仕事のスピードアップ、即断即決、即実行とは?

即断即決は誰でもできる。できないと思いこんでいるだけ。

即断即決・即実行できるようにトレーニングをしよう。

 

即断即決のメリットって何だろ?

 

自分の人生をどうしたいか?ということが見えてくる。

即断即決は、すべてを変えます。

この記事では「即断即決」について、まとめます。

即断即決は「できる」と決める

仕事は3倍速くなる

 

「仕事ができない」

「仕事が遅い」

 

「遅い」というのは、実は思い込み

 

仕事は必ず3倍速くできる

それが即断即決の力。人間が本来、持っている力です。

 

ただ、面倒なだけ。

「できない」のではなく、「やりたくない」んですよね。

 

誰もができる!

ありとあらゆる工夫を

パソコン操作、メール返信、資料作成、会議の時間などなど……

1分1秒でも速くする工夫をしているかどうか。

「3倍」は、小さなことの積み重ねで仕上がります。

 

例えばショートカットキーについても、基本的なものは使っていても、それ以上は調べるのが面倒になったり。

意を決して調べてみると、本当に便利な方法があってビックリすることがあります。

その場では面倒だし、「後でいいや」と思っても、結局そのまま何年も放置していることがほとんど。

 

パソコンの単語登録もそうです。

いつも入力しながら思ってはいるんです。

これを登録しておくと、後がラクだろうなぁ、と。

だけど、その場のやるべきことを優先してしまい、単語登録は先延ばしにしてしまうことが多い。

そんなところでも、先延ばしのクセが出ますね。

その一つ一つが、即断即決をさまたげる要因になっていきます。

 

だから、何ごとも「できる」「やる」「今、調べる」と決めること。

これがスピードアップのコツ。

 

あらゆるサイトや本で、スピードアップの方法が紹介されているので、面倒がらずに検索して活用しましょう。

「よく考える」はただの逃げ

ためらいに価値はない

 

「よく考えなさい」

「深く考えなさい」

 

そんなアドバイスを聞くことが多い。

逆に、ウジウジしていたり、何も決められなかったりすると言われることは……。

 

「考えすぎだ」

「とにかく、やってみろ」

 

考えなくても文句を言われる。考えても文句を言われる。

一体どうすれば……

 

そんなときの、とっておきの言葉はこれです。

 

「よく考える」は、ただの逃げ

 

考えたほうがいいわけでも、考えないほうがいいわけでもない。

速攻で考え、速攻で行動に移すのみ。

 

「よく考えてから」と言うときとは、つまり、「やらない」と決めているときではないでしょうか。

だから、「よく考える」という言葉は、排除してしまってもいいほどです。

スルー力をつける

「どうしても耐えられない」ではなく、スルーする

easy-goingでいこう

 

即断即決をさまたげるものとして、「1つのことをウジウジと引きずってしまう」というものがあります。

ちょっとイヤなことがあったり、ストレスを受けたりすると、そのダメージでしばらく行動できなくなる。

スルー力が課題です。

 

「そうは言っても気になっちゃうんだから仕方ない」

 

「仕方ない」というのは、ただの正当化。

小さなことにとらわれ、ズルズルと引きずっている自分を正当化しているだけです。

 

即断即決に必要なものは、easy-going

easy-goingのためには、メモ書きがオススメ

どうしても気になることは、メモに書いて吐き出してしまうのがオススメです。

頭の中にうずまいている毒を吐く。

誰かに見せるわけでもないので、ありったけの思いを書き出しましょう。

 

「アカスリ」と同じです。

アカを外に出すことが目的。

外に出さなければ、いつまでも内側に抱え込んだままなのです。

 

では、頭の中のアカは……

書き出しすことで出すことができるのです。

 

頭から、よけいな考えを追い出すことで、スッキリして決断できるようになります。

寝る前におこなうと、グッスリと眠ることができそうです。

他人からポジティブ・フィードバックをもらう

一人ではどうしても抜け出せないときがあります。

そんなときは、誰かからポジティブ・フィードバックをもらいましょう。

一人でウジウジと考えるのではなく、ポジティブな言葉をかけてもらう。

やはり、誰かからの言葉は、一番元気が出ますよね。

スルーできるようになるためには、自分で工夫をしていくことも大事です。

ねらった分野の知識を最速で身につける

集中的・徹底的に学ぶ

3日で専門家になる!

 

「専門知識がないし…」

「自分は専門家じゃないし……」

 

自分の知識不足のせいで、ためらってしまうことってありますよね。

 

だけど、「専門知識」って、どこまでいけば「専門知識」なのでしょうか……?

 

実は、3日で十分!

 

「3日で専門家になる!」

そんな勢いで、どんどん知識をためていくのです。

「専門知識がない」と悩む時間があるなら、さっさと吸収しようってことです。

 

たくさん学ばなければならない

時間をかけなければならない

それは、思い込み。

 

気になったものは、3日で知識を深める。

それを繰り返せば、さまざまな分野で専門知識が得られますね。

つまり、「専門知識がない」ことが問題なのではなく、「3日で学ぶ」という意欲がないことのほうが問題なのです。

 

専門知識を身につけるための流れ

  • 徹底的に読む
  • 講演会に参加する
  • ブログを書く
  • 自分で講演をする
  • どんどん発信する

 

気になったことは、すぐに調べる。すぐに読む。すぐに書く。

 

悩むよりも大事なことです。

まとめ

「のんびりすることも大事ではないか」

「急いでばかりいたら疲れるのではないか」

そう思うことがありますよね。

疲れたときは休むことも必要。

 

ただし、いつものんびりしていては、「機会損失」になる。

即断即決をしないことによるデメリットは非常に大きいのです。

 

そして、ダラダラと休んでいると、かえって疲れることは、誰もが経験済みではないでしょうか。

1日中寝ていたりすると、体調も悪くなります。

スッと動いているときのほうが、体調もいいし気分もいい。

 

即断即決とは、「疲れる」ことではありません。

 

即断即決すると、スッキリするんだ

 

だから、「即断即決をしよう」と決めると、かなりの勢いで人生観が変わっていきます。

「即断即決」を人生の合言葉にすべきかもしれません。

 

なお、「決められない」ときは、「やらなくてもいいこと」「やりたくないこと」である可能性が高いです。

そんなときは、「やらない」と即決することですね。

 

ということで。

 

memo
  • 即断即決は、「できる」と決める
  • ためらいに価値はない
  • 「よく考える」は、ただの逃げ
  • easy-goingで!
  • 3日で専門家になる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です