【EXCEL】SUM関数のショートカットの覚え方と、合計欄を上にする話

オートサム

合計の関数は「=SUM()」。ショートカットは「Alt 」+ 「Shift」 + 「=」

 

POINT
Auto Sum なので、「Alt 」+ 「Shift」 + 「=」で覚えよう。

 

ちなみに、合計欄を一番上にすると何かと便利です。

SUM関数:「Alt 」+ 「Shift」 + 「=」

SUM関数を使うには、「=SUM()」と入力します。

もしくは、「数式」タブ→「オートSUM」をクリックすれば、わざわざ手入力しなくても自動で数式が入ってくれます。

オートサム

 

ただし、入力するのも、数式タブを開くのも面倒なので、ショートカットキーを覚えましょう。

 

SUM関数のショートカット

「Alt 」+ 「Shift」 + 「=」

 

POINT
Auto Sum なので、「Alt 」+ 「Shift」 + 「=」で覚えよう。

合計欄を上にしたほうが便利

合計欄が下にある場合

合計欄は通常、表の一番下にすると思います。

合計欄が下

sum関数

ただし、商品が E、D、F と増えていった場合、関数もわざわざ変更しなければなりません。

確認をしないと、関数の間違いで計算がおかしくなることもあります。

そんな場合は、合計欄を上にすると、けっこう便利。

合計欄が上にある場合

合計欄が上

sum関数

これなら、リストを下へ、好きなだけ増やせます。

そして、あらかじめ選択範囲を多めにしておくといいですね。

画像の場合では、C3~C1000までを計算範囲にあらかじめ見ています。

いちいち計算式を修正する必要がなくなるので便利。

 

ということで。

 

まとめ
オートサム(Auto Sum)のショートカットは、「Alt 」+ 「Shift」 + 「=」で覚えよう。

合計欄を上にしておけば、計算式の修正が少なくて済む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です