パワハラ上司はもういらない【リーダーシップ】コーチング力を身につける

パワハラ

「厳しくしないと怠ける」

「少しくらい厳しく言わないと、結果を出せない」

そんなことを言う上司は、99%、パワハラ上司です。

 

甘やかしてはダメだ

 

「甘やかす」という考え方自体が、思い込み。

 

褒めたり、ポジティブな言葉をかけたりすることは、決して「甘やかす」ことではないのです。

 

日本では、褒められて育つことが少ないですね。

だから、誰もやり方がわかってないし、誤解しているのです。

 

今後の上司のあり方として、ポイントになるのが……

 

コーチング力

 

コーチング力とは、具体的には次の3つ。

  1. アクティブ・リスニング
  2. ポジティブ・フィードバック
  3. アウトプットイメージの作成

 

リーダーシップ、組織でのコミュニケーション問題、部下の育成について悩む人には、おススメのやり方です。

ダメ上司・パワハラ上司が、仕事の生産性を下げる

ダメ上司とは

  • 部下の成長どころか、ヤル気を失わせる上司
  • 上司の役割を果たせない人

 

いい上司のもとでは、みるみる成長するし、どんどんヤル気がアップするもの。

部下のヤル気を失わせている上司こそ、仕事の生産性を下げている元凶ですね。

 

上司の役割
  1. ビジョンを示す
  2. 具体的な指示をする
  3. 部下を大きく成長させる
 

 

役割も果たせないのに、偉そうに振る舞う。

そんな上司が多いですよね。

ハッキリ言って、組織の邪魔。

ダメ上司については、部下が悩むことではなく、会社が真剣に取り組むべき問題です。

会社が真剣にならないのならば、会社に問題があると言えるでしょう。

パワハラ上司とは

  • 部下を罵倒する上司
  • 部下の人間性を否定する上司
  • 嫌みを言い続ける上司

 

「最近の若いもんは甘えている」などと言い出したら、間違いなくパワハラ上司です。

自分のメンタルがおかしくならないうちに、避けるか、逃げるかしたほうがいいでしょう。

実は、自分もダメ上司・パワハラ上司かも?

  • ビジョンを示せない
  • 具体的な指示ができない
  • 「部下を成長させる」という気持ちがない
  • 厳しくすべきだ
  • 褒めても調子に乗るだけ

 

こんなことを思っていたら、自分もダメ上司・パワハラ上司です。

自分も、そうされてきたのですから、ある意味では仕方ないことでもあります。

ただし、自覚をしたときが肝心!

ダメ上司・パワハラ上司を辞める決断をしなければなりません。

一刻も早く、考え方・やり方を変える努力をしましょう。

 

「自分で考えろ!」

「自分で育つべきだ」

「自分は頑張ってここまできた。他の人も頑張れるはず」

 

こういう考えは、誤解であり、思いやりのなさでしかありません。

その裏側には、「育ててもらえなかった」「褒めてもらえなかった」ことに対する怒りがあるのではないでしょうか。

 

自分だって苦労したんだ……

 

それを次世代にぶつけていては、いつまでたっても「理想の上司」にはなれません。

 

「自分もこうだった」という怒りを排除し、覚悟して変えるべきです。

本気で部下を育てるためにも、そして、自分自身が成長するためにも、コーチング力を身につけましょう。

 

コーチング力って何?

コーチング力は誰でも身につけられる

「あるべき姿を追求するのだ」と思えば、必ずできる

さて、「上司のあるべき姿」とは、どのような姿でしょうか。

「本当は自分も、こういうふうに接してもらいたかった」

そう思うことを、自分がしていくのです。

 

自分がしてほしかったことと言えば、やはりこれですよね。

  • 話をちゃんと聞いてほしい
  • 褒めてほしい
  • ポジティブなことを言ってほしい

 

それを、覚悟を決めて実践するときです。

 

1.アクティブリスニング~100%聞く!

アクティブ・リスニングとは
相手の話を真剣に聞き、関心を持って質問すること

 

アクティブ・リスニングこそ、問題把握・問題解決の基本です。

 

詳しくはこちらの記事で。

アクティブリスニング相手に好かれる「話の聞き方」~アクティブ・リスニング

 

そして、アクティブ・リスニングと同時に、ポジティブ・フィードバックも重要です。

2.ポジティブ・フィードバック

ポジティブ・フィードバックとは
フィードバックをポジティブにすること

 

具体的には、

  • 褒める
  • 感謝する
  • ネガティブに言わない

 

詳しくはこちらの記事で。

ポジティブ・フィードバックこれからのリーダーシップ【ポジティブフィードバック】やる気を引き出す方法

 

ポジティブ・フィードバックのポイントとしては、部下や後輩がミスをしたときに、自分の指示不足、助言不足だったと思えるかどうかにあります。

 

指示不足ってどういうこと?

ちゃんと言ったけど……

 

指示の出し方は、アウトプットイメージを作成することがオススメです。

3.アウトプットイメージの作成~最初に全体像を見せる!

~アウトプットイメージとは~

  • 指示をするとき、完了時のイメージを詳細に書いて渡す
  • 全体像を先に示す必要がある
  • メリット:認識のズレがなくなる、失敗を防げる
  • 「まずやってみろ」は絶対にNG!

 

「とにかくやってみろ」「体で覚えろ」

そんなやり方が、日本では当たり前になってますね。まず水に放り込むというやり方です。

 

だけど……

 

失敗は、させないほうがいい。

 

立ち直れなくなる場合もあるし、結局、何もわからないまま、なんとなくでしか身につきません。

皆が皆、そうやって育ってきているから、人に教えようとしたときにも、「なんとなく」という説明しかできなくなります。

そうして、「まずやってみろ」というやり方が循環していくんですね。

 

世界的にみると、それが日本の弱み。

 

そこを克服するには……

 

全体像は、先に見せる

やり方は、細かくレクチャーする

 

そのほうが効率的だし、結局は、成長も大きいのです。

 

「自分で考えてくれ」と思ってしまうことを、反省しましょう。

細かく丁寧に示してあげることです。

まとめ

日本的な発想から抜け出すこと

世界的に見ても、日本のやり方は間違っています。

「察してくれ」とか、「言わなくてもわかるでしょ」とか、なんとなくの雰囲気を重視してしまう傾向がありますね。

 

だから日本人は、個人の力が弱く、世界では勝てないのです。

 

かなり体にしみついていることなので、抜け出すまでに時間はかかりそうですが、努力し続ければ、本当のリーダーになれるはずです。

 

ということで。

 

まとめ
100%聞く

ポジティブフィードバックを1日20回

全体像を先に見せる

これを実践していけば、自分も他人も組織も、すべてが変わっていく

 

【関連記事】

アクティブリスニング相手に好かれる「話の聞き方」~アクティブ・リスニング ポジティブ・フィードバックこれからのリーダーシップ【ポジティブフィードバック】やる気を引き出す方法 心理学悩んでいる人に【やってはいけない12のリスト】他人の悩みにどう対応すべきか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です