飲食店の経営者が語る【ファン作りの極意】自分が負けてしまえばいい

飲食店

人間関係で大事なことはね、自分が負けることだよ。

 

飲食店の店主が語る、「ファン作りの極意」だよ

 

勝ったって、何もいいことないだろ?

勝ちたいってのは、ただのプライドであって、それで関係が改善することは
100%ない。

100%だぜ?

100%の確率なのに、なんでプライドを出すの?

 

相手がしゃべりたいことを、しゃべってもらう。

それで、気持ちよくなってもらう。

 

そしたら、十中八九、自分のファンになってくれる。

また聞いてよ、と言ってくる。

だったら、聞いてやればいいじゃん?


上から目線で話されたとしても「その話、もっと聞かせて」って言えば、目をキラキラさせて話し続けるだろ?

聞いてやれば、いいんだよ。

 

その代わり、叱るところは、バシッと叱るぜ?

でね、叱ったあとにね、超・笑顔で言うの。

「食いにいくぞ! おごってやるから」

するとね、もうオレには頭が上がらなくなる。

 

叱られたあとに、うまいもの、おごってくれるんだぜ?

根に持つどころか、申し訳ないと思うみたい。

そうするとさ、自分の悪いクセを必死で直そうとするの。

 

「もうチャラになりました?」って聞いてきたりすんのよ。

面白いぜ。

 

聞いて、

叱って、

おごる。

 

これやるとね、どんな相手だって絶対に変わるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です