【人は5分で変われる】変わっちゃったほうが面白い|定食屋劇場

定食屋

信じらんねーと思うけど、オレ、昔は極度の人見知りで。

知らない人と話すなんて、絶対にできなかったね。

顔は赤くなるし、声はどもるし、もう最悪。

相手の顔なんて見れなくてね。

暗い人間だったの。

 

飲食店で働くとね、最初は、皿洗いとか、下準備とか、厨房での修行になるだろ?

人と話す必要のない仕事だから、オレにとってはラクだったわけ。

 

でも、あるとき、ついに言われたの。

「お前も、次は接客だ!」って。

 

焦ったねぇ~

接客なんて、絶対にできないと思ったさ。

 

先輩に相談したらさ、「演劇を習え」って言われて、劇団を紹介されて。

それで、演劇を習いにいったの。

 

そのときの稽古がすごかったんだぜ~

女の先輩と2人で、町の中の交差点の端と端に立たされてね。

距離感でいえば、渋谷のスクランブルエッグの対角線の距離くらいだよ。

そんな遠くにいる相手にさ、大声で、「愛の告白をしろ」って。

 

先に、女の先輩がさ、模範を見せてくれてね。

「◯◯君、大好き~!」って叫ぶの。

恥ずかしいだろ~?

人もたくさんいるんだぜ。

当然、好奇の目で見られんの。

その愛の告白を30分間、やり続けるっていう稽古。

 

もうね、人見知りのオレには拷問のようだったね。

心臓バクバクいうしさ。

皆が、オレを、バカにしているように思えるしさ。

恐怖心と、恥ずかしさと、妄想とで、もう、すごかった。

 

でも、しょーがねーから、勇気を出して、やったのよ。

 

最初の5分間はすんごい、しんどかったの。

でも、5分たったらね、コロッと変わっちゃって。笑

残りの25分は、すごい楽しくてさ。

人の目なんて、気にならなくなっちゃった。

 

声のトーンを変えてみたり、いろいろ工夫しながら、楽しんじゃったのよ。

そこからだよ。

オレが人に対してオープンになったのは。

 

人ってね、本当にヤル気を出せば、5分で変われるもんなんだ。

変われないって言ってる人はね、変われないんじゃなくって、変わりたいと思ってないんだよね。

 

今のままの自分でいいの♪って、どこかで思ってるよ。

あきらめも、あるよね。

そんなに努力してまで、変わる必要もなかったりとかね。

 

オレの場合は、切実だったからね。

接客やんなきゃいけねーし。

夢もあるし。

 

ここで変わらなきゃどうする、って。

覚悟を決めたから。

 

「変わる」ってのはね、覚悟を決めた人間には簡単なことなの。

ぜんぜん難しくない。

ちょろいぜ?

ただし、5分間だけは、死ぬ思いをしたけどね。

 

そんな思いをしてまでも変わりたいかどうか、だよね。

 

でもオレ、言い続けるんだ。

「本当に、そのままでいいの?

変わっちゃったほうが面白いぜ~?」って。

 

それでも、覚悟を決めるヤツなんて、ほとんどいないけどさ。

あきらめたくないんだよね。

オレだって、こんなに変わったんだし。

 

ちょっと勇気を出せば、誰でも変われるってこと、変わったら面白いってこと、言い続けるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です