すべての仕事は10分で終わる~スキルアップとは○○をアップすること【振り返りで自己成長】

すべての仕事は10分で終わる

悩んでいるヒマがあったら行動しよう。すべてはスピードが命。

なりたい自分に最速で近づくために。

 

「すべての仕事は10分で終わる」by 森川亮

 

この本で学べること

  1. スキルアップとは、スピードアップである
  2. 悩み方で時間短縮できる
  3. 振り返り(フィードバック)で飛び抜けた結果を出す

 

この本を読むと、「7つの習慣」が理解できるようになります。

「7つの習慣」の実践編としてオススメです。

7つの習慣7つの習慣【自立と相互依存】一流の人が読んでいる、人格形成のための必読書

 

特に、「振り返り」の重要性は、心に響きました。

どんなときも、「振り返り」を丁寧にすると、変化するスピードがアップします。

すべての仕事は10分で終わる

 

私はただの凡人にすぎません。  
そんな私がビジネスの世界でそれなりの結果を残し、マルチタスクをどんどんこなしているのは、徹底して自分の時間の使い方にこだわっているからであり、「最短距離での最大効率」を常に意識しているからに他なりません。

1.「スキルアップ」とは、「スピードアップ」

すべての仕事は10分で終わる

自分のスキルは、スピードで判断しよう

~職務スキルでこだわるところは「スピード感」~

個人の職務スキル、そして企業価値として私が一貫してこだわっているのは「スピード感」です。

 

「スキルアップ」とは、具体的に言うと「スピードアップ」なのだと、この本を読んで感じました。

それほど、森川さんはスピードにこだわっています。

特に、「仕事は10分」という区切りに徹していました。

すべての仕事を10分ごとに区切る

~終わりを決めてから取り組む~

どんなタスクも10分で終わらせるという心構えで仕事に臨むと、締め切りがすぐ目の前にあるので、やる気があろうとなかろうとすぐに着手しないといけません。終わりを決めることで必要以上に悩むことを防ぐこともできます。

 

タイトルの「すべての仕事は10分で終わる」というのは、「仕事を10分ごとに区切る = 仕事を小さくする」という意味です。

プレゼンの資料を作る場合

  1. プレゼンの構成を作る:10分
  2. 情報収集をする:10分
  3. 各ページにキーワードと、必要なデータを貼る:10分

 

「プレゼンの資料を作らなきゃ」と仕事を大きく考えると、なかなか手につかなくなってしまいますよね。

人は、大きいことを目の前にすると、動けなくなるのです。

小さいことなら取りかかりやすくなります。

やる気があるか・ないかは関係ない

「なんか今日はやる気が出ないからゆっくりやろう」とか、やる気がないと仕事ができないことを当たり前のように考えている人が多いと思うのです。

たしかにやる気があれば集中力が高まり、よいアウトプットも出やすいでしょう。だからといってやる気がないから何も進まないというのは、あまりに自制心がなさすぎる気がします。

 

仕事を目の前にしてボーッとしてしまうときは、ストップウォッチを取り出してみましょう。

刺激を受けるので、集中力が増します。

 

なお、仕事を10分に区切ることのもう一つの利点は、何にどれだけの時間がかかるのかを把握できることです。

いっぱいいっぱいになっている人や、期日を守れない人は、時間を把握できていないことが原因。

仕事にかかる時間の見積もりが甘いわけです。

10分で区切るようにすると、時間の見積もりが正確になっていき、結果的に仕事の質も高まるようです。

丁寧さよりもスピードのほうが大事

~相手が求めるもの以上の仕事は趣味である~

本人としては「丁寧でいい仕事をしている」という感覚でしょうが、相手が求めるもの以上の仕事はもはや自己満足や趣味の世界であり、私はムダだと思っています。

 

完璧さを求めるあまりに、時間をかけて丁寧に作ろうとしてしまう。

よくあることですよね。

でも実際は、丁寧さよりも、早く出したほうが喜ばれたりします。

丁寧さにこだわるのは、自分のこだわりであり、エゴなのかもしれません。

果たして相手は何を求めているのか?

求めるもの以上のことをやっても、それは自己満足だと言い聞かせたほうが良さそうです。

 

その丁寧さ、求めてない

 

【情報収集】仮説を立て、目的をもって情報収集する

~目的に沿わない部分は読む必要はない~

「なぜ自分はこの本を読むのか?」「何を学びたいのか?」というアウトプットを先にイメージできると、速読であっても重要なポイントは外さないと思います。当初立てた仮説と異なることもありますが、それもメモしておけば学びにはつながっていきます。

 

本も新聞も、先に目的を決め、目的に沿った部分だけを読む。

1冊を丁寧に読んでいるヒマはありません。

「仮説思考」は、情報収集のときにも必要なのだと気づきました。

 

