残された1日を笑って暮らしたい【おばあちゃんたちの会話】いつ死ぬかわからないんだから

温泉

温泉のなかで出会った、おばあちゃんたちの会話

「いつ死ぬかわかんないんだからさぁ~。毎日、笑ってたいわぁ」

「そうそう、グチグチ言う人とは一緒にいたくないわよぉ」

「もったいないじゃない? 残された貴重な一日なのに」

 

(若い人に向かって)

「なにかさ、つぶしのきく資格をとっといたほうがいいわよ。

仕事なくなっちゃうから」

「今はね、70過ぎても、旦那の医療費にお金かかるでしょ?

働かないと、ツラいのよ」

「孫に好かれたいならね、お金がないとね」

「金のないばばぁは用無しなの!笑」

「お金がないと孫は寄ってこないわねぇ~」

 

(若い人)
「すごく勉強になりました!」


**


「いつ死ぬかわかんないから」っていうのが、信ぴょう性がありすぎて、ひきつけられた。

信ぴょう性のある話ができるようになりたいですね。

自分の体験にもとづいた話。

「誰が」言うのかが、やはり大事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です