ブログが書けない、そんなときは~伝えたいことはなくていい[適当な文章術]

ゼロ秒思考

伝えたいことがない。書くことがない。

そんなことを気にするのはやめてしまおう。

文章は、適当でいい。

 

何も書けない

 

書けない理由は、ただ一つ!

 

考えすぎ

 

書けない理由は、すべてが「思い込み」です。

思い込み

  • 伝えたいことがない
  • 書きたいことがない
  • うまく書けない
  • どう書いていいかわからない
  • 型にはめなければならない
  • かっこいい言葉を選ばねばならない
  • わかりやすくしなければならない

 

思い込みを排除してみましょう。

考えなくていい。気にしなくていい。

適当なほうが、文章は書けます。

頭に浮かんだことをサッサと書こう

うまく書けない

 

文章がうまく書けない理由は単純

  • うまく書こうとしているから
  • 考えすぎているから
  • カッコつけてしまうから

 

だから、一番いい解決策はコレです。

 

そのまま書く

 

頭に浮かんだことを、そのまま書き出していくだけ。

それでも、ちゃんと文章になります。

 

なぜなら……

 

人は誰もが頭がいいから

 

それなのに、あえて、無理に、なんとか考えようとしてしまうのです。

 

  • わかりやすく書かなきゃ
  • いい言葉を選ばなきゃ

 

だから、頭が固くなって、逆に言葉が出てこなくなります。

それよりも、頭に浮かんだまま、自然体で書いたほうが、よっぽど満足できるものが書けたりします。

 

人は、「考えよう」とすると、考えられなくなるんですね。

 

適当に書いたほうがいいんだ

 

頭に浮かんだことをそのまま、サッサと書いていく。

そのほうが作業スピードも上がります。

伝えたいことがなくても気にしない

いい結果を出す秘訣はいつでも同じ~気にしないこと!

文章に限りません。

「うまくやらなきゃ」とか、「いい結果を出さなきゃ」と思っているときは、かえって空回りするものですよね。

 

「何かを伝えなきゃ」と思うときも同じ。

考えれば考えるほど、伝えたいことが見つからないか、伝えたいことが伝わらなくなります。

 

だから、「伝えたいこと」なんて気にしないほうがいい。

何よりも、楽しく書けます。

 

私もずいぶん、「書き方」を学んできましたが、結論としては……

 

考えすぎると書けなくなる

 

だから、そのまま書こう。

あまりこだわらなくても、いつの間にか、流れができているものです。

気にしたほうがいい点

「気にしなくていい」とは言っても、やはり気にしたほうがいいことはあります。

ただし、とてもベーシックなことです。

文を短く切る = 一文を長くしない

頭に浮かんだことを、そのまま書くわけですが、ダラダラとした長い文章はよくありません。

だけど、「一文を短くする」ことさえ意識すれば、簡単に解決することです。

自然と短く切るようになれば、悩むことなく書けますね。

 

一字でも減らす = 曖昧表現は削除する

例えば……

 

悪い例:~というようなとき

いい例:~のとき

 

日本語は曖昧な表現が多いので、そのまま書くと、ダラッとしてしまいますね。

「曖昧表現」だなと感じたら、削ってしまいましょう。

漢字を少なくする = ひらがな混じりのほうがいい

漢字の比率は少なくしましょう。

そもそも「ひらがな」は、難しい文章をわかりやすくするために開発されたものですよね。

漢語だけで書かれた昔の文章は、知識人しか読めません。

そこを女性や子どもも読めるように、「ひらがな」が編み出されたわけです。

わかりやすくしようと思ったら、「ひらがな」を使うのは、昔からの知恵とも言えます。

特に、接続詞など、不必要な漢字の使用はやめましょう。

主語+述語 が、シンプルかどうか

当然のことですが、主語が途中で変わっていたり、時制が変わっていたりすると、混乱する文章になってしまいますね。

書くことに夢中になっていると気づかないときもあるので、基本的なところがつながっているかどうかは、しっかり意識しましょう。

 

とにかく、シンプルにすることです。

一文を短くすれば自然とつながるので、気にしなくてもよくなりますね。

読み直して修正する

まずは書き始める

ちゃんと書こうとするよりも、「書き始める」ことのほうが大事。

まずはザッと書いて、あとから修正していけばいいのです。

 

書いて修正する

 

そのほうが、結果的に速く書けます。

一度、書き始めてしまえば、どんどん浮かんでくるので、悩んでいるよりもいいですね。

最後は「伝えたいこと」を考えて修正する

伝えたいことがなくても気にしないほうがいいのですが、最後はやはり、「伝えたいこと」を意識して読み直しましょう。

読み直してみると意外にも、メッセージがあることに気づきます。

意識できていなかっただけで、「伝えたいこと」は頭の中にちゃんとあるからですね。

最終チェックとして、伝わるかどうか、メッセージが二重になっていないかなどを確認すればいい。

あまりにひどい場合は、たくさん修正することになりますが、それでも、はるかに時短になっているはずです。

まとめ

「書きたいことがない」と思っても、書き始めてみると、「書きたいこと」がどんどん出てきたりするものです。

入り口で悩まないことが重要ですね。

 

書けない理由は、すべて「思い込み」「妄想」だと自覚してみましょう。

思い込み

  • 伝えたいことがない
  • 書きたいことがない
  • うまく書けない
  • どう書いていいかわからない
  • 型にはめなければならない
  • かっこいい言葉を選ばねばならない
  • わかりやすくしなければならない

 

気にしないで書き始めると、次のようになります。

 

  • いつの間にか、メッセージになっていた
  • 書きたくなっていた
  • うまく書けていた
  • どう書くかは、どうでもよかった
  • わりと型になっていた
  • かっこいい言葉は必要なかった
  • いつの間にか、わかりやすくなっていた

 

文章は適当に書く

これに尽きますね。

 

迷わずに書ききることだ

 

ということで。

 

memo

伝えたいことがなくても、気にせず書こう

自然体で書くのが一番いい

迷わない・止まらない・考えない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です