最後の病室

about

ふと、行き先を変更したくなった

「今日、私が行くべき場所は会社ではない」

朝、会社へ向かう足取りが、なぜか重くなって。

くるっと方向転換し、その足で、父のいる病院へと向かった。

父は、見舞客がくると、無理して起き上がり、苦しくても頑張って、笑っていたけれど。

その日、私と2人っきりの朝、「会社はいいのか?」と、ちょっとだけ笑みを見せ、ずっと横になっていた。

それが、なぜか嬉しかった。

最後の病室で、親子の絆を取り戻せた気がした。

思い出話に花を咲かせながら、「お前がいると、しゃべり続けてしまうよ」と。

息が苦しくなっていたので、無理して話してはいけなかったのだ。

父が最期に残した言葉は、「俺は、人の気持ちのわからない人間だった」というものだった。

 

父の容態が急変したのは、その日の夕方だった。

あの朝、予定通りに会社に行っていたら、直観に従っていなかったら、心はバラバラのまま別れていただろう。

 

直観は、あれこれ考えるスキを与えない。

理由がわからないまま、体がもう動いている。

逆に、直観か? 熟考か? と迷うなら、熟考する時期なのだ。

人は、せっぱつまると力を発揮する。

今、振り返ってみても、あの朝、なぜ病院へ向かったのか、わからない。

ためらうなら、ムダな考えで浪費するなら、余裕があって幸せなのだ。

「直観に従う」とは、命がけの行為。

 

いちばんの後悔は、何度も「病室に泊まろう」と思ったのに、「迷惑かな」とか、「仕事もあるし」とか、言い訳をして泊まらなかったこと。

母や兄に対する見栄、世間体を考えてしまったこと。

「父のそばにいたい」という自分の本音を、言い訳と世間体でかき消してしまった。

私の父に対する想いは、子どもの頃からずっと、母と兄に対する、遠慮と見栄だった。

言い訳と世間体は、自分嫌いを助長させる。

勇気を出して捨ててしまわないと、「それでも自分が好き」と言えるまでに、長い時間を要してしまう。

 

やはり。

何となくこうかな? と思うことは、何となく正しい。

 

一度も病室に泊まらなかった後悔が、何かで迷うときにいつも思い出される。

余裕を捨てたほうがスッキリと判断できる。

即断即決というけれど、情熱に突き動かされるのであって、頑張って選択することではない。

迷ったときは、きちんと自分の本音と向き合おう。

 

そして、問いかけてみてほしい。

「世間ばかりを気にして、そんなに自分を嫌いになりたいの?」と。

 

この続きはコチラ。

【生きる意味】人生最後の日、あなたは何を思いたいですか?~人の気持ちがわかるということ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です