抽象化って何?【人間関係の悩みも】一気に解決できる最大の武器|木を見て森も見る

抽象化

前田裕二さんの著書「メモの魔力」には、こうあります。

 

(抽象化能力は)人間に与えられた最も重要な思考機能であり、最大の武器であると、確信を持って断言できます。

(メモの魔力)

 

前田さんの言う、メモをするときの3点セットは。

  1. 具体化
  2. 抽象化
  3. 転用(どう応用するか)

 

メモの魔力

 

さて、どういうことでしょう。

 

「具体的に言え!」と言われることはあっても。

「抽象的に言え!」と叱られたことなんて、ないですよね。

 

実は、抽象化できると、こんなにいいことがあったのです。

  • 思い込みがなくなる
  • ムダな争いがなくなる
  • 自分を責めることがなくなる
  • コミュニケーション上手になる
  • 人間関係のストレスが消える

 

こんなにたくさんの効果がある「抽象化」とは、いったい何なのでしょう。

具体と抽象(部分と全体)

「木」を見て、「森」を見ず

「木を見て森を見ず」という表現が、まさに具体と抽象を指しています。

「木と森」とは、「部分と全体」の関係です。

  • 木:具体
    • 部分
    • ひとつひとつの個別の木
  • 森:抽象
    •  全体
    • 「木」という共通項で、大きく分類したもの

 

問題が起きたとき、ほとんどの場合は、「部分だけを見て全体を見てない」ことが原因。

つまり、抽象化のほうが難しいんです。

 

抽象化とは、全体を見る力

 

具体性ばかりを重視していると、全体観に立てなくなります。

だからこそ。

 

抽象化を制する者は思考を制す

 

鍛えると、考える力がついていきます。

 

「具体」の特徴

  • 全体に対する「部分」
    • ひとつひとつの事象
    • データの数は、多ければ多いほどいい
      • すべて網羅
  • 個別・バラバラ
    • 雑種・雑多でいい
    • いろいろあるから面白い
  • 目に見えるもの
    • 表面にあらわれている事象
    • 変化する「手段」
  • 解釈は固定

 

「具体」とは、部分であり、目に見えるもの。

目の前の、ひとつひとつの現象・事象のこと。

ひとつひとつのクレームに個別対応するようなものです。

 

「抽象」の特徴

  • 部分に対する「全体」
    • 共通の特徴で分類したもの
    • 数少なく、シンプルがいい
      • 不要なものは、切り捨て
  • 「関係性」と「構造」でまとめる
    • 2つで「関係性」
      • AとBの関係
    • 3つ以上で、「構造」
      • A→B→Cの構造
  • 目に見えないもの
    • 本質
    • 変化しない「目的」
  • 解釈は自由

 

「抽象」とは、全体であり、目に見えないもの。

共通項を見つけ出し、分類してまとめること。

目に見えない本質を、洞察することが抽象化です。

 

POINT
「分類」するか・しないかが、具体と抽象の大きな違い。

 

「具体と抽象」には、当然のことながら、葛藤がつきものです。

具体と抽象の葛藤

「具体」のほうが面白いのは当たり前

「いつまでもプレーヤーでいたい」とか。

「管理よりも、現場が好き」とか。

そんな意見が出るのも、当然です。

面白いんですよね、いろいろあるから。

 

分類して、よくも悪くも差別して、いっしょくたに扱うよりも。

個々の出来事、一人ひとりに対応したほうが、ドラマチックで面白いのです。

 

抽象化は、シンプルすぎて、無機質に見える。

分類して考えるから、どうしても差別的になる。

 

「抽象の世界」には慣れていないので、抵抗するのは当たり前です。

そこで、葛藤が生まれるのです。

 

私たちの思いは、矛盾している

「自由になりたい」と思うとき、その本質は、「抽象の世界に行きたい」という意味です。

 

なぜなら、具体の世界は。

  • 常に分類・差別される
  • 命令される
  • 部品のように思える
  • 全体が見えない

 

典型的な、「平社員が抱く不満」ですね。

 

けれども夢に見た自由とは。

慣れるまでは、面白みがないようにしか感じられない。

無味乾燥に見える、大人の世界。

 

「大人は自由でいいな」と思っていた子どもが、いざ大人になると、「やっぱり子ども時代がよかった」と思うようなものです。

 

これでは、「具体のほうがいいじゃないか」と思えますね。

 

「自由になりたい」と言いつつ挑戦ができないのは、やはり、具体の世界に安住していたいからではないでしょうか。

 

しかし!

