AIに負けないために【身につけるべき20のスキル】3年後に結果を出すための最速成長 by 赤羽雄二

最速成長

AIによって人間が暇になることは、もう確実!

 

研究者、起業家、思想家など、世界中のキーマン51人に取材したが、ほぼ共通しているのは2030年くらいから人間は暇になるということ

(「動物と機械から離れて」の著者、菅付雅信さんの話)

 

人材会社の幹部の人は言ってました。

 

10年どころじゃない、今から本当にやばい。

見てるとよくわかるけど、会社員の8割はすでに必要ない。

でもね、世界の中で、日本だけが終身雇用でクビにできないんだよ。

アメリカや中国は、ムダな人は、どんどんクビを切られる。

そのかわり、クビを切られた人も、必要な場所に行けるの。

日本では、大企業では人があまってる。

でも零細企業では、人材不足だったりするでしょ。

必要なところに、必要な人が行けないの。

だから、人も技術も停滞していく。

アメリカと中国に、日本が勝てるわけがない。

仕事がAIにかわったらね、ほとんどの人が肉体労働するしか、なくなるよ

でも、その肉体労働も、安いアジア圏の人に負けちゃうかもしれない。

日本人の生き残りは、本当に厳しいんだよ。

 

今後の社会は、本当に大変。激変する。

10年後のことは、本気で考えなくてはなりません。

 

そうはいっても、なかなか考えられないですよね。

 

そこで、この本から学んでみましょう。

「3年後に結果を出すための最速成長」by 赤羽雄二

 

次のように考えるといいそうです。

 

「3年後→5年後→10年後」を、ホップ・ステップ・ジャンプで考える
 

そのために。

 

身につけるべきスキルは20個!

 

身につけるべき20のスキル

  1. 「人生設計力」:オプションを持つ
  2. 「成長力」:成長し続ける
  3. 「思考力」:自分で考える楽しさ
  4. 「アンテナの立て方」:先を読む
  5. 「分析・深堀り・洞察力」:表面にだまされない
  6. 「即断即決、即実行力」:電光石火で進む
  7. 「グローバル行動力」:地球上、どこでも活躍
  8. 「リーダーシップ」:前に立って進む
  9. 「部下活用力」:部下・メンバーを活かす
  10. 「コーチング力」:部下・メンバーを育てる
  11. 「仲間、コミュニティ作り」:良い仲間を作る
  12. 「経営改革推進力」:自分が会社を立て直す
  13. 「転職力」:遠慮なく転職する
  14. 「起業力」:自分の力で道を切り開く
  15. 「モチベーションの保ち方」
  16. 「自信の持ち方」
  17. 「目標」「成長」へのスタンス
  18. 「仕事」へのスタンス
  19. 「自分」「人生」へのスタンス
  20. 「家族」「仲間」へのスタンス 

 

人生100年時代、自分はいったい、どう過ごすのか?

今から真剣に考えないと、いざというときに何もできなくなってしまいます。

社会の変化についていけず、ウツになって動けなくなってしまう危険性も!

 

この記事では、身につけるべき20のスキルを整理します。

 

技術の進化がこれまでになく加速し、ビジネス的にも勝者と敗者の差が極端につく時代です。そこでは、これまでとは違う価値観、視点、取り組みが必要とされます。従来の延長線上では、もう語ることはできません。今まで以上に自分の身は自分で守らなければならなくなった、 そういうふうに私は考えています。(赤羽雄二)

1.「人生設計力」

明確にしよう

  • 自分が何をしたいのか
  • どうすればそこに近づけるのか
  • どうやって準備しておくのか

 

自分がどうなっていたいかを考えたら……

  • ホップ(3年後)
  • ステップ(5年後)
  • ジャンプ(10年後)で、書き出す 

 

 

手順

  1. 10年後、どうなっていたいかを書く
  2. 3年後→5年後→10年後の、環境・アクション・注意点を書く
  3. ホップ・ステップ・ジャンプの流れになっているかを確認、修正する
  4. 貼っておく&持ち歩く
  5. 毎年年末に、達成状況を、◎△✕で評価、反省を記入する
  6. 毎年元旦に新たに書き直す
     

なお、10年後の自分がなかなか思いつかないときは……

 

3年後にこのくらいになっていたい、という仮決めだけはしておこう

2.「成長力」

(1)いつまでに何を達成するか、目標を明確に設定する

10年後にどうなっていたいのか?

とにかくこれが基本!

(2)目標はハードルを下げて設定し、何度も更新していく

いきなり大きな目標にすると、すぐに挫折して自信を失う。

小さな目標から着実に!

(3)楽しくなる努力をする

  • つらいと続かない!
  • 結果が出るもの優先で!

