トラウマを克服する【思い込みのABC理論】出来事はあなたを不幸にしない

思い込みのABC理論

何かあるとすぐに、自分はダメだと感じてしまう。

 

だって、ダメなんだもん。

 

だけど。

希望は、常に私たちの味方。

 

赤ちゃんは、ハイハイすることをあきらめない。

立ち上がることも、歩き出すこともあきらめない。

 

あきらめなければ、必ずできるようになる。

希望は、味方だからです。

 

でもいつしか、あきらめるようになってしまった。

「自分なんてダメだ」という思い込みとともに。

 

思い込みをチェックしてみましょう。

あなたの思い込みをチェック

思い込みのABC理論

以下のような気持ちがあるのならば。

思い込みである可能性が高いですよ。

 

自分と他人と環境への思い込み

自分への思い込み
  • 私は、ポジティブであるべきだ
  • 私は、緊張してはならない
  • 私の夢は、叶わねばならない

 

他人への思い込み
  • 両親は私を、傷つけてはならない
  • 恋人は私を、一番に優先すべきだ
  • 子供は私の、理想通りに育つべきだ

 

環境への思い込み
  • 職場は、人間関係に恵まれるべきだ
  • 社会は、私の思い通りになるべきだ
  • 世界は、私を救えない

 

思い込みの裏には、強烈な恐怖心がある

思い込みのABC理論

思い込みの裏にある恐怖

  • 私は、ポジティブであるべきだ
    • ポジティブに考えられない私は、努力が足りない
  • 私は、緊張してはならない
    • 緊張するような私は、何をやってもうまくいかない
  • 私の夢は、叶わねばならない
    • 夢が叶わないなら、私の人生は失敗する
  • 両親は私を、傷つけてはならない
    • 傷つけた親には、冷たく接しても当たり前だ
  • 恋人は私を、一番に優先すべきだ
    • 私を優先しないのは、私を愛してないからだ
  • 子供は私の、理想通りに育つべきだ
    • 理想通りに育てられない私は、親失格だ
  • 職場は、人間関係に恵まれるべきだ
    • 人間関係が悪ければ、私の能力は活かされない
  • 社会は、私の思い通りになるべきだ
    • 思い通りにならないから、私が怒るのも当たり前だ
  • 世界は、私を救えない
    • いろいろやってきたけど、この社会には私を救えるものは何もなかった

 

恐怖心が変形すると、「○○しても当たり前」という気持ちになっていきます。

 

出来事が、自分の感情を生むの?

思い込みのABC理論

  • 上司に、理不尽に扱われた
  • 両親に、愛されなかった
  • 友達に、ひどいことを言われた
  • 恋人に、裏切られた

  • だから、私は不幸
  • だから、私は悲しい
  • だから、私はイライラする

 

私たちはたいてい、起きた出来事のせいで、感情が沸き起こるものと思っています。

 

でも。

自分の気持ち、いちど疑ってみよう

  • 本当に理不尽に扱われたのか?
  • 本当に愛されなかったのか?
  • 本当にひどいことを言われたのか?
  • 本当に裏切られたのか?

 

本当なのか?と、一度疑ってみてください。

勘違いである場合も多いのです。

 

疑いが晴れないのならば、聞いてみる

一番いいのは、勇気を出して本人に直接、聞いてみること。

もしくは、第三者の客観的な意見を聞いてみること。

 

もちろん。

本当に理不尽である場合もあります。

 

本当に理不尽だったり、本当に不幸な出来事だったりしても。

そこからどんな感情を生み出すかは、自分で選べます。

 

出来事は関係ないってこと?

 

受け取り方をコントロールすればいいんです。

 

思い込みのABC理論(論理療法)

出来事と感情の間にあるもの

論理療法

  1. 出来事
  2. 受け取り方(思い込み)
  3. 感情

 

出来事によって、フラフラする人間なの?

