自分を責めたくなったときに思い出したいこと【何も知らないという事実】ソクラテスの知恵

ソクラテス

くじけそうになるたびに思い出したいことは、「自分は何も知らない」という事実。

 

これぞ、古代ギリシアの大哲学者・ソクラテスの知恵。

 

 

「人生、自分自身、我々を取り巻く世界についてほとんど理解していないと気づいた時、我々一人一人に英知が宿る」

 

自分のことが、わからない。

やりたいことが、わからない。

どうしていいか、わからない。

 

わからなくて、当然なのだ

 

私たちは、何も知らない。

ソクラテスが「何も知らない」と言っているのに。

凡人である私たちは、いったい、何を知っているの?

 

何も知らなくって、いい。

何も知らないことから、出発しなければならない。

見栄を張る必要は、ない。

 

 

「知るということは、あなたが何も知らないということを知ることである。それが本当の知識だ」

ソクラテスの知恵「知らないことを知らないと思っている」

「無知の知」とは、後から作られた間違った言葉

「無知の知」とは、知らないことを「知っている」という意味。

「知っている」という時点で、知ってしまっている。

それは、ソクラテスの本意ではない。

ソクラテスは、ただただ、「私は何も知らない」と思っているだけ。

知らないことを「知っている」わけではない。

「知らないことを知っている!」と、自信満々に言うのも、やめておこう。

本当に、何も知らないことを、自覚する必要がある。

知ったかぶりをする人ほど、愚か者

ソクラテスは、知者と名乗る人々と、徹して対話をした。

対話をとおして、感じたこと。

知らないことはたくさんあるのに、「すべてを」知ったつもりになっている。

「何も知らない」という事実を、知ろうとしない。

できる人のフリをして、偉そうにしている。

むしろ、「学」のない一般人のほうが、知恵があるように見える。

 

つまり。

 

知ったかぶりをする人ほど、愚か者である

 

たとえば。

職人は、たしかに、技術はすごい。

でも、その技術以外のことは知らない。

それなのに、すべてを知ったつもりになっている。

偉そうに振る舞うのは、おかしいじゃないか、と。

「自信」とは、知ったかぶりではない

できる人を見て、落ち込む

自分は何もできてないと思っては、自分を責める

未熟な自分を恥じる

 

それは、なぜ?

 

知っていると、思っているのではないか?

自分はできると、考えているのではないか?

 

思い出そう。

ソクラテスが、「何も知らない」と言っていることを。

なぜ、知ってるフリをしたがるのか

見栄で生きてないか?

正しいことや美しいことの場合は、多くの人はそう思われることを選び、たとえ実際にはそうではなくても、とにかくそう思われることを行い、そう思われるものを所有し、人からそう思われさえすればよいとする人々が多い

 

  • 多くの人は、正しい・美しいと思われることを選ぶ
  • 実際にはそうでなくても、そう思われることが大事
  • そう思われさえすれば、いい

 

つまりは、見栄!

「実際にそうであること」ではなく、「そう思われること」のほうが、一大事。

だから、知ってるフリをしたくなる。

見栄で生きてることに、気づかねばならない。

「どう思われるか」ではなく、「実際にどうなのか」を問わなければならない。

実際にそうでなければ、価値はない

(本当に善いものの場合は、)ただそう思われているというだけでは満足できず、実際にそうであることを求め、たんなる思われは、この場合、誰もその価値を認めない

 

  • 本当に善いものであるならば、思われているだけでは満足しない
  • 実際に善いものであることを求める
  • ただ思われているだけでは、価値がない

 

「思われているだけで満足」

やりがちな失敗ではないだろうか。

思われて満足なのか?

実際に、そうありたいのか?

 

価値を生み出したいなら、「思われるだけ」では、満足しない。

主体的に生きる

他者に煽られたり、流されたりすることなく、自分がしようとしていることの目的を見極めようとする人は、主体的に幸福を選択することができる。そのような人は、皆が進むのと同じ方へと向かって歩いていこうとはしないことがある。皆が酔っているのに、その人一人だけが醒めている。皆が成功を目指していても、日常のささやかな幸福があることを知っている。

 

  • あおられず、流されない
  • 自分の目的を見きわめて、主体的に選択する
  • 皆が進む道と、逆を行くこともある
  • 皆が酔っているなか、自分だけは酔わずに歩く

 

「知っている」と言う人に、あおられる必要はない。

知ったかぶりの情報に、流される必要はない。

自分の目的を見きわめること。

ときには、他の人とは違う道を、主体的に選んでいくこと。

 

「何も知らない」とは、自分が歩いている道が正しいかどうかも、誰も知らないということ。

何も知らない人に何かを言われて、流されることはない。

まとめ

自分をみじめに感じたり、反省したりするたびに、思い出してもらいたい。

 

何もわかってなくて、当たり前。

何も知らなくて、当たり前。

 

落ち込むことはない。

当たり前のことに、気づいただけ。

 

ソクラテスが、「自分の知識は完全ではない」と言っているのに。

「完全に知っている」ことは、死ぬまでないのだと自覚し、知らないからこそ努力をしていく。

そんな姿勢を持とうと思えば、少しは勇気が出るのではないだろうか。

 

最初にソクラテスの話を読んだときは、よくわからなかった。

「知らない」から何だ? と。

でも、だんだんと、感じるようになった。

 

本当に知らないんだ、と。

そして、「知らない」と言えるすごさを。

ついつい、見栄を張りたくなってしまうから。

 

自分は何も知らない・できないという「無力感」こそが、謙虚さをもたらす。

この考え方は、とっても大事。

やる気が出ないが一瞬で消える方法「やる気が出ない」が一瞬で消える方法【無気力】から抜け出すには原因を捨てること

 

自分はスーパーヒーローなんだという幻想を捨てること。

知らないからこそ、学ぶ。

謙虚に、学ばなければ。

 

ソクラテスの言うように、まずは自分を動かそう。

 

「世界を動かそうと思ったら、まず自分自身を動かせ」(ソクラテス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です