森川さんは、新聞も、見出ししか読まないそうです。

本も、自分の目的以外の部分は読まない。

~SNSのタイムラインは無意味~

SNSのタイムラインなんて、まったく無意味だそうです。

他人のタイムラインはあまり見ません。そこに氾濫しているのは2次情報、3次情報がほとんどです。起業家的な視点でいうと1年前の新聞を読んでいるような感覚で、あまり価値を感じないのです。

 

タイムラインにムダな時間を費やしている気がする

~選択肢を出したら、すべて試す~

マッピングして、選択肢を出し切り、順番に試す。  
新規事業を立ち上げるときも、新しい仕組みを導入するときも、こういうやり方をしていけば経験上だいたい成功します。

 

どれにしようかと悩むよりも、トライ&エラーで全て試してみてしまえばいいということですね。

悩んだり迷ったりする時間は、本当に意味がないなと思えてきます。

 

答えなんて誰も知らないから、すべてやってみるしかないってことだ

2.時間短縮できる悩み方をする

すべての仕事は10分で終わる

「悩み」に、時間をとられない

時間をとられてしまうものといえば、「悩み」も大きいですね。

森川さんは、「正しい悩み方をしよう」と言われています。

正しい悩み方とは、ちゃんと悩んでムダを省くことです。

理不尽な上司はスルーする

「わかりましたー」「忘れましたー」の組み合わせで、ひたすら無視をしてきた感じです。スルー力とでも言いましょうか。  
でも同僚などを見ていると、そうした上司に振り回されている人がほとんどで、つくづく真面目さや従順さを美徳とする日本の教育のあり方は問題だなと感じていました。

 

仕事では、人間関係に振りまわされるという悩みも大きいのではないでしょうか。

理不尽な上司、気の合わない同僚など、人間関係に寄って仕事のやる気をくじかれることはよくあります。

そこで大事なことは「スルー力」。

ムダなことで悩まないのが、自分のスピードアップのためです。

 

「わかりましたー」と返事だけして、スルーすればいいならラクチンだ

 

自分で答えを見つけるのが、プロフェッション

どれだけ時間がかかろうとも自分なりの答えを見つける作業こそが仕事(プロフェッショナル)であり、その人の存在価値だと思っています。

安易な気持ちで助言を求めて自分のジョブを放棄すると、中長期的に見ると自分の成長チャンスを逃していると思います。

 

悩まないとは言っても、必要なことは自分で悩んで答えを出さなければなりませんね。

安易に助言を求めるのではなく、プロ意識を持って自分で答えを見つける。

そんな姿勢を心がけていきたいです。

ついつい、不安になってくると、「どうしたらいいか」と聞きたくなってしまいますが、答えなんて誰も知らない。

自分で悩んで出すしかないのです。

 

答えを出した後は実行が大事だよ

 

問題を指摘するならファクトをベースにする

課題提起をする時に「○○に対して何十%の人が不満を抱いています。その理由で最も多いものは△△です」とファクトをベースに語っていたり、解決策を提案するときに「ここを改善するために自分は××すべきだと思います。なぜなら」といったように、ちゃんと根拠を論理立てて話せていれば、聞いている側もわかります。  

 

問題を指摘する際は、ただ単に「これがイヤ」と感情論だけで話さないこと。

ファクト・根拠を出していくようにしたいですね。

 

相手まかせは嫌われるね

 

60%の確信で進む

「悩んでいるヒマがあったらやってしまったほうが早いのに」ということは他の企業などを見ていてよく感じることです。

 

迷ってばかりいる人と、行動力のある人とでは、自分の中のイエス:ノーの割合に違いがあるそうです。

 

イエス:ノーの割合

  • 優柔不断な人…9:1
  • 決断力ある人…6:4

 

決断力・行動力をアップするための秘訣は、開き直り。

とりあえず60%の確信で試しにやってみるほうが、はるかに成果が出るそうです。

思考のクセを直す

いつも悩んで行動が起こせない人は、おそらく思考の悪いクセがついている状態にいます。だからこそ、いつまでも悩むのです。

 

でも本当にやりたくない場合はどうしたらいいんだ?

 

「やらない」のも立派な決断

散々悩んだ結果、どうしても自信が持てないなら「やらない」というのも立派な決断です。間違っていることを一生懸命やることほどムダなことはありません。

 

いつまでも悩んでいないで、「やらない」ことを決めてしまおうということです。

うじうじしているよりも、よっぽど次の行動に移せます。

いろいろ助言をもらっても動けないのは、「やらない」ほうがいいのかもしれません。

 

悩むなら、行動するために悩む。

やりたくないなら、悩まない。

 

やらないことに関しては、悩まなくていいんだな

 

やりたいかやりたくないかを判別するには、「振り返り」が大事です。

すべての仕事は10分で終わる

3.「振り返り」で自己管理する

私は普通の人が飛び抜けた結果を出すためには、時間の使い方を記録し、PDCAを回すことが、最も大事だと考えています。

 

  • 普通の人が飛び抜けた結果を出すため!
  • 時間の使い方を記録する
  • PDCAを回す

 

飛び抜けた結果を出す!