 

本当の自由は、「抽象」にあり

抽象を制する者は思考を制する」とまで言われているように。

 

最初のうちは、慣れてないから面白くないだけ。

本当は、ものすごく自由な世界が開けるのが、「抽象」という概念。

 

自由になりたいなら、葛藤は突き抜けねばなりません。

 

ここで言いたい自由とは、「考え方が自由になる」という意味です。

(平社員の話は、たとえ話にすぎませんので、あしからず)

 

「抽象的に考える」ことができてこそ、「大人の考え方」になります。

言い方を変えると、「分類の力」です。

恐るべし、「分類」の力

分類されると不快になる

  • 日本人は○○だ
  • 男は○○だ
  • 女は○○だ
  • この子は末っ子だから
  • やっぱり高卒は……

 

分類され、ひとくくりにされて、「あなたはこういう人」と決めつけられるのって、やっぱり不快。

「そうじゃない人もいるんだ~!」と主張したくなる。

 

よく、「B型っぽい」と言われて、怒る人もいますよね。

 

ひとくくりになんて、されたくないし

 

でも。

人は、分類できると安心するのも事実

分類されると不快になる一方で、なぜか安心できるのも、また人間の心理。

よく聞くのは、病院で診断を受けて、自分の症状に「病名」がついて安心したという話。

「だから苦しかったのか」と、不思議と落ち着いたりするもの。

人は、分類を嫌う反面、分類されることを求める気持ちもあるんです。

 

なぜでしょう?

分類しないと、考えが深まらないから

脳には、「分類をしないと考えられない」という特徴があるのです。

きっと、敵なのか味方なのか、判別しないと安心できないという、野生の本能なのでしょう。

 

  • 「男」なのか、「女」なのか
  • 「若者」なのか、「中年」なのか
  • 「独身」なのか、「既婚」なのか

 

どのような分類に属する人かがわからないと、不安なのです。

 

分類でしか評価できない

就職の際に履歴書が必要なのも、採用する側が不安だからですね。

  • どこ出身の人か
  • どこの大学を出ているか

 

最近は、「差別しないように」という認識も増えてきましたが。

それでも、やはり、「分類」でしか、評価できないんです。

 

「シンプル」にまとめるスッキリ感と、安心感

抽象化は、言語化の大事な要素。

シンプルにまとめることで、考えがスッキリしてきます。

分類を嫌うのではなく、うまく活用すると、安心感とスッキリ感が得られる。

そして、問題発見力をつけることができる。

 

デメリットを自覚しつつも、メリットを活用する

使い方を間違えると、差別になったり、画一的な見方になるというデメリットはありますが。

デメリットを自覚したうえで、メリットを発揮させれば、やはり最大の武器になるのです。

 

それは、「抽象化」に限らず、何をするにも同じことですよね。

 

何ごとも、自分が進歩するための手段として、活用すること。

 

不快な面はスルーして、愉快な側面を見ていくようにすれば、自分を成長させてくれる考え方ができるようになります。

 

もちろん具体化も大事

木だけを見て森を見ないと、全体がわからないし。

森を見て木を見ないと、細かいことがわからない。

どっちが大切かというよりも、行ったり来たりを繰り返すことが力になります。

 

ただし!

 

人はやはり、「わかりやすい」ほうに流されます。

放っておくと、「具体化」に傾くので、「抽象化」を意識していく必要がある。

放っておいてもできることは、放っておいても大丈夫。

そういう意味で、「抽象化の力を鍛えよう」といわれるのです。

 

「メモの魔力」でも、具体化と抽象化、両方をメモするって書いてあったな。

 

分類は、ときには不快にも、なるものだけど。

「木」が集まると「森」になるよねっていう視点をもつことは、あらゆる場面で力を発揮します。

木だけを見てても、わからないよ

抽象化能力で、コミュニケーション上手に

「論点」を見きわめれば、スルー力が身につく

論点がズレていないか、チェックしよう

「森」にあるものは「木」だけじゃない!

「虫」もいるし、「動物」もいるじゃないか!

