抽象化能力【関係性】問題を分解しチャートにするとスッキリ解決する

抽象化

自分の意見を確実に、しかも最速で伝えるためには、チャートが効果的。

 

そのためには。

  1. まず、構成要素を抜き出す
  2. 次に、関係性を見抜く

 

「関係性」を見抜くことは、抽象化能力のひとつです。

「抽象化」の訓練にもなりますね。

抽象化

「要素」と「関係性」を見ることが、「体系的に理解する」こと

体系的とは

個々の要素が、一定の秩序によって論理的にまとめられた状態

 

要するに。

「要素」と「関係性」がわかることが、「体系的に理解する」という意味なんですね。

 

そのためには。

  1. まず、構成要素を抜き出す
  2. 次に、関係性を見抜く

 

1.「構成要素」を抜き出す

要素を抜き出すとは、「分解」のことです。

 

1つの物事・出来事を、細かく分解し、小さな「要素」を理解する。

「大きな1つのもの」だと思っていたことを、細かく分解し、「A、B、C」という要素を抜き出すのです。

 

たとえば。

  • 「役職」の要素は、「社長」「部長」「課長」「平社員」

 

2.「関係性」を見抜く

  • Aは、Bと同じ(A=B)
  • Aが先、Bは後(A→B)
  • AとBから、Cが生まれる(A+B → C)

 

「関係性」とは。

「要素」と「要素」を、「=」「→」「+」などで結べることです。

 

たとえば。

  • 命令系統は、「社長」→「部長」→「課長」→「平社員」

 

POINT
「役職」で考えると、わかりやすいけれど。

日常のすべてのことに対して、「要素」と「関係性」を考えるようにしてみよう。

 

「具体と抽象」の往復

  • 具体レベルとは
    • 「個別・バラバラ」の情報のこと
  • 抽象レベルとは
    • バラバラの情報から、「関係性」を見ること

 

具体的な事象(バラバラの情報)から、「AとBは、○○の関係なんだ」と判断することが抽象化です。

 

たとえば、「3人連れ」が歩いているとして。

  1. 要素:大人の男性・大人の女性・子ども
  2. 関係性:「3人家族なんだろうな」

 

要素を見て、関係性を推測するのです。

 

  • 具体化とは
    • 関係性から、要素を抜き出すこと
  •  抽象化とは
    • 要素から、関係性を見ること

 

「考える」とは、常に、「具体と抽象」の往復。

 

「要素」と「関係性」を見抜いたら、チャートにしましょう。

チャートとは、要素と関係性を書いたもの

チャートの例

  • 組織図のように、関係を表したもの
  • フロー図のように、流れ(順序)を表したもの

 

関係や流れが、ひと目でわかるのが、チャートです。

 

チャートで身につく力

「構成要素」を抜き出し、「関係性」を見抜くうえで、次のような力がつきます。

  • 情報を整理する力
  • 重要なものを選び取る力
  • ムダなものを捨てる力
  • 相互の関わりを理解する力

 

つまりチャートとは。

何が重要で、相互にどう関わっているのかを理解すること

 

チャートの例

チャートとは、伝えたい内容を「図」にしたもの。

具体的には、次のようなもの。

チャート

 

チャート

 

チャート

 

 

チャート

 

 

このようなチャートをうまく使うと、説明が簡単になりますね。

自分の頭も整理されるので、頭の回転がよくなります。

 

いっけん、簡単に思えますが、いざやってみると意外と難しいのです。

どのチャートを使って、どう書いたらいいのかが慣れるまでは大変。

どんなときも、図を使いながら整理するクセをつけてみましょう。

メッセージファースト

チャートに美しさはいらない

当然のことですが、チャートを使う目的は、「メッセージを伝えるため」。

メッセージが重要なのであって、チャートを書くことが目的ではありません。

やっているうちに、「チャートを書くことが目的になってしまう人が多い」というのが落とし穴のようです。

美しさにこだわることは、時間のムダ。

 

これは特に、海外の人が、日本人のやり方を見て思うことだそうです。

美しいけれど伝わらないチャートでは意味がない、と。

 

POINT
  • チャートは、最小限・シンプルに
  • 美しく書くのではなく、「メッセージ」にこだわる

それが原則。

まとめ

日常の「悩み」にも応用できる

「要素」と「関係性」を見る視点は、日常のあらゆる問題に役立ちます。

 

たとえばですが。

個人的な話でいうと、私は、「仲間を作ることが苦手」です。

個人プレーのほうが得意だし、好き。

でも、「仲間でワイワイしている姿」に、憧れもあるし、うらやましくもなる。

そのことを相談したら、こう言われたんです。

 

「『仲間でワイワイ』の『要素』は何?」と。

 

なんだろう? 「一体感」かな?

 

じゃあ、「仲間」ではなく、「一体感」に憧れているんだね?

目的が「一体感」なら、手段は「仲間」じゃなくても、いいんじゃない?

たとえば、「ライブに行くこと」で、一体感が得られるかもしれないし。

 

 

あくまでも、たとえですが、私はそのときに「なるほど」と思いました。

どんな問題も、「要素」を抜き出して「関係性」を見る。

 

大きく複雑に見えていた問題も、小さく小さく分解していくことで、答えが見つけやすくなります。

 

だから。

常に「分解」。

常に「要素」。

常に「関係性」

 

仕事だけではなく、あらゆる場面で、この抽象化能力は役立ちます。

ぜひ、日々の生活の中で、「この問題の要素は何だ?」と考えてみてください。

解決策が、スッキリと出てくるはずです。

 

ということで。

 

今日の問いかけ
  • 今の悩みの、「要素」は何だろう?
  • 小さく分解すると、どうなるだろう?
  • どんな関係になるのかな?

 

抽象化

 

参考図書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です