ガイアックスの上田祐司さん|これからの時代、スキルよりも自分ブランディングを!

ブランディング

「ティール組織」というフラットな経営形態を実現している、上田祐司さんのお話。

 

特に印象的だったのは次の3つです。

 

★事後報告がいい。指示を仰ぐ前に、どんどん動くべき

★子どものように行動できたときが、本当の自己実現

★スキルよりブランディング


以下、要旨をまとめます。

 

  • 事後報告のほうがパフォーマンスが上がる
  • 「◯◯さんが言ったから」ではなく、「私って何がしたいんだっけ?」ってことを考えて行動してほしい
  • 人間として一番優秀だったのは、「プロ野球選手になる!」と思っていた子ども時代。
  • 大人になるほど、他人から叩かれ続け、余計な知識を身につけ、人として劣化していく。
  • 学べば学ぶほど、心の底から突き動かされる行動が、できなくなっていく
  • ピカソは晩年になって、ようやく、子どものような絵を描けるようになった、という。
  • どれだけ、子どものように動けるのかが充実感になるのでは?
  • 目標は高ければ高いほどいい。どうせ実現できるのはそのうちの少数だから。
  • 世の中の給与制度ほど乱暴なものはない。
  • 人材育成には、スキルアップの支援よりもブランディング支援のほうが大事
  • たとえば、個人の講演活動とか、ブログとか、我が社では、すごい支援している
  • スキルよりもブランディング
  • 一人を輝かせるには、ブランディングが超重要
  • 「個」の才能を開花させねば。

 

さて、子どもの頃の純粋な気持ち、何だっけ?

人から言われたことではなく、自分がやりたいことって、何だっけ?

もう一度、思い出してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です