大衆の反逆 by オルテガ|人は誰でも自信をもって生きていける

自信

自分に自信をもちたいなら、自己に反逆する勇気をもとう!

 

「大衆の反逆」 by オルテガ

オルテガによる「大衆」の定義

  • 自分には価値がないと思ってる人
  • 自己完成への努力をしない人
  • 風のまにまに漂う浮標のような人
  • 「周囲と同じ」が何よりの喜び
  • 赤信号みんなで渡れば恐くない
  • きまり文句を神聖化する
  • それを他人にも押しつける
  • 出る杭は打つ
  • 排他性と不寛容さを持っている
  • 権威者に寄り添って満足する
  • 反省しない
  • 義務を果たさない
  • 権利の主張だけはスゴイ
  • 自分は頭がいいと思いこんでいる
  • 実は何も考えていない
  • すべてを当たり前と思っている

 

強いて褒めようとするなら、「単純素朴」という言葉くらいしか見つからない!

それが、THE・大衆!

 

さてさて、自分は大衆のままでいいのかどうか?

「大衆の反逆」とは、「自己への反逆」のこと

本のタイトルである、「大衆の反逆」とは……

真に反逆と呼びうるものは、人間が自己の運命を拒否すること自分自身に対して反逆すること以外にはない

 

つまりは。

 

大衆の生き方をする自分自身に、反逆せよ!

 

「反逆」とは
「逆の方向に進む」こと

 

大衆の生き方をすべて逆さまにしてみると……

  • 自分には価値がある
  • 自己完成への努力をやり続ける
  • 根っこを張る
  • 人と異なることに自信を持つ
  • たとえ一人でも信じた道を行く
  • きまり文句を疑う
  • 他人には押し付けない
  • 出る杭は喜ぶ
  • 寛容の精神を持つ
  • 権力にヘコヘコしない
  • 常に内省する
  • やるべきことは、やる
  • 権利を主張する分、責任も持つ
  • 自分の無知さを知る
  • 自分の頭で考える
  • 当たり前を疑う、有り難いと思う

つまりは、「自己肯定感」も「自己への反逆」の結果

自己肯定感を高めるためには、「自己への反逆」が必要。

 

「~すべき」「これが当たり前」と、思ったときも。

「自分はダメだなぁ」「自信ないなぁ」と、思ったときも。

 

「本当なのか?」

「なぜなのか?」

「他の考えはないのか?」と、すぐさま疑ってみること。

 

「変わってるね」と言われて、そんなに自分はおかしいのだろうか?と感傷的になったときも。

「それがどうした? 大衆になりたいのか?」と。

本当にスゴい人は、人とは異なっている。

人と同じでいたいという自分に反逆しなければ。

 

「自己肯定感」も、「人と異なる勇気」も、「自信を持つこと」も、すべては「自己への反逆」っていう感覚で。

 

それこそが挑戦であり、成長。

 

もちろん、「私は大衆がいい!」というのも、立派な選択だけど。

 

ただし。


本気で自分を好きになり、本気で自己肯定感を高めたいなら「反逆」するくらいの、勇気と覚悟はデフォルトなのだ。

 

ということで。

 

memo
今の自分自身に反逆しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です