悩んでいる人にやってはいけない12のこと~他人の悩みにどう対応すべきか

心理学

人は、悩みをとおして成長するもの。だから、悩ませてあげなければならない。

本人の宿題は、本人が取り組むしかないのです。

 

悩んでいる人を見ると、ついついやってしまうことがあります。

しかし、良かれと思ってやっていることが、実はやってはいけないことかもしれません!

 

心理学で言われている「やってはいけない12のリスト」をまとめましたので、今すぐチェックしてみてください。

無意識にやっている場合がほとんどですので、気をつけましょう。

悩んでいる人に対して、これはやってはいけない!

やってはいけない12のリスト

悩んでいる人にやってはいけないことは、次の12個。

  1. 命令
  2. 注意
  3. 説教(うるさい)
  4. 解決策のアドバイス(おせっかい)
  5. 講義
  6. 批判(芸能レポーター並み)
  7. 称賛、同意(過保護)
  8. バカにする
  9. 分析(冷静な学者並み)
  10. 激励
  11. 質問
  12. ごまかす(ノーテンキ)

 

ちょっとドキッとする項目ばかり。

無意識にやっていることが多いですよね。

 

では、この12個をやってはいけないのなら、何をやればいいのでしょう?

 

それは……

 

ひたすら「聴く」

 

聴くだけです。

アドバイスは求められたときにすればいい。

求められていないのに与えるのは、「余計なおせっかい」です。

 

意外なのは、「同情」も良くないという点です。

同情は判断を鈍らせる~「悩み」という人生の宿題を取り上げるのはやめよう

悩みを打ち明けられたとき。

「わかる、わかる」と同情することって、よくありますよね。

同情してあげたほうがいいのでは?という気持ちにもなってきます。

 

しかし、同情は不要です

 

なぜなら、同情は判断を鈍らせてしまうから。

「このままでいいんだ」「悩まなくていいんだ」など、本当は悩むべきところなのに勘違いさせてしまうことがあります。

 

人は、簡単に手に入れたものはすぐ忘れるもの。

反対に、苦労しながら学んだことは、一生忘れません。

 

同情して判断を鈍らせると、大切な学びの機会を奪い取ることにもなってしまいかねません。

「大事な学びの時」と受け止め、同情するのではなく、大いに悩ませてあげましょう。

 

安心して悩めるように、じっくり聴いてあげればいいのです。

聴くときのコツは、アクティブ・リスニング

「そうなんですよ」と言わせたら勝ち

じっくり聴くときのコツは、アクティブ・リスニングです。

アクティブ・リスニングをするためには、次の3点を押さえておくといいでしょう。

 

  1. 相手の言葉を繰り返す
  2. まとめる→「そうなんですよ」と言わせたら勝ち
  3. 心をくむ

 

つまり、相手が言っていることを、そのまま反復します。

「……ということですね?」

 

そしてそれを、わかりやすくまとめてあげます。

「つまりは……ということですか?」

 

ここで、「そうなんですよ!」という反応が返ってきたら勝ちです。

相手は、解決策を自分で見つけることができるでしょう。

 

そして最後に、その心をくんであげること。

同情ではなく、優しく包み込むようなイメージで。

 

これができたら、どんな人とのコミュニケーションもうまくいきそうですね。

なかなか難しいことですが、無意識にまかせるのではなく、意識して心がけていくだけでも変わっていくと思います。

「良かれと思って」の「良かれ」には何が含まれているか?

よく言いますよね。

「良かれと思って……」と。

 

しかし、注意すべきは「良かれ」の中には何が含まれているのか?ということ。

 

もしかしたら、「自分のために良いこと」かもしれません。つまりは、聞き手のエゴです。

もしくは、なかなか相手が立ち直らないことに対する、「イラだち」「怒り」「不信」かもしれません。

もしくは、自分の期待に応えてくれないことに対する、「悲しみ」「失望」「悔しさ」かもしれません。

 

やってはいけない12のリストは、自分自身の心の状態を見つめるためのものです。

純粋に「相手のため」ではなく、自分の感情が含まれているからこそ、「やってはないけないこと」なのです。

 

12のリストを丸覚えするよりも、しっかりと自分と向き合うことが大切なのかもしれませんね。

まとめ

やってはいけない12のリストをやってしまうと……

 

「やっぱり、この人には話せない」

 

……と、なりがち。

 

大事なことは、一緒にいたいと思ってもらえる雰囲気を作ること。

そうすればアドバイスなんてしなくても、勝手に感謝してくれるはずです。

 

12のリストは、無意識にやってしまうことなので、何度も思い出しては、意識的に取り組んでいきましょう。

 

というわけで。

 

memo
人生の宿題は、本人がやるべきこと。

取り上げてはいけない。

同情もNG!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です