気になりますね。

では、その方法を見ていきましょう。

「振り返り」の方法

すべての仕事は10分で終わる

~振り返りの3点セット:現状把握・原因究明・計画修正~

どんなときでも週末の振り返りをさぼることはありません。どれだけ疲れていても必ず数時間かけて行ないます。
完璧ではなくても「現状把握」「原因究明」「計画修正」という3点セットで自分を律していく意識こそが大事です。

 

どれだけ疲れていても、「現状把握」「原因究明」「計画修正」の3点セットは必ずやる。

振り返るべき点は、次の3つです。

~振り返る3つ:時間、お金、生活習慣~

振り返るべき3つのもの
  1. 時間の使い方
  2. お金の使い方
  3. 毎日の生活習慣

 

時間にこだわる

お金にこだわる

生活習慣を見直す

この3つについて、現状把握・原因究明・計画修正を繰り返す。

それが振り返り。

そのためにも、ゴールを設定することが大事だといいます。

~ゴールを設定する6項目~

6項目のゴール設定を
  1. お金
  2. 家族
  3. 仕事
  4. 健康
  5. 精神状態
  6. 知識や趣味

 

ゴールを設定するのは、理想を明確にし、理想の姿に近づく努力をしていくことが目的。

~振り返りの目的:自分の資源を言語化する~

自分の資源を言語化できると、自分を管理しやすくなります。

 

自分のことを言語化しよう

  • どんな自分になりたいのか?
  • どんなバランスで生きたいのか?
  • どこを目指しているのか?
  • 現状足りていないものは何か?
  • そのズレを埋めるための課題は何か?
  • その課題を解決する方法はあるのか? 
  • どんなときに自分は楽しいと思うか?
  • 周りの人に自分はどう思われたいのか?
  • 自分の人生はどうあるべきか?

 

自分の資源を言語化すること。

やはり「言語化がすべて」ですね。

振り返りには、メモ書きがオススメです。

ゼロ秒思考考える力を鍛える【言語化の効用】モヤモヤを解消し心をコントロールする方法|ゼロ秒思考 by 赤羽雄二

 

振り返りの目的とは

  • 自分の資源を言語化する
  • 自分の理想を明確にする
  • 理想の姿に近づくために修正を繰り返す

「振り返り」を続けると、どうなるの?

~「自分という存在は何でできているのか」が明確になる~

いかに早く仕事を終わらせるかというテーマではあるのですが、それを達成するためには自己管理が必要であり、自己管理を突き詰めていくと「自分という存在が何でできあがっているのか」という話になってくると思うのです。

 

「速く」終わらせようと思うなら、「なぜ速く終わらせたいのか」という価値観とも向き合うことになります。

何のために自分は生きているのか?

自分は何をやりたいのか?

振り返りを続けると、無駄なことを捨てることができます。

~コツコツと悪いところを捨て去ると、成果が出る~

コツコツと反省して、コツコツと吸収して、コツコツと悪いところを捨て去っていったら仕事の成果も出せるようになってきます。そうなるとさらに振り返りの習慣が有意義に思えてきて、だんだんシステマチックに行なうようになった、という感じです。

 

悪いところを捨て去らないと、何も変わりません。

「変わる」ためには、「足す」よりも「捨てる」ことのほうが効果的。

捨てれば変わるのです。

 

無駄な動きはないか?

何を捨てるべきか?

 

捨てるためには、「振り返り」ですね。

捨てていくと、同じ場所には踏みとどまらなくなります。

~同じ場所に踏みとどまらない~

自己管理(特に振り返り)を続けていれば、少なくとも同じ場所に踏みとどまる可能性は低くなります。

 

頑張ってるのに何も変わらない。

学んでも学んでも身につかない。

それこそ、「同じ場所にとどまっている」状態

同じ場所から脱け出すためには、常に自分を振り返り、無駄を捨てること。

そうすると、周囲の人が止まって見えるようにも、なるそうです。

~10年すれば、周囲の人が止まって見える~

ハードルを高めに設定して、できなかったらなぜできなかったのかを反省して、改善策を考え、また挑戦する。すぐに成果は出ないかもしれませんが、1年ぐらい経つとできるようになるものです。  

PDCAをあらゆる分野でやり続けていると、10年もすれば、周囲の人が止まっているかのように思えるくらい、速く仕事が処理できるようになるので、結果的に同時に扱える案件の数も増えていきます。

 

  1. ハードルを高めに設定する
  2. できなかった理由を考える
  3. 改善策を考える
  4. また挑戦する

 

PDCAをあらゆる分野で!

