもせず、決めつけもせず、そのまま見ること。

 

「落ち込む」のは、生産性を下げるだけで、何も生み出しませんね。

とはいえ、落ち込んだときは、「あぁ、落ち込んでるなぁ」と見ていこう。

観察力は、どんなときでも希望の光をもたらしてくれます。

 

自分のことも他者のことも、起きた出来事に対しても、社会に対しても、すべては、「そのままを見る」。

じっくり観察をしよう。

洞察力~「わからない」のではなく、自分の直観を信じられないだけ

「洞察力」とは?
  • 観察しただけでは見えないものを、直観的に見抜いて判断する能力
  • 「目に見えない部分」を見抜く力

 

「観察」と「洞察」の違いは、こうです。

  • 観察:見える部分を、そのまま見ること
  • 洞察:見えない部分を、直観で見抜くこと

 

要するに、見えない部分を信じるということですね。

直観で見抜くのです。

ただし、直観を磨くためには「情報量」が必要です。

豊富な情報というベースがあるからこそ、「ひらめき」が起きる。

知識も経験もないなかで直観が働くのは、妄想であり、誤解であることが多いようです。

情報収集をするなかで、直観力が磨かれる。

そして、情報という裏付けが、自分に自信を与えてくれます。

情報を土台にしつつ、直観力を鍛え、直観を信じていこう。

即断即決のための心がまえ

さて、4つの力の重要性はわかったけれど、具体的にはどうしたらいいの?

そんな不安を解消するための、大事な心がまえをご紹介します。

 

この心を身につければ、グッとラクになる!

 

ズボラが一番!~キマジメな人は要注意!!

即断即決というと、なんだかキマジメに考えてしまいがち。

特に、もともとキマジメな人は要注意!

ズボラなほうが、うまくいくのです。

 

また、人を指導する立場にいる場合も、キマジメな部下には注意を払ったほうがいい。

キマジメな人は、完璧にやろうとしすぎて、かえって失敗してしまうからです。

 

型にはまった考えをしやすいので、日々、「ズボラ」を言い聞かせています。

 

ズボラになろう!!

 

スマホの活用はやめよう

メール返信や、グーグル検索などは、スマホではなくパソコンのほうが効率がいい。

結果的に速くなります。

移動中などのパソコンが使えない環境では、SNSやネット記事は見ないと決めてしまったほうがいいかもしれません。

電車の中では、小説を読むのがオススメです。

 

作業中も、スマホは切っていたほうが集中力がアップしますよね。

機内モードにするなど、工夫してみましょう。

 

スマホでのネット閲覧は、少しずつなくしていこう

 

知的作業も、コーチの言うとおりに!

例えば、ゴルフを初めて習うとき。

立ち方や姿勢、クラブの握り方、初心者に適したコース、練習法など、コーチに言われたことを必死でやろうとするはずです。

スポーツや音楽だと、基本を身につけるために必死になるのに、勉強や仕事などの知的作業になると、いきなり自己流でやろうとする。

それは矛盾してるよね?という話です。

言われたことを素直に実践する。コーチの言葉を守る。

そのことは部活動などで叩き込まれることですよね。

それと同じことを、知的作業でもおこなうのが重要ポイント。

「コーチング」という言葉をよく聞きますが、まさに「コーチ」なのです。

コーチの言うとおりに、コツコツと練習する人が、上達する。それは、どんな分野でもやはり鉄則ですね。

いきなり「自己流」は排除しよう。

「ためらわない」と決める!

創造性に、「ためらい」は悪である

どんなときも、ためらわない! すぐに決める!

自分でそう決めることが大事。

ためらってしまうのは、「自信がないから」 or 「なまけているから」

「自信のなさ」と「なまけ心」を克服することがカギになります。

仕事は必ず3倍速くなる! 

 

「速さ」を信じよう

 

「時間に追われる」という概念は捨てる!

私は今まで、「最速」という言葉を聞くたびに、次のように感じていました。

 

そんなにアクセクしたくない

のんびり・ゆっくりしたい

時間に追われたくない

疲れたくない

 

つまり、「最速」にすると、アクセクするし、のんびりできないし、時間に追われるし、疲れるもの。

そう思い込んでいました。

 

だけど、それらはすべて誤解でした!

 

本当に「最速」にすると、のんびり・ゆっくりできるし、時間に追われないし、疲れない。

「速さ」が「標準」になれば、もはや普通。

しかも、量をこなすことによって、どんどん上達しますよね。結果的に、ゆったりとできるわけです。

 

「時間に追われる」という概念を捨てよう

まとめ

私は長いこと、「優柔不断さ」に悩んできました。

考えても考えても、わからないし、判断できないし、決められない。

動き出すことができない。

だけど、「わからない」のではなく、実は考えていなかっただけなのだと実感しています。

そして、考えられなかったのは、情報を仕入れてなかったからです。

 

「1分で話せ!」という本もありますが、書くのも話すのも1分にすると、相手の時間を奪わなくなります。

そうすると、お互いに気分もいい。

速さは、「人のため」にもなります。

 

「慎重さ」には意味がありません。

慎重なのではなく、先延ばしなだけ

 

「最速」を標準にする。

即断即決・即実行は必ずできるようになります。まずは、そう信じて取り組んでいくことですね。

 

ということで。

 

memo
遅さは、言い訳 & なまけ心。

仮説を立てる・知る・見る・信じる

速くやるのだと決める!

慎重さには意味がない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です