【Excel】枠線を非表示にする方法と、それをデフォルト状態にする方法

枠線を非表示にする

Excelの枠線が邪魔…。枠線を非表示にできるけど、ひらくたびに非表示にするのではなく、デフォルト状態を非表示にしたい。

 

Excelの枠線って、邪魔だと思いませんか?

↓薄いグレーの枠線のことです。

Excelの枠線

 

これを、非表示にしましょう。

Excelの枠線を非表示にする

 

だけど、毎回、枠線のチェックをはずさなきゃいけないのが面倒です。

これをデフォルト状態にしたい。

その方法を紹介します。

 

Excelの枠線非表示をデフォルトにする方法

デフォルトにする手順

9番目のXLSTARTの場所については、次の項目で説明します。

  1. すでに開いているExcelは終了する
  2. Excelの新規ブックを起動する
  3. 全シートを選択する
  4. 「表示」→「目盛線」のチェックをはずす
  5. 全シート選択を解除し、Sheet1を選択する
  6. 「ファイル」→「名前を付けて保存」を実行
  7. 「ファイルの種類」を”Excelテンプレート(*.xltx)“に変更する
  8. 「ファイル名」を「Book.xltx」にする
  9. 保存先にXLSTARTフォルダを選ぶ(詳細は下へ)
  10. 「保存」する
  11. Sheet1のみを残して、他の全シートを削除
  12. 上の6~10を再度実行する。ただし8番目でファイル名を「Sheet.xltx」にする
  13. Excelを終了する

 

XLSTARTフォルダの中に、次のようなファイルが保存されていると思います。

これでデフォルトで枠線が非表示になっています。

XLSTARTの場所にたどりつく手順

次の順序で進んでください。

バージョンによっては違うので、「自分のパソコンのバージョン XLSTART」で検索してみてください。

 

1.Cドライブ

2.ユーザー

3.ユーザープロファイルフォルダ名

注意
自分のパソコンの名前がついているフォルダがあるので、それを選びます。

4.AppData

5.Roaming

6.Microsoft

7.Excel

8.XLSTART

注意
XLSTARTフォルダの中に、「Book.xltx」とSheet.xltx」を保存する

枠線がないほうが美しい

個人的には、枠線が嫌いです。

枠線がないと、表だけを際立たせることができます。

見た目が美しいので、頭がスッキリします。

ただし、Excelの設定では、最初から枠線を非表示にしておくことができません。

新規ブックをひらくと、必ず枠線は表示されている。

あまりにもストレスがたまったので、あるとき調べてみたら、上のような特殊な方法で設定することができるとわかりました。

ともかく、枠線はないほうが美しい!と、個人的には思っています。

 

ということで。

 

まとめ
枠線はないほうが見やすくてスッキリする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です