自分は何者でもないと悩んだら、主人公を変えてみよう

自分が「何者でもない」と悩むのは、自分を主人公にしすぎているから。

 

自分・自分……と考えすぎずに、一度、主人公を誰かに譲ってみる。

自分以外の誰かに光を当ててみる。

全力で人の話を聞いてみると、きっと見える世界が変わってくる。

 

何かしらの役に立てるのなら、自分が何者だろうと関係ないかもしれない。

自分を大きく見せるよりも、何者でもないからこそできることってあるのかもしれない。

 

自分が何者かって、肩書きや立場にこだわりすぎずに、もっと他者に光を当てる練習をしてみるといいかもね。

 

実際のところ、何者だっていいわけだし、何者じゃなくてもいいのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です