その顔は誰の顔?【他人軸は気持ち悪い】自分の考えで生きていこう

思考

誰の考えで動いているのか?

しっかりと考えよう。

その顔は、誰の顔? その考えは、誰の考え?

他人になりすましてないか

朝、鏡をみたとき、もしもそこに他人の顔が映っていたら、すごく気持ち悪い。

他人の顔を見ながら、髪をとかし、化粧をして、身だしなみを整える。

想像するだけで、ほんと~~に気持ち悪い!

 

だけど。

 

顔なら、すぐわかるけど、考え方だと、なかなか気づかない。

他人の考え方で動いてないか?

自分の考え方になってるのか?

 

他人の考え方や他人の傘の下でいい気になっているのは、すご~~く気持ち悪いんだってことに、早いとこ気づいたほうがいい。

いつまで他人になりすまして生きていくつもりなのか。

もっと「自分」でいいんじゃないの。

不安だから行動するときも要注意

不安だから行動しなきゃって思ってるときも、要注意。

行動して満足かもしれないけど、実は、他人の知識で自分の不安をうめようとしてるだけ。

アイドルのブロマイド写真を部屋の中にベタベタ貼るのは、まぁ本人が幸せなら、なんの文句もないけれど。

心の中まで他人の知識というブロマイドで埋めつくすなら、それはちょっと、気持ち悪いと言おうじゃないか。

学びが自分のものになってるか

専門用語を多用していないか

その知識、その学び、ちゃ〜んと自分のものになってます?

ひとつの目安として、そのことを知らない人に対して、専門用語を多用するとき。

そんなときは何も考えてない証拠。

心理学を学んでる人が、「それって投影だよね」とか。

ビジネスを学んでる人が、「言語化が大事だよね」とか。

言語化って何?

言語化を言語化してほしいでしょ。

まとめ

知らない人に、自分の言葉で、やさしい言葉で、説明できるかどうか。

……ってことを心がけてみると、自分が自分に納得しちゃうときが、あったりする。

自分が、自分の言葉に「なるほど〜!」って思えるかどうか?

そこを基準にしてみるといい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です