(4)自信を持つための工夫をする

  • 小さな成功体験を意識する
  • 自分を褒めてくれる人と付き合う
  • 自分を否定する人からは全力で逃げる

(5)好循環を意識して生み出す

  • 自分は何が起きるとうれしいかを考える
  • そのためには何が起きると良いかを考える
  • もう一歩近づくための、種まきをする
  • 人を巻き込み、追い風を作り出していく

(6)ポジティブ思考を身につける

  • ポジティブな人と一緒にいる
  • ポジティブな人の真似をする

(7)コンディションを維持する

  • 快適な睡眠時間
  • スポーツ
  • いい加減さが大事!(律儀になりすぎない)
  • 何でも相談できる人を10人作る

3.「思考力」

今からでも十分に間に合う!思考力強化の5つのポイント

  1. すぐにインターネットで調べる
  2. 自分の考えをさっとメモに書く
  3. 気の合う仲間と意見交換する
  4. 3人1組でロールプレイングをする 
  5. 本を読んで、引き出しを増やしていく

4.「アンテナの立て方」

感度を高める方法

  1. グーグルアラートに登録
  2. グーグルアラートの記事を朝晩30分読む
  3. パソコンはA4ノートPCがオススメ
  4. 月1~2回、展示会などに参加する
  5. 講演する

5.「分析・深堀り・洞察力」

  1. まずは疑ってかかる
  2. すべてを逆に、あまのじゃくに読む
  3. CMや広告を見て、考える習慣をつける
  4. 5~6人の仲間と意見を言い合う
  5. ブログを書く
  6. 講演資料を準備する

6.「即断即決、即実行力」

  1. 仮説思考に慣れる
  2. 資料・書類作成は素早く
  3. メールは即座に返信
  4. 単語登録、ショートカットキーなど
  5. 会議はごく短時間で
     

仮説思考ができる人とは……

  • カッコつけず思ったことを素直に口に出せる人
  • 先入観なく、物事を観察して、瞬時に考えて発言できる人

 

「こんなことを言ったら笑われるかも?」「調べてみないとわからない」という態度では、仮説思考は身につかない
 

「カッコつけてしまう」のは、気づけば陥ってしまうところなので、常に確認を。

7.「グローバル行動力」

  1. 地球上のどこにでも商売のネタがあると思って行動する
  2. 英語がしゃべれないことで内向きにならない
  3. 国内でも海外でも、相手がどこの国の人であろうと積極的に話し、やり取りする
  4. 人目を気にせず行動する(人目を過剰に気にするのは、ただのクセ) 

8.「リーダーシップ」

  1. ビジョンを示す
  2. ビジョン達成方法を示す
  3. 外国人にも差別なく
  4. 女性にも差別なく
  5. 年齢で差別なく
  6. 最大の成果を出すチーム作りをする

9.「部下活用力」

  1. 必達目標の提示
  2. 誰に何をどこまでやらせるのか綿密に
  3. 部下のやる気を常に注意し、フォロー
  4. 週次、月次で全員で確認
  5. 部下のスキル等を素早く把握

10.「コーチング力」

  • ノウハウを口頭&的確な文章で示す
  • 自ら、やって見せる(見本を示す)


POINT
自分がどういう育てられ方をしたかは横におく
上司のあるべき姿を追求するのだと思えば、うまくできる
本気で部下を育てようと思うこと

 

真のコーチング力を発揮すると、光る存在になれる。
今後、AIやブロックチェーンが発展しても、コーチング力は色あせないそう。
自分のためにも、ぜひ身につけたい。

 

とにかく。

  • 「自分で育つべき」という考えはNG!
  • 指示をするときは「口頭&文章」のセットで!

11.「仲間、コミュニティ作り」

  1. 仲間がいると楽しいと思えるトピックを決める
  2. 仲間を募集する
  3. キックオフミーティングを開催する
  4. 月次で会合を開き、発表し合う
  5. 他のコミュニティともやり取りする

12.「経営改革推進力」

  1. 社長や役員に提案する
  2. 部課長クラスでの定期的ミーティングを行う
  3. 経営改革推進チームのメンバーorリーダーとなる
  4. 経営改革について相談に乗る
  5. 経営改革で学ぶべきことを外部から探してくる

13.「転職力」

  1. 10年後、何をしていると一番うれしいか、メモ書き→これがすべての出発点
  2. 転職先の候補を10社程度に絞る
  3. 1社につき数十の記事を読む
  4. 10社の採用面接の準備をする
  5. 聞かれそうな質問40~50個をメモ書き
  6. 直属上司になる人とは十分面談をする
  7. 5割の合格を目指す
  8. 通った数社の中から、改めて自分の関心、直属上司のリーダーシップと相性、会社の将来性、キャリアアップの可能性、次の次の転職への可能性などを吟味し、最終決定をする

