副業するべき?【Outlook研究家・森 新さんに聞いた】こんなに成長できる機会はない!

Outlook

Outlook講座という、誰も注目していなかった分野を切り開き、大人気講師になった森さん。

何よりも、未開拓の分野に乗り出し、マーケットを創り出してしまったというセンスと行動力がすごい。

 

パソコンは、マウスを使わずに操作すれば、作業効率2倍・3倍アップするというのは周知の事実。

私も、マウスを捨ててみたら格段にスピードアップしました。

しかし、そこを講座にする人はいなかったのです。

ましてやOutlookという分野で。

 

森さんから、素敵なお話をたくさん聞いてきたので、その内容をレポートします。

成功している人の共通点

まず森さんにお会いして驚いたのが、その若さ(1988年生まれ)。

それなのに、芯がしっかりしていて、ビジョンも明確で、でも、柔らかな雰囲気で、笑顔で何でも答えてくれる。

やっぱり、成功している人には共通点があると実感しました。

以下は、個人的主観ですが。

 

  1. 穏やか(押し付けがましくない)
  2. 親切(何でも教えてくれる)
  3. 芯がある
  4. 目的(=ヴィジョン)がある
  5. 笑いがある
  6. すべてを楽しんでいる
  7. トラブルからも学ぶ姿勢
  8. 不快なことも気にしない
  9. 気になっても切り替えは早い
  10. やったほうが絶対いいじゃんという心
  11. 話し方が心地いい
  12. 話す内容がとにかく面白い
  13. アドバイスが的確
  14. にこやかに辛口トークをする
  15. 軽やか・爽やかなオーラ
  16. 自分で切り開いている
  17. あらゆる努力と苦労をしている
  18. 俯瞰力がすごい
  19. 提案力がすごい
  20. 先見性がすごい
  21. 常に新しいものにチャレンジする
  22. 失敗くらいは想定内
  23. 批判だってされる
  24. 批判されても軸を失わない
  25. 言語化に磨きをかけてる

 

こんな人になりたいなぁと思わせてくれる、人柄あふれる方でした。

森さんの話

以下、森さんの話を短くまとめます。

講座を始めるようになったきっかけ~現在

  • 会社では人事部に所属。
  • 社内にアンケートをとったところ、「メールの効率化がしたい」という要望が出た。
  • 社内研修をやってみたら大好評。
  • きっとこれは、社外の人も求めるはず、との感想が多かった。
  • そこから2年くらい、Outlookの勉強をした
  • ストアカの大人気講座に成長
  • 書籍も出版し、もうすぐ10万部を突破する

なぜショートカットキーに特化した講座を?

(森さんの講座の内容は、ショートカットキーに特化している)

Excelと違って、Outlookはけっこう簡単だから、一回教えたら終わり。

ショートカットキーはなおさら、一回で十分なんです。

ユーザーはいるけれど、一回完結というのは、本業では絶対にできないこと。

本業は、継続性がないと事業として成立しませんからね。

本業ではできないことというのが、副業におけるニッチ分野なんですよ。

なぜ、副業するの?

たとえば、海外旅行にいく目的って何?

本業でのアウトプットをよりよいものにしたいから、ですよね?

余暇とか、趣味とか、すべては本業のため。息抜きをして、さらに頑張るためですよね。

同じなんですよ。

本業でアウトプットしたいから副業するんです。

もちろん、アウトプットが加速するなら副業じゃなくたっていいんです。

ただ、やってみたらこれが一番だと自信持って言えます。

副業の良さって何?

「はじめまして、こんにちは。私はこれができます、お金ください」って言えることのすごさ。

恐怖があります。勇気がいります。不安もあります。

ものすごい孤独なんです。

すべて順調ってわけじゃない。

こんな経験はね、本当に、ほかのことではできないですよ。

飛躍的に成長します。

失敗してもまったく大したことないから、絶対にやったほうがいい。

自分でマーケットを作ると驚くほど成長します。

本も出せます。

市場を自分で作る感動は、ひとしお

(以下、森さんのお話)

Excelの本は多いけど、Outlookの本はなかった。

でも私が出版したのち、二番煎じが出てきた。

市場を作ってしまったという経験は、何よりの財産。

この感動を、ぜひ味わってほしい。

市場なんて誰でも作れる。

ニッチな分野なんてまだまだいっぱいある。

自分の得意なことを、ニーズに結びつけてしまうといい。

自分で市場を見つけ、自分で広げ、お客さんを集める。

これほど自分を成長させせてくれる場は、副業(起業)の経験以外に、絶対にないと実感。

なんでもいいから、どんどんやるべき。

やらないなんて、もったいない。

こんな楽しいこと、ないから。

自分のスキルを売るって、仕入れがないということで、これは、すごいことです。

ただし、安易に始めたら、安易に挫折する

ただし、最初は大変。

そこは覚悟をしておかないと。

甘い考えは持たないほうがいい。

まとめ

聞いていて感じたのは、とにかく、どんな手段であれ、「個」が強くならねばならないのだなぁということ。

状況的にも、今、それが求められてますよね。

なかでも一番切実なのが「稼ぎ」に関することです。

「好きなことで稼ぐ」とか、「楽しく生きる」とか、そんな、ふわふわした話ではなく、実際問題としてAIに仕事を奪われていく状況ですからね。

「個」で動ける強さのある人が抜きん出る時代だな、と感じました。

 

また、安易に始めて、安易に挫折する人が多いという話も印象的でした。

そう言われてみると、「挫折」とは、安易なのかもしれません。

準備期間に2年をかけたって話が、心に刺さりました。

 

ということで。

 

memo
「はじめまして。私は○○ができます。お金ください」と言うこと。

それが副業(起業)。

自分で市場を開拓することほど楽しいことはない。

やらなきゃ損!(by 森さん)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です