【人は絶対に変われる】店長が一緒に謝罪をすると必ず和解する|定食屋劇場

定食屋

オレはね、人のこと、あきらめたくないの。

誰もが絶対に、変われると思ってるからさ。

 

居酒屋で店長してたときにさ、もめ事とか、毎日のようにあるのよ。

たいていは、ネチネチ・グチグチ言って、雰囲気がどんどん悪化するだろ。

オレはね、絶対に変えてやろうって燃えてくるの。

 

喧嘩した2人がいるとね、怒ってるほうに聞くのよ。

「オレにどうしてほしい?」「相手にどうなってほしい?」

そうするとさ、「謝ってほしい」って言うの。

「よし、わかった! 謝ればいいんだな? それで気が済むんだな?」

 

そして、もう一人にさ、オレが頼みにいく。

「頼む! オレのためだと思って謝ってくれ。

オレも一緒に謝ってやるから。

悔しいと思うけど、ちょっとだけ我慢してくれないか?」

最初はね、なんでオレが謝んなきゃいけねーんだよって言うよね。

そこをね、ぐっとこらえて、「オレのためだと思ってやってくれ」って、頼み込むわけ。

 

そんで、一緒に謝るの。

オレが先に頭を下げるよ。

「このたびは誠に申し訳ありませんでした」って。

そうするとさ、2人ともビックリするわけよ。

 

だってさ、店長がだよ?

敬語を使って謝るんだよ?

謝る側も、謝られる側も、罪悪感をもつみたいでね~。

泣くヤツもいるよ。

 

「オレなんかのために、偉い人に頭を下げさせてしまった。

オレが意地を張ってしまったばっかりに」って。

 

最後はさ、2人とも、心から反省して握手すんの。

「オレが悪かった」って言い合ってね。

 

これで変わらなかったヤツは今までに、一人もいないね。

全員、変わるよ。

 

オレね、あきらめたくないのよ。

絶対に変えてやりたいって思ってるから。

人は変えられない、とか、変えようとしないほうがいいっていうのはさ、自分のエゴだからでしょ?

「このままじゃこの人、ほんとに嫌われ者になるよなぁ」「本人がツラいよなぁ」って思ったらさ、あきらめることなんてできなくない?

 

ほかにもさ、すごい短気で、すぐに人を殴るヤツが飲食店には多くてさ。

オレ、そういうヤツには言うんだよ。

「わかった。殴っていい。

そのかわり、オレを殴れ。

オレなら、どれだけ怪我しても警察に言ったりしねぇから」

それでさ、何人のヤツがオレを殴ったと思う?

 

ゼロだよ!

誰も殴んねーの。

 

なんでかっていうとさ、カッとなった瞬間にオレのところまで来なきゃいけねーだろ。

数歩、歩いただけで、怒りがスーッとひいていくんだってさ。

オレんとこ来て、言うんだよ。

「殴りに来たんすけどぉ~、なんか、どうでもよくなっちゃいました」ってさ。

そんでね、殴ってばかりいたヤツも殴らなくなるんだよ。

そんときに、オレ、思うの。

「勝ったぜ! イェイ!」って。

やっぱ自己満足だな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です