出来事は、私たちを不幸にさせるのでしょうか。

 

人はもっと、主体的に生きていけるはず。

もっと、力があるはず。

 

そう思えないのだとしたら、その「思い」こそが問題。

 

出来事は、問題ではないんです。

 

受け取り方・思い込み・固定観念・ビリーフ

思い込みのABC理論

  1. 出来事
    • イヤなこと・理不尽なこと
  2. 受け取り方(思い込み、固定観念、ビリーフ)
    • 自分は嫌われている
    • どうせ自分はこうなんだ
  3. 感情
    • 苦しい、悲しい、寂しい

 

これが、ABC理論

カウンセリングに用いる場合は、「説得カウンセリング」という区分になります。

 

選択肢を増やして、受け取り方コントロールをする

思い込みのABC理論

「感情コントロール」とよく言いますが。

コントロールしたほうがいいのは、むしろ、「受け取り方」のほう。

 

「受け取り方コントロール」です。

 

  • なぜ、そう受け取ったのか?
  • 自問自答する
  • 他人にも聞いてみる
  • 受け取り方を修正する

 

受け取り方は無数にある

無数なんです。

ひとつじゃないんです。

 

だから。

自分で疑ってみたり。

第三者の客観的な意見を聞いてみたり。

本を読んでみたり。

 

いろいろ試すなかで。

今の「ひとつしかない受け取り方」の選択肢を広げてみましょう。

そのなかで、「いいな」と思ったものを選べばいいんです。

 

難しい言葉でいえば、「発散」と「収束」

発散と収束

  • 発散
    • 選択肢を増やすこと
  • 収束
    • 選択肢のなかから、心地いいものを選ぶこと

 

「選択肢がひとつ(思い込み)しかない」のが問題なのです。

 

何かを考えるときには。

まず最初に、選択肢をたくさん挙げてみること。

そのなかから、心地いいものを選んでいい。

 

どうせなら、「希望」がよくないですか?

 

どうせなら、「希望」を受け取ろう

「選択肢がひとつ(思い込み)しかない」のが問題なのです。

幸せとは、楽しく受け取ること

「幸せ」とは、「出来事を楽しいほうに受け取ること」です。

「幸せだなぁ」とは、思い込みの一種ですから。

 

もしも赤ちゃんが途中で、希望を手放していたら。

私たちは今、歩くことさえできないはず。

 

歩けているということは、希望を手放さなかったんです。

 

受け取り方を、「希望」にするのか。

「あきらめ」にするのか。

 

決めるのは自分自身ですが。

希望をもっているときは、ケラケラと笑って、周囲から「かわいい」と言われていたはず。

どっちの自分がいいか、ですね。

 

結局のところ、どうコントロールしたらいいんだろう?

 

「受け取る」よりも、「受け入れ」を意識するといいかもしれません。

 

すべてを受け入れる、ABCDE理論

出来事によって傷つかない、自分が容認したから傷ついた

7つの習慣」では、次のように言われています。

 

本当の意味では、自分の身に起こる出来事によって傷つけられるのではない。自分がその状況を容認するという選択によって、傷を受けるのだ。

(7つの習慣)

 

私たちは、出来事では傷つかないんです。

出来事そのものに、誰かを傷つける力はありません。

 

その出来事を、受け入れたとき、人は傷つく。

 

つまり。

自分で受け入れちゃったんですね。

 

逆に言えば。

受け入れなければ、傷つかない。

 

「悲惨だ」ということは、受け入れなくてもいいんです。

 

ただし、条件があります。

 

今までの選択も、受け入れる

心底から正直に「今の状況はこれまで私が行なってきた選択の結果だ」と言えるようになるまで、「他の道を選ぶ」と言うことはできない。

(7つの習慣)

 

出来事によって、人は傷つきません。

 

でも。

今、あなたが傷ついているのだとしたら。

 

「受け入れた過去」があるんです。

あくまでも、受け入れたのは自分。

 

まずはそこを認めないと、「他の道の選択」はできないのです。

 

こんなふうに思ってませんか?

  • だって、自分も大変だったんだ
  • でも、自分だって頑張った

 

たしかに、そうなんだけど。

自分の選択が間違っていたことを、勇気を出して認めなければ、その先へは進めません。

 

変わることが難しい理由は、ここにあるのでしょう。

今までの自分を否定したくないからです。

 

「ABC理論」には、その先の「DE」がある

  1. 出来事
  2. 受け取り方(思い込み、固定観念、ビリーフ)
  3. 感情
  4. 反論、論理的否定
  5. 新しい信念の受け入れ

 

反論をしなければなりません。

今までの自分に。

 

何が間違っていたのか、反省するところは反省し、捨てるところは捨てる。

そして、新しい「希望」を、選択するのです。

 

希望を選択しなきゃいけないんだな。

 

