違和感を抱いたら成長するとき【ニーチェの成長論】自分の意志で歩み始めると素直な子どもへと戻っていく

成長

成長とは、ラクダから獅子、獅子から子どもになること!

さて、どういうことでしょう?

 

ニーチェが言いました。

ラクダから獅子となれ!

獅子から子どもとなれ!

 

その意味とは?

ニーチェが語る、成長の3段階

ラクダ → 獅子 → 子ども

ラクダ
義務を背負う段階
「すべき」ことを、こなす
獅子
自分の意志に目覚める段階
自分で考え、自分の意志で動く
子ども
遊ぶように生きる段階
純心に素直に動く

ラクダ:義務(=すべきこと)を背負う

苦しくなってきたら、ラクダを卒業するとき

ラクダは、人間に荷物を背負わされ、決められた道を決められた順序で歩きます。

最初の段階では、やり方やマナーを教わり、「すべきこと」をこなすことも大事ですね。

ただし、義務で動いているときは、正しいかもしれないけれど楽しくはない。

だんだんと苦しくなってきます。

 

苦しくなるのは、成長した証拠です。

自分を責めるのではなく、「あ、次の段階へ行くときかな?」と考えてみましょう。

 

こんな考えで、がんじがらめになってませんか?

  • 努力すべき
  • 努力しなきゃ
  • なぜ、できないんだろう

 

ラクダの生き方から脱却してみましょう。

次は獅子の生き方です。

獅子:自分で考える、自分で決める、自分の意志を持つ

獅子の心を持とう

自分の意志と、考える力を養わなければ、獅子になれません。

自分の人生を生きるとは、自分で考え、自分で決めることです。

しかし、長いこと「ラクダ」を生きていると、どう考えていいのか、自分の意志は何なのかが、わからなくなってしまいます。

自分の意志を取り戻しましょう。

 

そんなときのオススメは、メモ書きです。

ゼロ秒思考考える力を鍛える【言語化の効用】モヤモヤを解消し心をコントロールする方法|ゼロ秒思考 by 赤羽雄二 メモ書きゼロ秒思考のメモ書き【問いの立て方3つ】深堀り・多面的・相手の立場

 

自分の意志で歩み始めたら、だんだんと楽しくなってきます。

そして純心な気持ちを思い出すのです。

それが、子どもの段階。

子ども:遊ぶように生きる

最後は、子どもに戻ることが自己完成

不思議ですね。

子どもの自分から成長したいと思って、努力した結果、最後は子どもに戻るのです。

 

素直に、純粋に、思いっきり好きなことをやっていた頃の自分

 

そこへ戻っていくわけです。

経営者も、子どもの心を大事にしている

子どもの心が大事だとは、いろんな経営者も言っています。

「ただただ楽しくてやっていたら、ここまできた」という人も多い。

ピカソは、晩年になってやっと、子どものような絵を描けるようになったといいます。

人は、子どもの心を取り戻してこそ、本来のやりたいことを成就できるもの。

子どもの心を持っているかチェック

  • 純粋に
  • 素直に
  • 楽しく
  • 遊ぶように
  • 下心なく

 

こんな心で生きていけるかどうか、日々チェックしてみましょう。

子どものように生きることが、一番、充実します。

大人の生き方は、スマートだけど、やっぱりつまらないもの。

失敗もなく、無難で安定しているかもしれないけれど、本来の自分の願いを忘れてしまっているかもしれません。

もっともっと遊び心を大切にしたいですね。

子どもの頃の気持ちにすべてが詰まっている

すべての努力は、子どもに戻るためのもの。

やりたいことを見つけるときも、「子どもの頃に好きだったこと」を思い出すといい、という話もよくあります。

子どもに戻ってみましょう。

まとめ

  • 義務を背負っているラクダ
  • 自分の意志で生きる獅子
  • 遊ぶように純心に生きる子ども

 

今の自分をチェックする目安として、わかりやすいですね。

自分は今、どこの段階にいるのか?

自分の現状を認識し、今の自分にとって必要な努力を。

 

ということで。

 

memo
やっぱり子どものような遊び心で生きていきたい。

義務を取っ払い、自分の意志で歩み始めれば、素直な自分が戻ってくる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です