[注意点]

  • 新分野に対して、強い関心や好奇心を持てるようになる
    →面倒くさいと思うのは、自信や自己肯定感が影響している
  • 前任者、同僚にインタビューする
  • 普段から勉強会、講演会などに月1~2回は参加し、人脈を作っておく
  • 転職後、できるだけ早く、仕事上で何らかの成果を上げる

14.「起業力」

[方法] 

  1. いわゆるベンチャー起業
    資金調達をし、早期の上場あるいは売却を目指す
  2. 大企業から部署ごとスピンアウトする
  3. 個人事業主的な発想で、特に資金調達をせず、マイペースで進める 

[注意点] 

「絶対うまくできる」「ぜひやりたい」「どうしてもやりたい」と思えるくらいでなければ、お勧めしない。

どのオプション(選択肢)をとるにしても、3年後、10年後を見すえ、自分の力で切り開けるようにしておくこと。

いくつものオプションを持てるようにしておくことが重要。 

15.「モチベーションの保ち方」

モチベーションの3タイプ

  1. 常にモチベーションを保てる人
  2. 好きなことにだけモチベーションを保てる人
  3. 熱しやすく冷めやすい人

3のタイプの人は、引っ張ってもらうのがいい。

始める前に、自分がなぜそれをやりたいのか、メモ書きすると、始めてからのがっかり度が減る。

モチベーションがないと言うより、とにかく何かやってみるほうが良い結果をもたらす

自分がどのタイプかを自覚し、自分なりのモチベーションの保ち方を工夫しよう。

16.「自信の持ち方」

  1. 3年後、10年後に自分がどうなっていたいかを常にメモ書き
  2. 自信がある人と比較し、違いをメモ書き
  3. 「自分に自信があったら、どう考え、発言し、行動するか」を
    思いつくたびにメモ書き
  4. メモ書きはクリアフォルダで分類
  5. 自信がなくて悩んでいる人と3人でロールプレイングをする

17.「目標」「目標達成」「成長」へのスタンス

「目標」

  • 現在の職場での生き残り
  • 転職しての生き残り
  • 起業しての生き残り、などを真剣に検討する 

「目標達成」

できなくてもしょうがないというレベルではなく、必達目標とする

  1. 仲間を作ってお互いに目標を宣言し合う
  2. 仲間同士で、週次、月次の進捗確認をする
  3. 仲間同士の体験を共有する
  4. 目標達成への道を発信する 

「成長」

  1. 年齢によって線を引かない
  2. 地道にスキル強化に取り組む
  3. コーチ、メンターに助言してもらう
  4. 発表の機会を得るようにする

10年後に日本がひどい状況になると考える人は少ない。

今行動に移せば、人より先に進める。

今の職場でも、上位30%に入っていれば、さほど心配する必要はなくなる。

18.「仕事」へのスタンス

「週末のために仕事している」
「面白くないけれど、仕方ない」
「適度に手を抜きたい」
「頑張るだけ損だ」 

こういう発言はやめよう
グダグダ言っている時間はない

今の仕事に全力投球し、誰にも負けない成果を上げ、ポジティブに前向きに取り組む

19.「自分」「人生」へのスタンス

  1. 自分を、自分の人生を大切にする
  2. 独善的な意見を押しつけてくる人は避ける
  3. 信頼できる友人や第三者に相談する
  4. 自分の自己肯定感の低さを分析する

20.「家族」「仲間」へのスタンス

本当に大切な「仲間」との時間、交流がこれまでよりも大切になっていく

まとめ

とにかく、10年後のことを常に考えろってことが、この本では何度も言われています。

「思考力」は、「自分で考える楽しさ」ってことなので、わからなくても、楽しく考え続けてみましょう。

そして、自分の価値観、自分の軸を明確にして、そこに沿って動くようにすること。

自分の価値観の棚卸しは、何度もやったほうがいい。

自分の本音に正直に。カッコつけずに。

無理して頑張るのではなく、人に勝とうとして頑張るのではなく、自分が嬉しくなる方法、自分が楽しくなる方法、自分が満たされる方法を考えよう。 

決して、人と争わない。人と同じようにとは思わない。人の姿を見て焦らない。

人の姿に振り回されすぎると、「自分」を見失う危険性があります。

「自分」を大切に。 

 

ということで。

 

memo
10年後の自分の姿を思い描こう。

そのために3年後はどこまでいきたいか。

5年後はどうなっていたいか。

ホップ・ステップ・ジャンプで考える。

 

関連記事

10年後働きたくないあなたへ。それでも10年後の生き方を、自分で考えねばならない【やりたいことを見つける】書いて整理する方法 [定食屋劇場]【常に10年後を考える】悩みは一時のこと、未来を見たほうがいい|定食屋劇場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です