イヤな人の対処法【心の器なんて大きくできないよ】定食屋劇場

定食屋

心はね、フラットにするの。

受け皿を作らない。

真っ平ら。

 

イヤなお客様がいたとしても、ぜんぜんストレスたまらないよ。

 

定食屋の店主が語る、「イヤな人の対処法」だよ

会話の受け皿は小さくていい

受け皿ってのはさ、真ん中がくぼんでるだろ?

くぼみがあるから、ストレスがたまっちゃうんだよね?

 

そのくぼみをね、なくせばいいの。

フラットにする。

「板」でいいよ。「まな板」だね。

真っ平ら。

そしたら、すべて流れていくから。

 

ちょっと斜めにするだけで、サーッと流れちゃう。

 

だから、何も覚えてないの。

「こないだ、言ったじゃん」って言われても、「そうだっけ?」で終わり。

 

「この人の話は聞こう」って思ったときだけ、「受け皿」にすればいい。

それ以外は、すべてフラット。

 

そもそも、心の器(うつわ)なんて、大きくすることなんかできないよ。

「心を広く」なんて、ムリだろ?

受け皿は、小さくていいんだよ。

必要なものだけ、入れればいいんだから。

 

心の器

 

ぜんぜん、難しくないよ。

ストレスなんて、ためる必要はまったくないの。

フラットなら、たまらない。

 

もしくは、まな板の上で切り刻んでから捨ててもいいよ。

 

とにかくね、くぼみさえなければ、たまらないから。

 

受け皿ではなく、まな板で。

ちょっと疲れたら、そっと離れて気分転換する。

 

それだけ。

接客ってね、ぜんぜん疲れないんだよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です