 

これは、論点がズレています。

  • 論点(問い)
    •  「木」が集まると何になる?
  • 答え(抽象化)
    •  「森」
  • ムダな争い
    • 「虫」や「動物」はどうなるんだ!
      • 論点がズレている
      • いつまでたっても会議が終わらない

 

「論点が違う」という問題は、よくよく注意しなければならないところです。

 

抽象化に必要なのは、「切り捨て力」

ムダを排除し、シンプルにするのが、抽象化。

「木」を論じるときには、「虫」や「動物」は切り捨てねばならないのです。

 

でも、切り捨てられた側からすれば、「私たちは、どうなる!」と言いたくなるんですよね。

 

論点がわかってないと、「差別された」と勝手に解釈し、勝手にトラウマを作り上げる場合があります。

 

論点を見きわめることは、トラウマ解消に役立つのか!

 

ムダな争いにご用心

たとえば。

「女って○○だよね」と言われて。

「そんなの違う!」と言いたくなったとしても。

 

論点が違うんだなと思って、スルーすべきなのです。

相手の論点と、自分の論点は、違うのです。

 

「木」と「虫」が違うというのは、わかりやすいですが、普段はわかりづらいことが多い。

ムダに争っていることが、多いですよね。

 

「分類されたくない」って怒るのも、バカげているんだな。

 

SNSの炎上問題も、論点が違う

SNSの炎上問題も。

発信した側は、「そういうことを言いたかったわけじゃない」と言います。

「木」について話しているのに、「虫をバカにしている!」と炎上されて、困ってしまうんですね。

 

決めつけられて、傷つく必要もない

たとえば。

「独身なのに」とか。

「親なのに」とか。

「今の若者は○○だ」とか。

 

分類された言い方に傷ついてしまう場合もあると思います。

それも、論点が違うんだなって思っておけばいいんです。

 

抽象の世界は、人それぞれ

言ってる側は、「それぞれの抽象の世界」を思い描いています。

一人ひとり、違う星に住んでいるようなもの。

 

相手の抽象世界と、自分の現実とが違うのであれば、「あ、私の話をしているわけではないな」と見分けがつくようになりますね。

 

もちろん、相手の見ている世界が「狭すぎる」ということも、あります。

だからといって、ムキになって、「そうじゃない人もいるのに!」と、怒ったり傷ついたりする必要はないんです。

「正さなきゃ」と思う必要もない。

あくまでも、相手の基準による分類なんだと思ってスルーすればいいこと。

 

抽象化の能力をもつと、スルー力が高まるんだ

 

POINT
「論点が違うのではないか」という視点をもっておくと、問題点が見えてくるようになる。

そして、気楽にスルーしよう。

相手は、別の星に住んでいる。

 

視点・論点をすり合わせる努力をする

怒る権利も、怒られる筋合いもない

前述のとおり、コミュニケーションの問題のほとんどが、「具体・抽象レベル」の違いから起きています。

お互いの見ている世界が、違うのです。

 

「抽象→具体」の例。

自然





クスノキ


たとえば。

「『自然』を具体的に言うと何?」と聞いて、「クスノキ」という答えを聞きたい人にとっては。

「森」や「木」という答えを聞くと、こう答えます。

 

「もっと具体的に言ってよ」

「考えが浅い」

「言ってることが違う」

 

視点が違うだけであって、怒られる筋合いはないですよね。

 

論点や定義を、合わせなければならない

どこまで具体化・抽象化できるかというのは、人それぞれの力量によります。

きちんと、視点を合わせないと、かみ合わなくなるのは当然なんですよね。

 

コミュニケーションの際には、相手がどの程度、抽象化できる人なのかを見きわめる必要があります。

 

具体レベルの人には、抽象の世界が見えない

経営者が孤独になりやすいのは、経営側は抽象の話をしているから。

従業員(具体)からは、経営陣(抽象)の考えが、見えないのです。

 

下から上に対する不満が大きくなるのは、「わからない言葉で語られると不快になる」という人間の性質によるもの。

抽象世界の話は、理解ができなくて不快なのです。

「自分には見えないものが、相手には見えているんだな」と思っておいたほうがいいです。

 

