他人をうらやんでも意味がない【海綿を背負ったロバと塩を背負ったロバの話】背負っているものが違うんだ

海綿を背負ったロバと塩を背負ったロバ

ムダに他人をうらやんでないか?

背負っているものが違うのだ。

 

他人と比較して、落ち込んだり、嫉妬したり。

そして、必死に他人の真似をする。

同じことをしようとする。

 

どれだけ愚かなことか、童話から学んでみよう

 

「海綿を背負ったロバと塩を背負ったロバ」by イソップ物語

海綿を背負ったロバと塩を背負ったロバ

人間にムチ打たれ、苦しい思いをしながら歩く、二頭のロバ。

 

川を渡っていた途中、塩を背負ったロバが、川の深みにはまってしまった。

おぼれそうなほどの大ピンチ。

でも、そのおかげで、塩がすっかり溶けて身軽に。

 

それを見た、海綿を背負ったロバが、わざと川の深みへ。

しかし、背負っていたものは塩ではなく海綿だったため……

海綿は水を吸って重くなり、ロバは、さらに苦しくなった。

自分の背負っているものを理解しているか?

他人と同じことをしても、同じ結果は出ない

どれだけ、他人をうらやんでも。

どれだけ、他人にあこがれても。

他人と同じことをしたって、同じ結果が出るとは限りません。

他人の背負っているものと、自分の背負っているものとは違うから。

心が重たくなるなら、海綿を背負っているのでは?

頑張れば頑張るほど、心が重たくなっているならば、「海綿」を背負っているのかもしれません。

 

頑張っても意味がないのでは、ない

 

自分の背負っているものを、自覚できてないだけ。

自己分析を怠ると、そこがわからなくなりますね。

自己卑下は、ただの「怠け心」ともいえる

すぐに「自分なんて」と言う。

すぐに「努力は報われない」と言う。

でも本当は、自分の背負っているものがわかっていない、だけではないでしょうか?

他人の背負っているものを理解しているか?

逆に、人に、「もっと◯◯しなよ」って言いたくなったときも。

その人の背負っているものを、ちゃんと見ているかどうか。

考えなきゃいけませんね。

塩を背負ったロバが川にはまったのはピンチだった

意図的に川にはまったわけではない

もう一つ重要なこと。

塩を背負ったロバは、意図的にやったわけではないという部分です。

ピンチをチャンスに変えたのが、塩を背負ったロバ

「川の深みにはまる」というのは、状況的には、不運な出来事。

命にかかわる大ピンチ。

ピンチをチャンスに変えた話、ともいえますね。

海綿を背負ったロバは、ラクをしようとしただけ

その反対に、海綿を背負ったロバには、好転させてみせるという心意気がない。

ピンチをチャンスに変えた話を鵜呑みにして、ラクして得をしたいと思っただけです。

他人のやっていることを、そっくり真似たところで、うまくいくとは限りません。

うまくいっている人の真似をしようとはいうけれど。

やはり不純な動機では、うまくいかないのかもしれません。

また、理想像が違ったともいえますね。

やりたいことを見つけるために【理想像を明確にしよう】

人は皆、何かを背負って歩いている

自分の背負っているものを受け入れよう

「背負って歩いている」という童話の表現が、抜群すぎます。

人はみんな、何かを背負って歩いている。

軽くできるなら、したい。

でも、背負い続けながら、歩かねばならないこともありますよね。

どんなにイヤだと思っても、自分からは逃げられないからです。

「背負って歩く」覚悟で、体力をつけよう

「背負って歩く」という覚悟で体力をつけていくのが、いいのではないでしょうか。

世の中では、「心を軽く」とか、「身軽に生きる」ということもいわれますが。

逆に、重い荷物も背負えるようになってしまえば、いいのです。

まとめ~個人的な話

私は、昔からずっと、妹に嫉妬していました。

妹は、私が持ってないものを、すべて持っていて。

私ができないことを、サクッとやってのけて。

 

ずーっと、憧れてました。

ずーっと、うらやんでました。

 

でも不思議なことに最近、妹と私が、まったく同じようなことを経験していたことがわかりました。

それは、とある人間関係の悩みで。

 

妹が言ったこと。

今まで、なんとか、(ある人と)うまくやろうと思って笑顔で接してたけれど、もうやめた。

私は私のやりかたを崩せないし。

相手が大変なのもわかる。

ただ、私だって努力して築いてきたものがあるし。

もう私は、私でいく。

 

最近の私も、ちょうど同じようなことを考えていたので、ビックリ。

妹のことは、嫉妬しつつも、ずっと大好きで、ずっと尊敬しているのですが。

心から「共感」ができたのは、初めてでした。

 

そして、妹の言ったセリフは、私自身のことでもあると感じました。

妹に憧れる気持ちは、たぶん、ずっと消えないけれど。

自分が背負っているものを認めようと思いました。

私の背負っているものと、妹の背負っているものとは違う。

自分の嫉妬心と、少しだけ和解しました。

 

だから、「背負っているものが違う」という考え方は、とても大事。

言われたとおりにやったけど、どうにもならなかったと不満を言いたくなったときは、海綿を背負ったロバを思い出そう。

 

ただし!

本当の理想像ならば、徹底して真似してみることですよね。

風姿花伝「風姿花伝」に学ぶ、技術の磨き方【離見の見】真似するの?自分で考えるの?さて、どっち? ゼロ秒で動け40歳からの好奇心の持ち方【0秒で動け】言い訳がましい人はロジカルの天才になれる

 

ということで。

 

memo

人をうらやんでもいいけれど、「人と同じ」であることは不可能。

そもそも、背負っているものが違うのだ。

相手は「塩」かもしれないけれど、自分は「海綿」かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です