「選択しなきゃ」も思い込みなので、最終的には、心軽やかに進みましょう。

 

完ぺき主義にご用心

「楽しいほうに受け取らなきゃ」というのも思い込み

「選択肢がひとつ(思い込み)しかない」のが問題なのです。

どうせなら楽しいほうに受け取りたいものですが。

「受け取らなきゃ」も、義務感・思い込みになってしまいますね。

 

そもそもネガティブに思い込みやすいクセのある人は、すべてネガティブになりがちなので。

 

受け取れないなら、受け取るのも、やめてしまう

そんな気持ちでも、いいかもしれません。

 

生きていくことは、本来、苦しいものなのです。

それは、お釈迦様も言っていることです。

 

楽しくなんてないし、苦しくて当然。

 

POINT
受け取り方がコントロールできないときは、受け入れてしまおう。

 

しょせん、大人は孤独だから

思い込みのABC理論

大人は孤独ですね。

一人で戦わなければならないから。

 

子どもは逆でした。

周りの大人が、常に手取り足取り教えてくれて、常に励ましてくれる。

何かあっても、最後は守ってもらえる。

だから子どもの頃は、希望をもてたのかもしれません。

 

大人になると、励ましてくれる人がいなくなる

自分が励ます側になります。

孤独ですよね。

 

ただし。

その孤独を引き受けてこそ大人であり、引き受けてこそ楽しめるのでしょう。

 

孤独は、受け入れるしかない。

 

どうしても寂しいときは、こう唱えてみるといいです。

きっと、誰もが孤独で、誰もが不幸

「なぜ自分だけ?」って思うから寂しくなる。

「皆も同じ」だとわかれば、勇気が出てくる。

 

POINT
「自分だけ」っていうのが、思い込み。

 

やれる範囲のマイベスト

思い込みのABC理論

「受け入れる」とは、できない部分をあきらめることでもあります。

 

  • あれもこれもやらなきゃ
  • 楽しいほうに受け取らなきゃ
  • 自分だけって思わないようにしなきゃ

 

その時点でまた、思い込みが増えていくので、疲れてしまいます。

 

だから。

やれる範囲のマイベストを

 

完ぺき主義ではなく、「最善主義」でいきましょう。

 

POINT
  • 窮屈には考えすぎない
  • やりたいと思ったら、やる

まとめ

思い込みをはずす、というのは、とても難しいです。

何しろ、「思い込み」ですから。

 

でも、ほとんどのことが「思い込み」です。

「なんで、こんなことが起きるんだ?」と問いかけるよりも。

「どんな思い込みがあるんだろう?」と問いかけてみましょう。

 

だんだんと、習慣になっていきます。

 

  • 希望はあなたを捨てない
  • 私が、希望を捨てただけ

 

希望の主語は、常に「私」です。

 

「私は」どうするか。

希望を持つのか、持たないのか。

自信を持つのか、持たないのか。

 

自分で決めていいんですよね。

思い込みに縛られずに。

 

ということで。

 

今日の問いかけ
  • 起きた出来事を、自分はどのように受け取ったのか?
  • どんな思い込みをしているのか?
  • 「自分だけ」じゃなくて、誰もが孤独で不幸なのではないか?

 

関連記事

エンプティチェア【自己との対話】エンプティ・チェアとインナーマリッジのすすめ|過去と和解する方法 孤独をたのしむ力寂しさを癒やす【孤独力と内省力】自分をもっと好きになろう ハーバード大学の心理学講義本当の自分って?【性格よりも大事なもの】自分を偽ってる気がするときの対処法 史上最強の人生戦略あなたの悩み、なぜ「大したことない」の?【史上最強の人生戦略】愛すべき自分のために戦うのが人生 頭のゴミを捨てれば脳は一瞬で目覚める人生が劇的に変わる【3つのゴミ捨てて】新しい自分に大転換 やる気が出ないが一瞬で消える方法「やる気が出ない」が一瞬で消える方法【無気力】から抜け出すには原因を捨てること ゲシュタルトの祈り誰かの期待に応えるのはもうやめよう【罪悪感の解放】ゲシュタルトの祈り 2日で人生が変わる「箱」の法則 人間関係のモヤモヤを解決するために箱の法則【自己正当化をやめると】生きる目的とコミュニケーションが変わる

 

191028

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です