抽象レベルの人は「上から目線」に注意しなければならない

抽象レベルの人は、どうしても「上から目線」になってしまいがち。

「こんなことも、わからないのか」と。

相手は、具体の世界にいるということを理解して、目線を下げるように努力する必要があります。

 

なんだか、めんどくさいな。

 

慣れれば、素晴らしい能力になります。

 

抽象化ができれば、会話がはずむ

相手の話を聞きながら、話を整理することが上手になると、相手にも喜ばれます。

 

話を聞くときに、やってみよう。

  • 論点を確認する
  • 論点のズレを修正する
  • 共通点を見つけて分類する
  • 「つまり、こう?」と整理する

 

丁寧に確認し、整理してあげると、「そうそう、それが言いたかった!」と喜んでもらえますよね。

 

つまり。

「まとめると、こういうこと?」というのがわかれば。

 

どんな人の話も、聞けるようになる

 

とっても素晴らしい能力です。

 

まとめる能力は、素晴らしい

たいていの人は、こう思っている。

小説よりも映画を観せてほしい

 

小説のような難しいものを、映画のようにビジュアルで見せてあげる。

 

つまり、抽象化能力とは。

1
具体
  • 日常生活
  • たくさんのバラバラな日常
2
抽象化
  • 小説に描く
    • 具体から共通点を切り取り、テーマ化する
3
ふたたび具体化
  • 映画化する
    • 人に伝わりやすいように、ビジュアライズする

 

やはり、作家や映画監督って、すごいことをやってますよね。

 

同じように、私たちも。

会社や家庭生活で。

作家や監督になった気分で話をまとめてみると、コミュニケーションが改善するのではないかと思います。

 

ただし。

分類したがるクセには要注意

抽象化は大事だけれど、偏りすぎてしまうことには注意が必要。

なんでも分類して、ひとくくりにしたがるというクセが強くなりすぎると、やはり、人に不快感を与えてしまいます。

 

だから大事なのは、どちらかに偏るのではなく……

 

具体と抽象の往復

 

常に、双方向ですね。

まとめ

「具体」の特徴

  • 全体に対する「部分」
    • ひとつひとつの事象
    • データの数は、多ければ多いほどいい
      • すべて網羅
  • 個別・バラバラ
    • 雑種・雑多でいい
    • いろいろあるから面白い
  • 目に見えるもの
    • 表面にあらわれている事象
    • 変化する「手段」
  • 解釈は固定

 

 

「抽象」の特徴

  • 部分に対する「全体」
    • 共通の特徴で分類したもの
    • 数少なく、シンプルがいい
      • 不要なものは切り捨て
  • 「関係性」と「構造」でまとめる
    • 2つで「関係性」
      • AとBの関係
    • 3つ以上で、「構造」
      • A→B→Cの構造
  • 目に見えないもの
    • 本質
    • 変化しない「目的」
  • 解釈は自由

 

 

今まで、知らなかったんです。

こんなにも抽象化の世界が奥深いとは。

本当に、目が見開かされるような気分になりました。

 

すべての問題が、「具体と抽象」の問題のように思えてきたからです。

 

ただし、やりすぎ注意。

先日、たわいのない「おしゃべり」をしていたときのこと。

「今の話って……、論点は何?」と聞いたところ。

「そんなに難しい話はしていない!」と、笑い話になってしまいました。

 

いきすぎると嫌われるので、あくまでも自分の頭の中での整理にとどめておくほうが、いいですね。

それこそ、「上から目線」になりがちです。

 

そうではなく、相手に喜ばれるような形でやってあげること。

これが、コミュニケーション改善のコツ。

 

とにかく。

「抽象化」を心がけていると、頭がスッキリしてくるし、何よりも楽しくなってくるんです。

ぜひ、活用してみてください。

 

ということで。

 

今日の問いかけ
  • 共通点は、何?
  • 今の議題の、論点は何?
  • ひとことで言うと、どうなる?

 

関連記事

マコなり社長マコなり社長も認める、「ゼロ秒思考」のメモ書きの効果 学び本質をとらえる学び方【学びの5段階とは】一流とその他大勢をわけるもの 働く大人のための学びの教科書大人に必要な3つの学び方とは【人生100年】もっと楽しむために 感情的にならない技術感情的にならない技術【スルースキル】を磨くと「人付き合い」に疲れなくなる

 

参考図書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です