飲食店の経営者が語る【リピーターを増やす】会話術

飲食店

お店に来るお客さんを、どうすればリピーターに変えられるのだろう?

 

飲食店の店主が語る、「リピーターの増やし方」だよ

 

人が飲食店に求めるのは、会話だよね。

お客様と会話をすれば、必ずリピートしてくれるの。

会話を重視していると、自然と人が集まってくるよ。

 

昔、チェーンの居酒屋で、店長やってたとき、いつも赤字の店に配属されてたの。

オレが必ず黒字に変えるからさ。

 

どうやって黒字に変えるかというと、まず店員同士を楽しい雰囲気に変えるんだ。

仲間意識が芽生えるとさ、仕事に行くのが楽しい!ってなるだろ。

その楽しい雰囲気が、お客様にも伝わるんだよ。

どんなに元気な声で挨拶したって、ムリヤリ感があったら、うれしくないよね。

自然な楽しさが人を集める。

 

で、楽しい雰囲気の中、お客様と会話をするの。

他の仕事は仲間に任せて、会話を最優先しろっていうのがオレから部下への指示。

仲間意識ができてるから、協力体制はバッチリよ。

アイツは会話中だぞ、って。

 

お客様が来店されたときはね、「おぉ~! 待ってたぞ!」って大声で言うの。

「最近、何やってたのよ?」って聞くと、お客様はビックリする。

 

お客様が帰るときにはね、「明日も来る?」って聞くの。

来る予定じゃなかった人も、「明日のメニューは何?」「じゃあ、来ようかな」ってなるわけよ。

リピーターって、そうやって増やすの。

 

そしたらさ、見事に黒字に変わるのよ。

立地が悪かろうが、条件が悪かろうが、関係ない。

絶対に黒字になる。

 

接客する側も、される側も、結局はね、会話を求めてるんだよ。

会話がなければ、人は集まらない。

 

だから、会話下手な人は、手段をいろいろと考えなきゃね。

立地とかさ。

 

話せる人は、どんどん話したほうがいいよ。

これで本当に、すべての赤字店を黒字に変えたんだよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です