心の弱さは悪ではない。肌が弱い・胃が弱いのと同じレベル

日記

弱いなら対策を立てるだけ。弱さは、善でも悪でもない。

 

強くなれない

いちご

弱いままでいこう!

 

心が弱くて、なぜ悪い?

強くならなきゃ。

そんな幻想、手放していい。

なぜ、強さを求めるのか?

なぜ、弱くてはダメなのか?

きっと、子どもの頃に言われ続けたからです。

「強くなりなさい」と。

強くなくて大丈夫。

弱くて、繊細で、やさしい心を大事にしたほうがいい。

強くなるのではなく対策を立てる

肌が弱い人は、肌の対策を忘れない。

胃が弱い人は、食べすぎに注意する。

お酒が弱い人は、お酒を飲まない。

 

悪いことなんて、何もないですね。

対策を立てればいいんです。

 

心が弱い人は、心を守ろう。

 

お酒が強い人は、お酒を飲まない人を見ると、「人生、損してる」と言います。

強い人にはそうでしょうけど、弱い人には、そもそも楽しさを知らないし興味もない。

 

弱いと損するなんて、ウソですよ。

 

心が弱いからって、損することは何もない

 

まとめ

弱さを受け入れる

弱さを認める

弱さを肯定する

弱さを愛する

それこそポジティブじゃん!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です