パラダイム転換とは【自分の間違いを認めること】それが本当の自己受容

パラダイム転換

今の現状や、今の自分を変えようと思ったときに、まずやるべきことは。

今までの自分の見方、自分の解釈(=パラダイム)が、間違ってたんだと認めること。

 

アドラー心理学の「嫌われる勇気」でも、「自己受容」がファーストステップだと言われているけれど。

受容ってのは、自分の間違いも受け入れることなんだ。

 

間違ってたってことを認めないことには、修正もできないからね。

 

でもね。

間違いを認めるっていうのは、「自分を責める」ことではないから。

 

ついつい、自分を責めるほうに解釈しちゃうから、間違いを認めることも、自分を受け入れることも、できなくなるんだよね。

 

自分を責めるのではなく、自分の行動を修正する。

気づいたら修正すればいいだけ。

 

それって、自分への思いやりなんだよ。

 

つまり。

思いやりこそ、パラダイム転換の始まりってことかもね。

 

パラダイム転換

パラダイム転換

7つの習慣

パラダイム転換

パラダイム転換

7つの習慣

パラダイム転換

パラダイム転換

パラダイム転換

パラダイム転換

 

パラダイム他人の言葉に振り回されない【パラダイム①】を理解する7つの習慣 パラダイム自己否定を止めたいなら【パラダイム②】自分の地図を知る|7つの習慣 トラウマ不安になったら【パラダイム③】トラウマのオバケを考えてみる|7つの習慣 パラダイムポジティブに行動しても【パラダイム転換】がなければ現実は変わらない パラダイム転換パラダイム転換とは【自分の間違いを認めること】それが本当の自己受容

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です