すると、10年もすれば、周囲の人が止まっているように見える。

どんな境地なのか、味わってみたいですね。

「振り返り」を続けるモチベーション

~普通の人に戻らないために、振り返りを続ける~

(振り返りの)意識がなくなった瞬間、きっと私は「普通の森川さん」に戻ってしまうでしょう。

 

普通の人に戻らないためにも!

常に「振り返り」を欠かさない。

「振り返り」をやめたら、普通の人に戻ってしまうというのは、強烈なモチベーションになりそうですね。

成果を出し続けるために、変化し続けるために、「振り返り」を習慣化したい。

~実験:徹底的に自分のことを管理したら、どこまで成果が出せるか?~

「別に天才でもない普通のサラリーマンの自分が、徹底的に自分のことを管理していったらどこまで成果が出せるのだろうか」という興味もあって、ある意味、自らが実験台になったような感覚でした。

 

徹底的に自分を管理すると、どうなるのか?

「実験する感覚」というのは、いいですね。

ならば試してみよう、と素直に思ってみることが大事ではないでしょうか。

~時間の使い方にこだわる~

時間は、誰もが持っている資産です。  

それを何にどう使うかで、その人が出す仕事のアウトプットも、「その人」自体も決まります。  

人は過去にしてきたことの積み上げの結果でしかありません。  

だから徹底的に時間の使い方にはこだわりましょう。

 

時間をどう使うか?

それがすべてを決める、というのは納得です。

今の自分は、「過去にしてきたことの積み上げ」。

そうであるなら、「今の積み上げ」が、未来の自分になるわけです。

そう思うと、こだわりたくなってきますね。

 

時間管理について。

時間管理とは?~あなたはどんな価値観で生きていたいですか

人生は、「振り返り」で決まる

この本を読んでから、「振り返り」を意識するようになりました。

そして、あらゆる人が、「振り返り」を重視していることにも気づきました。

振り返りについて、書かれている本を紹介します。

「アウトプット大全」~

この本には、インプットしたことを効果的にアウトプットする方法が書かれている本です。

アウトプットのポイントとして、次のように言われています。

自分のすべての行動に対して、毎日フィードバックをおこなうこと

アウトプット大全アウトプット大全 by 樺沢紫苑【学びを成長に変える3つの秘訣】すべての行動にフィードバックの習慣を

~「働く大人のための『学び』の教科書」~

この本では、学びを自分のものにするためのポイントが書かれています。

ポイントは3つ。

背伸び・振り返り・人とのつながり」。

働く大人のための学びの教科書働く大人のための「学び」の教科書 by 中原淳【人生100年時代のために】まず、大人の学び方を学ばねばならない|振り返りながら進む

~「言葉にできるは武器になる」~

重要なのは、きちんと時間を確保して、自分と、自分の内なる言葉と向き合うことである。さらに言えば、定期的に時間を取ることで、自分と向き合い続け、習慣化することである。

 

この本で言われていることは、他者に自分の思いを伝えるためには、「自分の内なる言葉」と向き合うこと。

「内なる言葉」が外に出たときに、思いが伝わるのだ、ということです。

そのためには、定期的に自分を振り返ることが大事ですね。

言葉にできるは武器になる「言葉にできる」は武器になる by 梅田悟司【どうすれば自分の意見を持てるのか】真逆を考える習慣を

~「エッセンシャル思考」~

人生をデザインすること。毎週時間をとって、生き方をジックリと考える。パソコンやスマートフォンはすべて電源を切り、自分の思考に全神経を集中させる。そして数ある可能性のなかから、本質的なことだけを取り出していく。

 

「エッセンシャル思考」とは、ムダなものは捨て、もっとも大切な「本質」だけを選び取ろうということ。

「取捨選択の力」です。

そのためにも、やはり「振り返り」ですね。

エッセンシャル思考エッセンシャル思考|優柔不断で悩む人におススメの1冊~主体的に生きるコツがわかる

~「人生の『質』を上げる 孤独をたのしむ力」~

「自分の経験を振り返って、納得する」という作業ができないと、それがストレスになるからです。

 

この本は、孤独の重要性を書かれています。

孤独になるとは、すなわち、「振り返り」をじっくりおこなうことです。

人生の質を上げる孤独をたのしむ力人生の『質』を上げる 孤独をたのしむ力【大人が犯す最大の失敗】孤独力と内省力

まとめ

この本を読むまでは、「スピード」と「振り返り」について意識することはありませんでした。

スピードを意識して過ごしてみると、10年後には違った景色が見えるのかもしれません。

常にアップグレードを。

 

ということで。

 

memo
本当にやりたいことをやるために、何事も速く終わらせよう。

自分のスキルは「スピード」で測る!

そして、必ず「振り返り」をおこなう!

20191023

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です