ヤル気を出すコツとは~ポジティブフィードバックをしよう

ポジティブフィードバック

どうすれば、自分のヤル気が出るの?

どうすれば、他人のヤル気を引き出せるの?

 

ヤル気が出ない理由とは、何でしょうか?

 

 

それは……

 

 

誰も認めてくれないから。

 

 

もちろん、過度の承認欲求も体に悪いのですが。

 

でもやっぱり。

 

褒めてもらえたり、認めてもらえたりしないと、元気は出ないもの。

 

褒められたい

認められたい

それは人間がもっている本然の欲求です

 

人がヤル気を出せるときとは?
  • 自分の存在・努力を認めてもらえたとき
  • 自分のことをちゃんと見てもらえて、励まされたとき

 

だから。

 

褒めてもらう・認めてもらう

褒めてあげる・認めてあげる

 

これが、人間関係を豊かにし、自分が元気になっていく秘訣ではないでしょうか。

今回の記事では、ポジティブ・フィードバックについてまとめます。

 

ヤル気を引き出す秘訣
  • ポジティブにフィードバックすること
  • 「とにかく褒める」ことではない

人は、認められないと元気になれない

集団欲求・所属欲求は本能として持っているもの

人間には、集団欲求・所属欲求が本来そなわっています。

孤独では生きていけないのは、人の自然の姿。

 

集団に所属し、そこで感謝され認められたときに、一番元気が出る

 

集団といっても、必要としている規模は人によって違います。

小さな集団が好きな人もいるし、大きな集団が好きな人もいる。

どんなに一人が好きな人であっても、家庭や親友との付き合いなど、小さな集団は必要としているものですよね。

 

だからこそ。

 

自分が大切にしている集団の中で、褒める・褒められるという雰囲気を作ることが、自分を豊かに・元気にするためのポイントとなりそうです。

そのために一番いいのは、ポジティブ・フィードバック!

ポジティブ・フィードバックをしてもらおう

自分を認めてくれる環境に身を置く

「ツライ環境でも頑張る」

自分を成長させるには、いいことかもしれません。

だけど、文句ばかり言われていては、やはり心は枯れてしまいます。

ツライ環境で頑張る際にも、そのことを励ましてくれる人に近づくようにしましょう。

励まされないと、人は頑張れないのです。

 

積極的に励ましを受けるべし!

 

ポジティブ・フィードバックをしよう

どんな小さなことでも褒める。その場で褒める

自分がしてほしいことは、まず自分がする。

どんなときにも鉄則ですよね。

けれども、わざわざ「口に出す」習慣がなかったりしませんか?

 

その理由は……

 

大したことじゃないし

 

でも言われるほうとしては、「大したこと」です。

 

嬉しくなります。

心がホッとします。

「これって喜ばれることだったんだ」と大きな気づきになります。

 

だから、「ちょっとしたこと」を口に出す習慣をつけてみましょう。

 

特に、その場ですぐに言ったほうがいい

 

お互いに、とってもいい気分になれること、間違いなしです。

褒めた直後に問題指摘はNG

気をつけておきたいのは、褒めた直後に問題を指摘してしまうこと。

「それはすごいね。でもさぁ……」と始まってしまえば、褒めてもらえた気持ちにはならないですよね。

 

結局、それが言いたかったのかよ……

 

信頼関係の構築にはなりません。

 

だから。

 

「褒める」と「指摘する」を分離する。

 

これを覚えておくだけでも、役立ちます。

フィードバックを、ポジティブにするということ

「とにかく褒める」というわけではない

さて、「あえて褒めない」理由とは何でしょうか?

 

  • 調子に乗りそうだから
  • 褒めてばかりでは成長しないから
  • 甘やかしてもいいことないから

 

確かに、心のこもってない言葉では、ただの「お世辞」。

信頼どころか、不信を買ってしまうこともあります。

 

ポジティブ・フィードバックとは、「とにかく褒める」ことではないのです。

「甘やかす」ことでもありません。

フィードバックを、ポジティブにすればいいのです。

心にもないことを言うのではなく、自分自身の中に、ポジティブの種・感謝の種を見つけていくことが大事なのだと思います。

 

フィードバックを、どうすればポジティブにできるのか?

 

「相手のことを、ポジティブに見ていく」という訓練になりそうですね。

ポジティブフィードバックの例

1
結果が素晴らしいとき
「すごい!」「これは素晴らしい!」「本当にありがとう! 」
2
結果がまぁまぁいいとき
「よかった!」「ありがとう!」「頑張ったね!」
3
本人はベストを尽くしたけれど結果が出なかったとき
「残念だったね。だけど、頑張っていたのはよく知ってる」「心配ない、大丈夫だよ」
4
本人の不注意で、結果が出なかったとき
「これはだめだったね。もっと注意してやるべきだった。だけど、次回もっと注意してやれば、必ずうまくいくよ」
5
本人が途中で投げ出してしまったとき
「これはまずかった。できると思ってたから残念だよ。だけど、次回はもっとフォローするから、必ずうまくいくよ」

 

下の段階にいけばいくほど、難しいですね。

相手が失敗したときに、どのような声をかけてあげられるのか。

褒めるというよりも、どれだけポジティブにフィードバックができるか。

自分自身への振り返りが必要な場面です。

感情的にぶつけるのではなく、フィードバックをするという気持ちを忘れずに。

対等な立場の人や、目上の人にはアクティブリスニングを心がけよう

「褒める」となると、上から目線にも聞こえがちなので、対等な立場の人や、目上の人には気をつけたほうがいいかもしれません。

 

そんなときは、アクティブ・リスニングで!

 

聞くだけで、「認めてもらえた」と感じることがありますよね。

わざわざ褒める必要はなく、ただただ聞くだけでも十分に効果を発揮します。

ひたすら聞くことを心がけてみましょう。

 

POINT
  • 対等・目上の人へのポジティブフィードバックは上から目線になるので注意が必要!
  • 困ったときはアクティブ・リスニングで!

 

どんなときも、腹を立てないことだな

まとめ

褒める・褒められる

認める・認められる

そんな環境に身を置くことが、幸せにつながっていくのだと感じます。

そのような環境を積極的に作っていくためにも、自分自身もポジティブ・フィードバックを意識することですね。

 

ただし、心のない言葉では意味がない。

「褒める」ためにはつまり、「感謝」の気持ちがあることが大前提です。

「やってくれて当然」ではなく、どれだけ「感謝」の気持ちをもてるか。

「感謝」を表現できるか。

ポジティブ・フィードバックをすることで、感謝が増えていき、豊かな日々になるのかもしれません。

 

ポジティブフィードバックによって、自分も明るくなる!

 

ということで。

 

memo

褒めるよりも感謝の気持ちが大事
ちょっとでもすぐ感謝するクセ
やってくれて当然が諸悪の根源

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です